おーるどタイム de ライブ

2017.04.30

【記録】 おーるどたいむ de ライブ 2017年春の陣 with ツカサ

これまで何年も続けてきた「おーるどたいむ de ライブ」に初めて平成生まれのゲストプレーヤー登場。

清津の若武者・ツカサ。

De20174

ツカサが中学2年の時に清津峡キャンプ場で初めてであった。

「Live in 清津峡」だった。

嬉々としてギターに興じるおっさん、おばさんたちを目にしてギターを始めたツカサ。

以降秋の「Live in 清津峡」や年明け「Againライブ」で競演しながら成長を眺めてきた。

雨後のたけのこのように力をつけてきたツカサと「おーるどたいむ」で共演するのを楽しみにしていた。

De201711

透き通った透明な歌声、繊細なギターワーク、さわやかな笑顔。

新鮮で気持ちのいいステージを展開してくれた。

.

.

1部が終了しての休憩時間にツカサと話していて驚くべき事実が判明した。

このお店、ブルーグラスのお店なんですね
僕のおじもブルーグラスのバンドでマンドリン弾いてるんです

彼の口から「ブルーグラス」って言葉を聞いたのは初めてで驚いて聞くとなんと「JELLY FISH」のマンドリン弾き・石坂研介さんだという。

おーるどたいむでも何度も演奏しているベテランマンドリン弾き。

その話をマスターやママさんに話すとびっくり、一同大興奮。

10年つきあってきて今日初めて知った事実。

驚きと興奮を引きずったまま2部に突入。

.

.

De20173

僕が歌い始めたのはツカサと同じ中学2年生。

反戦・プロテストフォーク全盛の頃だった。

70年安保闘争やベトナム反戦運動を時代背景に
「歌で世の中が変えられるんじゃないか」

そんな熱病のような空気があった。

やがて70年安保闘争の敗北、ベトナム反戦運動の終息のなかで「社会派フォーク」も下火になっていく。

そんな流れの中で僕は自分の歌うべき歌は何かともがいていた。

「20年目の少年」

「シークレット」

.

一方で北海道から東京に出てきた僕は3畳一間の学生下宿で1年を過ごしていた。

当時の学生のご多分に漏れず、腹をすかせながらわびしい貧乏生活をしていた。

神田川

悲しい気持ちで

De201714

それがツカサと同じ年頃の僕の毎日だった。

少々屈折した、決して明るいとは言えぬ時代は30歳ごろまで続いた。

そんな時代に別れを告げたきっかけは子供たちの誕生だった。

.

.

暮らしに根差した歌を歌いたい。

社会的な歌もまた暮らしの中から生まれてくるものだろう。

そんな思いで僕は自分なりの羅針盤を作った。

人のなにげない営み、家族の歴史そんなことが大きなテーマになっていった。

De201713

この日、孫の奏吾(2歳半)が初めてライブに連れられてやってきた。

ジイチャンになった僕はこれまで「家族」の守備範囲は自分の両親と自分と子供たちだった。

孫ができることでその守備範囲が自分のじいさん、ばあさんから始まり孫にいたるまでの五代に広がった。

家族の歴史が一直線で見通せるようになった。

「夢」

.

平成生まれのツカサをゲストに迎えた今回のライブ。

自分の歌の足跡をたどる試みになった。

45年の歩みを1ステージに詰め込むことはできないが、大きな流れだけでもさらうことができて良かったと思う。

夏草のように

ありのままに

Hony Power

De201715
部活・虎の穴で1曲インスト。今回マッスーはお休み。あいちゃんのハープ初登場

De201718
エンディングテーマの「さよならが云えない」。名ブルーグラッサー研さんの甥っ子ツカサも参加

.

さくら

.

.

反省点がいくつかある。

演奏の質が今ひとつだったこと。

トークが長くステージの時間が長引いてしまったこと。

「壮大なテーマ」に挑んだだけに、もっと余分なものをそぎ落とすべきだった。

テーマに沿った新曲が多かった。
そのため納得のいくところまで仕上げきれていなかった。

今後の大きな課題として残った。

.

.

次の「おーるどたいむ de ライブは8月」。

7~8年前、一緒にやっていたちさこちゃんをゲストにお迎えする。

何曲かは一緒に歌おうと思っている。

今から楽しみだ。

De201714_2
今回ゲストのツカサと次回ゲストのちさこちゃん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.29

【あらためてお知らせ】 「おーるどたいむ de ライブ 2017年春の陣」

明日に迫った「おーるどたいむ de ライブ 2017年春の陣」

昭和の日にお届けするこのライブ。...
平成生まれの若武者・ツカサと、昭和の香りプンプンオヤジのMartin古池がお届けする世代間競演ライブ。

僕がツカサの年頃に何を聴き、何を歌っていたのか。
それは今にどうつながってゆくのか。
ふたを開けてみなければわからぬ楽しみが・・・。

時間 : 4月29日(土)14:00開場 14:30頃開演
場所 : Live cafe おーるどたいむ
      東武スカイツリーライン 北越谷駅東口
      徒歩10分
      越谷郵便局の目の前
出演 : 1部 ツカサ : 2部 Martin古池と仲間たち
木戸銭: 1000円(ご飲食をお願いいたします)

みなさまのおこしをお待ち申し上げます。

De_2017

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.22

【お知らせ】 おーるどたいむ de ライブ with my friends2017年春

De_2017_2

10年前の秋、第3回Live in 清津峡にツカサは現れた。

まだ若干中学2年のサッカー少年だった。

そこで展開された我々おっさんたちのステージの刺激を受け、ギターを始めた。

高校生になり軽音楽部で腕を磨き、あれよあれよという間に育っていった。

以来、Live in 清津峡では欠かせぬ存在となった。

繊細なギターワーク、同じく繊細な歌声。

なによりも楽しそうに歌う笑顔がいい。

そんなツカサが今回のゲストプレーヤー。

時は「昭和の日」。

おもいっきり昭和を引きずるMartin古池と平成生まれのツカサ。

世代を超えたせめぎあいが楽しみだ。

世代間競演。

互いに刺激を受け合いながら楽しいひとときを作れればいいな。

.

 

ツカサ at アゲイン

.

Martin古池 at アゲイン

.

時 間  4月29日(土) 14:00 開場  14:30 開演
場 所  live cafe おーるどたいむ
        東武スカイツリーライン 北越谷駅(東口 徒歩10分)
        越谷郵便局向かい
        http://oldtimemk.exblog.jp/
出 演  1部 ツカサ  :  2部 Martin古池と部活仲間
木戸銭  \1000 (+ご注文をお願いいたします)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.29

【記録】 おーるどたいむ de ライブ 2017初春 一人旅

20170121_de_2017

今年初の「おーるどたいむ de ライブ」は久しぶりに一人旅となった。

第1回のこのライブをやったのは5年前、2012年の2月。単独ライブだった。

第2回目以降はゲストプレーヤーをお招きし、ツーマンライブの形で年3~4回喜季節ごとにやってきた。

今回も実はお招きしたゲストプレーヤーがいたが、時間の調整がつかず断念した。

ならばいっそ原点に戻り一人旅ライブをやろうと思った。

おりしも5年目の「一里塚」であった。

.

.

「私を通り抜けた歌たち 冬の歌編」

これが今回のテーマになった。

自分が歌い始めたころから、現在に至るまで折々に出会った歌たちを通して

ふりかえることにした。

冬の歌だけでもかなりの数になる。

ひとつひとつにその時々の思いがつまっている。

そのすべてを歌うわけにもいかず、選曲には大いに苦労した。

.

3つの時代に分けて考えた。

・歌い始めのころ(フォークソングとの出会い)

・ライブハウス「ぶどうの木」時代

・街角ライブ時代~現在のスタイルそして「おーるどたいむ」にいたるまで

.

.

【歌い初めのころ】

思い出の赤いヤッケ真冬の帰り道落葉の物語

中学生のころグループサウンズが全盛のころだ。

その背景にはベンチャーズやビートルズ、アメリカンフォークソングが日本に上陸し若者心をつかんでいた。

フォーククルセーダースなど「和製」フォークソングもラジオから流れ始めていた。

中学3年の冬、函館労音会館で開かれた「高石友也リサイタル」に友人たちと出かけた。

高石さんの歌う「受験生ブルース」に笑い、初めて聞く泥臭い歌をポカーンと口を開けて聴き入っていた。

コンサート終盤静かに歌い始める「思い出の赤いヤッケ」。

メロディの美しさにうっとりしていると、会場のあちこちから高石さんに合わせ歌を重ねていく声が聞こえてくる。その声は少しずつ大きくなり、やがて会場全体に広がっていく。

それに呼応するように高石さんは少しずつテンポを上げ何度も何度もリフレーンをくりかえす。

会場は大合唱の渦に。

自分も知らずのうちに一緒に歌い始めていた。

深い感動を覚えた。

「歌ってこんなにも大きな力があるんだ」

フォークソングとの出会いだった。

.

.

【ライブハウス 「ぶどうの木」時代】

様々な紆余曲折を経ながら、自分の住む街・越谷に根を張って歌うようになった。

フィールドフォークの影響だった。

その拠点となったのはライブハウス「ぶどうの木」だった。

30代の半ばから40代半ばのおよそ10年間だった。

このころ試みていたのは物語を作り歌とトークでつないでいくことだった。

ラブストーリーあり、望郷物語があり、家族の絆がテーマになったりした。

中島みゆきさんの「夜会」の影響が強かったと思う。

題材として使ったたくさんの歌の中から冬の歌をいくつか選んだ。

恋人たちのペイブメント

根雪

白い冬

風来坊

雪化粧

寒い夜

時のいたずら

.

.

【街角ライブ時代~おーるどたいむに至るまで】

10年レギュラー出演を続けてきた「ぶどうの木」も店をたたむ日が来た。

僕は演奏の場を失った。「ぶどうの木」に集まっていたミュージシャンの多くは演奏の場を求めてすぐ近くのらライブハウス「アビーロード」などに移っていった。

僕は自主企画を模索して市内の会館やスナックを借り切ってライブ活動を続けた。

2~3年続けるうちに疲れ切ってしまった。

音楽よりもライブのマネージメントに多くの時間を費やさざるを得なくなった。

本末転倒と思った。

音楽的にもそれまでやってきた「自己表現」を目指すだけでは限界があることを感じ始めていた。

Martin古池に対するコアのファンにはそれでよかったが、広がりを持てなくなることを感じ始めた。

.

歌う場を街角に求め、道行く人に歌いかけた。

不特定多数の人に聴いてもらうにはこれまで以上にポピュラリティのある歌も歌わなければならなかった。

お客さんのリクエストに応えるためにはそれまでは決して歌おうとは思わなかった歌も取り入れるようになった。

新越谷駅前を中心に3~4年続けた「街角ライブ」だったが、警察の取り締まりが強くなりできなくなった。

運のいいことに「街角ライブ」を聴いてくださった越谷市場の当時の組合長に声をかけていただき「朝市コンサート」が始まった。

お好み焼き屋の大将に声をかけていただき「お好み焼きの三貴ライブ」が始まった。

どちらも特殊な環境で不特定多数の方々に聴いていただくというスタイルだった。

「街角ライブ」以上にポピュラリティある歌を求められた。

五里霧中のなかで、暗中模索と試行錯誤を続けながらいつの間まにか12年がたった。

5年前ご縁があり「おーるどたいむ」に出入りするようになり、ここでのライブが定着した。

以前「ぶどうの木」が僕のベース基地得であったように、今は「おーるどたいむ」がベース基地になっている。(ベース基地のなんとありがたいことか)

不特定多数の方に聴いていただくことに腐心し、歌うようになったポピュラリティの高い冬の歌の数々。

さようなら

外は白い雪の夜

さよなら

シクラメンのかほり

【アラカルト】

オープニングテーマ

ここ数年「なんとなくなんとなく」を歌うことが多い。

縁あって時と場所を同じくするありがたさに対する感謝の念を込めている。

なんとなくなんとなく~サンフランシスコ・ベイブルース

.

.

(場末の)フォークシンガーを自認する自分ではあるが、好きな音楽のベースにカントリー・ブルーグラスがある。

ブルーグラス音楽は若き日、ナターシャセブンからの強い影響を受けたことが始まりかもしれない。

「おーるどたいむ」はブルーグラス色の極めて強いお店だ。

お店に集まる仲間同士で「部活・虎の穴」として日々のジャム・セッションをしながら仕上げた歌を何曲か演奏している。

今回はマッスーのマンドリンとハーモニーで数曲やった。

私を待つ人がいる

カントリーソングは多くの日本のフォークシンガーたちがカントリーソングを基礎にして歌っていたことに端を発するように思う。

後にカントリーシンガートミ藤山さんと親しくさせていただくようになる。
トミさんから受けている影響ははかりしれない。

今回のライブにTMF(テネシー・ムーン・普及協会)のミッチーさんが来てくださった。

「テネシー・ムーン」を書いたのは日本人カントリー歌手・ハンク佐々木さん。

50代半ばにして日本での暮らしをすべて捨てアメリカに渡ったハンクさん。

テネシーの月を仰ぎながら遠いふるさと日本を思う心境は僕にも通じるものがある。

若き日、すべてを捨ててふるさと北海道を飛び出した。あれから40年以上の時が経つが今も自分の中では北海道と共に生きている感じがしている。

ハンク佐々木さんの思いに自分の思いを重ねつつ歌わせていただいた。

(次回、ミッチーさんが来ていただいたときにはミッチーさんの歌に僕がハーモニーをつけさせていただくことになった)

テネシー・ムーン

.

函館物語

中学の同級生・工藤信也の書いたこの歌。冬になると必ず歌うことにしている。

今シーズンからバースをいれて歌っている。

一時函館に暮らし、多くの歌を書いた石川啄木。

その中から有名な

  東海の 小島の磯の 白砂に
  我泣きぬれて 蟹とたわむる

そして啄木の住んだ青柳町の歌(僕の生家も青柳町で啄木の住まいと同じ一角にあった)

  函館の 青柳町こそ 悲しけれ
  友の恋歌 矢車の花

を入れている。

毎回メロディが変わるがいずれ(来年くらい)には固まってくるように思う。

.

.

2部構成、2時間半のライブであった。

5年の節目、年のはじめを一人旅で自分の軌跡をふりかえりながら冬の歌でつないでいくことができた。

このスタイルでやってみて良かったなと思う。

次回は春になるが、またいつものようにゲストプレーヤーをお招きすることになると思う。

20170121_de_2017_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.08

【お知らせ】  「おーるどたいむ de ライブ 2017初春 独り旅」


De_2017



ゲストをお招きし季節ごとにやっているライブ。...
新春第一段は原点に立ち返り、独り旅でじっくりお届けいたします。

今回は「フォークソング」を意識したステージをお届けしようと思います。
そもそも自分にとって「フォークソング」ってなんだろう
45年ほど前に歌い始めてから今に至るまで続く永遠の宿題。

答えなぞ出ようはずもありませんが、年の始めにちょっと整理しておきたいなと感じています。

そんなことを念頭に置きながら、
1部は冬の歌を中心にお届けします。
2部はアラカルト。
いきあたりばったりのステージを。
いらしたお客様とのおしゃべりの中で進めていければと思っています。
さて何がとびだすか。
道草・寄り道の井戸端ライブになればいいなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.28

【再び お知らせ】 おーるどたいむ de ライブ with エイぼん

Img_20160922_0001_2
来週の日曜日に迫った「おーるどたいむ de ライブ」。

このライブは年に3~4回、季節ごとにゲストプレーヤーを1組お招きしてやってきた。

僕にとってこのライブは特別なものだ。

.

演奏活動のほとんどを僕は不特定多数の方々の集まるところに自分が足を運んで歌わせてもらっている。

およそライブをやるには似つかわしくない場所が僕の主戦場だ。

お好み焼屋さんや市場はもちろんのこと喫茶店など通常営業中の「一般」の方に聴いていただいている。

そこに自分の音楽活動の意義を感じているからだ。

だから選曲も多くの方と共有できるものをメインにしている。

.

そんな中で「おーるどたいむ de ライブ」は唯一お声をかけさせていただき、足を運んでいただくライブだ。

その時感じていることをテーマにして、その時歌いたい選曲でやる。

(ほぼ)100%、自分のカラーを前面に出すわがままライブ。

.

言い方を変えると、いつものレギュラーライブが市井に埋もれて歌うことをヨシとするものだとする。

対して「おーるどたいむ de ライブ」だけはスポットライトの中でのライブ。

だからレギュラーライブとは性格の違った「気合」を入れて準備する。

できることならば、たくさんの方に足を運んでMartin古池の歌を聴いてもらいたい。
(レギュラーライブではMartin古池の存在をできるだけ消して、場の空気と同化することを主眼としているのです)

.

.

そんなわけでどうかみなさま来週の日曜日の午後は「おーるどたいむ」に足をお運びくださいませ。

今回のゲストプレーヤーは長年コンビを組んできたエイぼんとお届けします。

1部はエイぼんの繊細かつ迫力ある歌声で昭和歌謡ステージ。

「エイぼん & Martin」 の息の合ったコンビネーションをお届けできればと思います。

2部はMartin古池のソロステージを中心に「おーるどたいむ」集う部活・虎の穴の仲間たちとのコラボレーションでお届けいたします。

.

.

日 時  11月6日 14:30開演
場 所  Live cafe おーるどたいむ
       東武スカイツリーライン 北越谷駅 東口(徒歩10分)
       越谷郵便局 まんまえ
木戸銭  \ 1000 (別途ご注文をお願いいたします)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.22

【お知らせ】 おーるどたいむ de ライブ with my friends 秋の陣

Img_20160922_0001_2

季節ごとにやっている「おーるどたいむ de ライブ with my friends」

2016年秋の陣、ゲストにエイぼんをお招きしてお届けします。

エイぼんはバンド「だし巻き玉子」のボーカルで活躍しています。

一方で僕とも長年に渡ってステージを積み重ねてきた相棒です。

だし巻き玉子ではニューミュージックを中心に、Martin古池とは昭和歌謡を中心に歌っています。

うねりある迫力のボーカルに負けじとからます僕のハーモニー。

せめぎあいと調和の聴きごたえあるステージをお届けできればと思っています。

日 時  11月6日(日)    14:00 開場 14:30 開演

場 所  Live cafe おーるどたいむ
       東武スカイツリーライン 北越谷駅 東口 徒歩10分
       越谷郵便局向かい
        Tel : 048-971-1812  
        Mail : oldtimemk@yahoo.co.jp
                 埼玉県越谷市大沢4-3-14
                 ブログ : http://oldtimemk.exblog.jp/

出 演  1部 エイぼん & Martin
      2部 Martin古池 (with おーるどたいむ・部活友の会)

木戸銭  \1,000 (+ご注文もお願いいたします)

エイぼん & Martin 星の砂 動画 ⇒ https://youtu.be/w-XcHMOEv_k

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.26

おーるどたいむ de ライブ 2016 初夏

De_201615_2

今回も楽しくライブをさせていただきました。

ゲストミュージシャン「青&まっく」とのコラボも楽しかった!

音楽遍歴が僕とはかなり近いということもあり、ちょっとした打ち合わせでなんなく合わせてくれるお二人の力。楽しかったです。

De_20165

De_20166

De_201610

De_20167

詳細はまた後日に。

.

.

2部:Martin古池のステージ
https://youtu.be/E4Dr854MRDY

青&まっく」とのコラボ
https://youtu.be/OPfNYedkTq8

https://youtu.be/KFL3hdC4Fn4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.20

【お知らせ】 おーるどたいむ de ライブ with my friends 2016初夏

20160625_de

もう今度の土曜日になってしまいました。

季節ごとにやっている「おーるどたいむ de ライブ with my friends」。

今回のゲスト・プレーヤーは「青&まっく」のお2人。

らんぶりん・まっくさんのシブイ演奏。それをしっかりささえる青ちゃんのパーカッション。

たどってきた音楽の道筋が僕と近いところにある「青&まっく」

なにを見せてくれるか、楽しみなステージです。

.

Martin古池のステージは今回もおーるどたいむの音楽仲間たちとのコーナーがあります。

マッスーのマンドリン、愛ちゃんのフィドルに加え、今回からは玲子ママのハンマーダルシマーも参加します。

ちょっとアイリッシュ風味なステージをお楽しみいただければと思います。

ソロ演奏ではいつものようにお客様とおしゃべりしながら展開する「井戸端ライブ」。

そんな中でも今回は珍しくギターインストをやったり、いつもよりもしっとり系のステージにしたいと思っています。(思っているだけで、いざふたを開けてどうなるかは…)

.

みなさまのおこしをお待ち申し上げます。

時 間   15:00 開場  15:30頃 開演
場 所   Live cafe おーるどたいむ
        東武スカイツリーライン 北越谷駅 東口 徒歩10分
出 演   1部 青&まっく  : 2部 Martin古池 と おーるどたいむの仲間たち
木戸銭   \1000 (ご飲食をお願いいたします)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.03.23

おーるどたいむde ライブ 2016 春の陣 with ch@boz(ちゃぼうず)

季節ごとの「おーるどたいむ de ライブ with my friends」

毎回ゲストプレーヤーをお招きし、2人(2組)でじっくりとやっている。

.

今回のゲストはch@boz(ちゃぼうず)さん。

ちゃぼさんとのおつきあいはもう7~8年になるだろうか。

毎年「八ヶ岳・森の音楽会」や「Live in 清津峡」などでご一緒する音楽友達でありキャンプ仲間。

童謡・唱歌や昭和歌謡曲詳しく、まるで生き字引のような方だ。

強い個性の持ち主ながら、それを感じさせぬ控えめなちゃぼさんの歌が僕は好きだ。

いつかかならず出演してほしいと思ってきた。

今回その願いがやっとかなった。

Photo

期待にたがわぬゆったりとしたステージ。

静かだが深い歌声とやわらかいガットギターの響きに身をゆだねる。

そこにいるだけでリラックス。

淡々と流れる、やさしい時間だった。

.

.

休憩をはさんで2部はMartin古池登場。

今回の大きなテーマは「桜・旅立ち・別れと出会い」。

これまでの60年チョイの来し方のあれこれをからめる予定だった。

「だった」というのは、ノッケから予定が狂ってしまったからだ。

お客様から2部スタート直前に熱烈(強引な?)なリクエスト。

カントリーを何曲かやってよ
悪いけど、用事があるんで途中で帰るけど
いる間にやってよ

頼まれればイヤとは言えないたちで…

メドレーにして5曲ばかり。

20160319_de

道草・寄り道は僕のライブでは普通のことだけど、ノッケからってのはそうあるもんじゃない。

カントリー1色にそまった空気をテーマ色にぬりかえるのはちょっとゆるくない。

急きょ曲順を変えてちょっとカントリー・フォーク調の「青春の歌」を橋渡しにした。

若者が卒業し、旅立っていく様子を歌った「青春の歌」から「出発の歌」へとつなげる。

この歌は高校の卒業式の後に体育館でやった「おさらばコンサート」、
5年前の今頃、前職を辞す時にやった「キックオフライブ」など節目節目で昔から歌ってきた。

ここから半ば強引に津軽海峡を渡り、鈍行と急行を載り継ぎ、揺れる心で東京をめざす若者の思いを「浪漫鉄道」に託した。

こんなあんばいでいくつかの切り口で「旅立ち・別れと出会い」を歌う。

20160319_de_2_2

途中、ジャム友達のマッスーと愛ちゃん登場。

3曲を共演した。

わらぶきの屋根

レッド・ウィング

陽のあたる道

フィドルが入ると実に華やかになる。

.

今回どうしても歌いたい歌があった。

僕の星から

イトコのエンタの一周忌に30年前にエンタの書いたこの歌をやりたかった。

そして音楽を通して親しくさせていただいている専太郎さんの「

山形県長井市を根城に40年歌い続けているフォークグループ「影法師」の「花は咲けども

20160319_de_3

ラストソングはお約束の「さよならが云えない

いつものメンバーに加え今回は愛ちゃんのフィドルも参加。

エンディングのマスターとのツインフィドルは気持ちいい。

.

かくして今回もたくさんの人に支えられ、無事にライブを終えることができた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

「唄の駅」 | 『街角ライヴ』 | あすなろ山の会 | おすすめ記事 | おーるどタイム | おーるどタイム de ライブ | さんすまいるコンサート | すみれコンサート | へたくそ親父のギター弾き語り | ウェブログ・ココログ関連 | オカリナ・アンサンブル かざぐるま | グルメ・クッキング | サッカー | スポーツ | デスペラード・ライブ | トミ藤山 | ニュース | ハックルベリー・カントリー・ライブ | ババ猫ミーちゃんの糖尿生活 | パソコン・インターネット | モスライブ | ライブ | ライブ at JUNE | ライブ・イン・ぶうけ | ライブ・コンサート暦 | 三貴ライブ | 僕を通り過ぎた歌たち | 函館帰省日記 2005秋 | 函館帰省日記 2006春 | 函館帰省日記 2007春 | 函館帰省日記 2008冬 | 函館帰省日記 2010 冬 | 函館日記2014 夏 | 函館日記 2011秋 | 函館日記 2012初冬 | 函館日記 2012夏 | 函館日記 2014夏 | 函館日記 2014年冬 | 函館日記 2015 夏 | 北海道 | 北海道 音楽旅日記 2009 | 印刷 | 室蘭 | 寿コンサート | 小さな旅 | 心に引っかかる言葉 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 旭丘の家コンサート | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 朝市コンサート | 札幌日記 2005秋 | 札幌日記 2008 秋 | 森の音楽祭 | 清津峡 | 無国籍堂ライブ | 絵本コンサート | 自転車 | 見沼たんぼ | 音楽 | 音楽雑感 | 骨折り日記