おーるどタイム de ライブ

2019.05.19

「おーるどたいむ de ライブ 2019春の陣」

「おーるどたいむ de ライブ 2019春の陣」

おかげさまをもちまして、いい感じでさせていただきました。

1部では近況報告を兼ねた選曲で。
母が3月に帰天したこと、6月いっぱいで定年退職をする自分のことなどを織り込みました。

2部は若いころやっていた「ぶどうの木ライブ」の再現を試みました。
実は「ライブハウス・ぶどうの木」のママさんが来てくださったのでした。
「ぶどうの木」で僕は30代半ばから40代半ばまでのおよそ10年、レギュラーとしてライブをさせてもらっていました。
ここでのライブで僕はライブのイロハを教わり、また様々な実験的な試みをしてきました。
ここでの経験が今の自分のスタイルに色濃くつながっているのです。

人様の前で歌うようになって今年で50年。
その中で節目となる出会いがいくつかあります。

ひとつは20代後半から30代前半にやっていた「喫茶店いずみ」でのステージ。
珈琲を飲みに来ているお客様に歌う通常営業中のライブでした。
「喫茶いずみ」でのステージは今の「お好み焼きの三貴ライブ」や「喫茶店JUNEライブ」につながっています。

そしてもう一つは「ぶどうの木ライブ」。
ここで僕はテーマを持ってステージを組み上げることを学びました。その経験が「おーるどたいむ de ライブ」に直結しているのです。

「ぶどうの木」のママさんは僕にとってはまさに恩人です。
そのママさんに20年ぶりで聴いていただくことの幸せ。そして同時に大きな緊張感。

当時の僕のステージはやや「情緒過多」なところがありました。六十も半ばになった僕は「平常心」でステージに臨むことを心がけています。その変化を「成長」としてママさんにとらえていただけるか。感情を抑えて歌いつつも何かを感じてもらえるか。これが今回自分に課したテーマでもありました。

選曲は当時「ぶどうの木」でやったものから特に印象に残っている歌を選びました。また当時やった歌とトークと芝居でステージを作る「物語ライブ」のダイジェスト版も組み入れました。

ママさんはじめ来てくださったお客様がどう受け止めてくれたかは僕の知るところではありません。
でも(例によって)長時間のライブにもかかわらず、皆様笑顔でお帰りいただけて内心ほっとしています。

長いライブのエンディングは「ぶどうの木ライブ」時代のエンディングテーマ「Rockdom」。そして「おーるどたいむライブ」のエンディングテーマ「街」でシメました。

「ぶどうの木」春子ママが帰りがけ、「おーるどたいむ」の玲子ママにかけていた言葉が印象に残りました。

  「がんばって、お店をずっと続けてくださいね」

道半ばで「ぶどうの木」を閉めざるを得なかった無念と、音楽を愛する気持ちがそう語らせたんだろうと思います。

今回もいいライブをさせていただきました。
皆様には心から感謝いたします。

| | コメント (0)

2019.04.30

おーるどたいむ de ライブ 2019春の陣

De-2019
今回の「おーるどたいむ de ライブ」はライブ活動の原点をふりかえることをテーマにしようかと思っている。
30代半ばから40代半ばのおよそ10年間、ライブハウス「ぶどうの木」(旧・あがれば)が僕の主な演奏場所だった。
「ぶどうの木」でのライブで僕は様々な試みをしてきた。
.
2時間の枠を歌い切り、しかもお客様に満足していただくということが最初に課せられた課題だった。
2時間というのは当時の僕にはとてつもなく長い時間だった。
歌う曲数は20曲から30曲は歌えなければならない。
まずしっかり歌える曲数を増やさなければならない。
次に2時間歌い切る喉と体力がなければならない。
そのうえで飽きさせないステージ構成にしなければならない。
.
体力作りのため毎日走りこんだ。
喉を作るため自己流だが発声練習に取り組んだ。
歌数を増やすため、過去自分が通り抜けてきた歌の数々を弾き語れるようにした。
こういったことは毎日の積み重ねだった。
.
ライブ1か月ほど前からステージ構成について思いを馳せながら走るようにした。
2時間歌いとおし、かつ何らかの意味を感じてもらうために意識したことがある。
それはライブのテーマを作ることだった。
全体のテーマを決め、1部と2部にそれぞれ小テーマを決めた。
全体テーマの下に小テーマは位置づけられる。
小テーマはそれぞれ違った切り口だがなにがしかの連関性を持たせる。
.
次にテーマに関連する歌をリストアップしステージ構成を作る。
歌だけでは足りないところ、つながりにくいところはトークで補う。
トークも事前に台本をつくり綿密に組み上げた。
.
実際のライブもいろんなスタイルを試みた。
たとえば「フォーク寄席」と称してお客様を巻き込むやり方だったり、
逆に組み上げたストーリーを台本通り演じる「物語ライブ」だったりした。
.
一方でゲストプレーヤーと20分ほど共に演奏するコーナーを設けた。
中根正之君、南原和博君、吉田政美君や
狂童プリンターズ(宮下君、片岡君、中根君)という共同印刷の仲間たちとのコラボレーション。
さらにはオカリナアンサンブル・かざぐるまとしての演奏。
これらはステージに変化と刺激を生み出してくれた。
.
「ぶどうの木」での10年間の試みは「産みの苦しみ」ではあった。
でもそれ以上に大きな財産になっている。
それらのすべてが原形として今現在の僕のライブスタイルにつながっている。
.
今回「ぶどうの木」のママさんがライブに来てくださるそうだ。
お会いするのは十数年ぶり。
彼女への感謝をこめ、
そしてその後の足跡を感じていただくため
2部は「ぶどうの木」時代によく歌ったものをやろうかと思っている。
中には「ぶどうの木」が店を閉めてから20年歌わなかったものもある。
このタイミングで今一度原点をふりかえり、あらためて見直し、歌いなおす。
いいチャンスだと思う。

| | コメント (0)

2019.01.20

【お知らせ】 おーるどたいむ de ライブ 2019 冬の陣

季節ごとにお届けしているおーるどたいむでの「わがまま

ライブ」。
このライブはいつも自由気ままにやらせていただいていま

す。
今歌いたい歌。歌うべき歌。今の想い。
そんなことを想いのままに歌います。

2019年冬の陣はそんな「わがままステージ」に加え、カントリーソングを特集してお届けいたします。

皆様のお運び、心待ちしております。

2019年2月16日(土)18:00ごろ~
Live cafe おーるどたいむ
 https://oldtimemk.exblog.jp/
¥1000 (1オーダーもお願いいたします)


20190216_de


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.05

おーるどたいむ de ライブ 2018 秋の陣

2607

無事最後までたどりつけた今回の「おーるどたいむ de ライブ」。

ライブ1週間前に発熱し、喉をやられ会話もままならぬ状態に陥っていた。

主治医F医師の指導の下直前まで投薬と喉の安静に努めていた。

ライブ前日の診察ではほとんど喉の腫れは引いていたが、大事をとって本番直前リハまで声を出さなかった。

不安を抱えながら恐るおそるスタートしたライブだったが杞憂だった。ありがたいことに完全とはいかないまでも破綻することなく歌いきることができた。

ライブにも足を運んでくださったF先生には大いに感謝。

.

今回1部のテーマは「あの頃、あの歌、1960年代後半」としてGS(グループサウンズ)の歌を特集した。

実は中学時代の同級生が二人、遠路はるばる函館からライブに来てくれることになっていた。それに合わせて関東在住の同級生たちも集まってくれた。
そこで僕たちが中学時代、一世を風靡したGSソングに特化して歌った。(むろん他のお客様たちもほぼ同世代の方々が多いということもある)

選曲は大ヒットした歌だけでは面白くないので、ヒットはしなかったが僕好みのやや渋めの歌も何曲か入れた。

アレンジも弾き語り風に多少変え、ガットギターも使った。(喉に不安があったので苦肉の策で急遽アレンジ変更したという事情もあった)
ガットギターで歌うGSソングというのもなかなか面白いものになった。

1部のエンディングはタイガースの「ラヴ・ラヴ・ラヴ」。くりかえし部分はなんとなくみんなで歌う感じになって気持ちがよかった。

.

2部のテーマは「60代は多感なお年頃」

普通思春期を多感な年ごろという。でも60代は人生のあれこれに直面する世代。
子供の独立、孫の誕生、親の旅立ち、自分や友の病気、そして退職を迎え「終わった人」になっていく60代。
あれこれ思いまどうのが60代。多感にならざるを得ない。

多感な年ごろは思春期の専売特許じゃないよ。

年を重ねるということは人生のあれこれを心の深いところで感じ、受け止めていけるということだろう。そこが思春期真っただ中の中学生とは違うところだ。
そんな思いで歌い進めた。

あまりにも思うことが多すぎて、つい語りすぎた。寄り道、道草を喰いすぎた。
結果何曲も予定していた歌を割愛することになってしまったのが失敗だったかな。

1部~2部を通して中学生~60代のおっさん・おばさんへの50年の時の流れを意識したライブ。思い通りに運んだだろうか。

時はあまりにも 早く過ぎゆき 
ただひとつ変わらない 愛の世界 
ラヴ・ラヴ・ラヴ 愛ある限り
ラヴ・ラヴ・ラヴ 愛こそすべて

ラヴ・ラヴ・ラヴ(タイガース)

エンディングはおーるどたいむライブお約束の「街」。

ハンマーダルシマー(玲子さん)、プサルタリー(文代さん)、フィドル(椋野マスター)の援護を得ていい感じに幕を閉じることができた。

この歌を初めて聞くであろう同級生たちもサビの部分を一緒に歌ってくれた。

この街が好きさ 君がいるから
この街が好きさ 君のほほえみあるから

「街」(高石ともや)

今回来てくださったお客様は多岐にわたっていた。

函館で多感な時期を共に過ごした同級生たち。
若い日に共に山に登った「あすなろ山の会」の先輩。
印刷マンだったころ親しくおつきあいをしていた方々。
越谷の街でいつもお世話になっているF先生ご夫妻。
おーるどたいむに集う仲間たち。
そしていつも来てくれる妹。

大切な「身内」たちに囲まれ、幸せなひと時を過ごさせてもらった。

ホームでさせていただくライブのありがたさが身にしみた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.21

【お知らせ】 おーるどたいむ de ライブ 2018 秋の陣

「おーるどたいむ de ライブ 2018 秋の陣」

季節ごとにやっているおーるどたいむ de ライブ。
今回、秋の陣は「独り旅」。2部構成でお届けします。

.


1部は「あの頃 あの歌 1960年代後半」と題してGSソングの数々を。
1960年代後半、僕は中学生でした。ビートルズやベンチャーズ、フォークソング。いろんな音楽に夢中になっていました。
なかでも世の中を席巻したGSブーム。夢中になっていました。
そんな歌の数々をお客様と一緒に歌えればいいなと思っています。

.

2部は「60代は多感なお年頃」というテーマでお届けします。
思春期から半世紀が過ぎ、気がつけば60代半ば。
思春期も多感なお年頃でした。
でも60歳も半ばにさしかかると、浮世のあれこれで思い煩うことも増えてきます。人生のあれこれが集中的にやってくる今日この頃。いろんな思いが交錯しています。
「多感なお年頃」はなにも若者だけの専売特許ではない。我々おじさん、おばさんこそ今「多感なお年頃」の真っただ中。
そんなテーマで歌いたいと思います。

.

今週の土曜日の午後。北越谷の「おーるどたいむ」に遊びにいらっしゃいませんか。

.

.

場所 :Live cafe おーるどたいむ

     東武スカイツリーライン、北越谷駅 東口
     徒歩10分 越谷郵便局真ん前
     048-971-1812
     https://oldtimemk.exblog.jp/
時間 :14:00~16:30ごろ
出演 :Martin古池
木戸銭 : ¥1000(ご注文もお願いいたします)

De_2018

De

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.04

【お知らせ】 おーるどたいむ de ライブ 独り旅 秋の陣 2018

De_2018

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018.05.08

大塚博堂のこと


再来週に迫った「おーるどたいむ de ライブ」の準備をしている。

今回、1部は大塚博堂のアルバム『ダスティン・ホフマンになれなかったよ』の世界を演じる予定。

僕がこのアルバムを初めて聴いたのは21歳だった。弟が手にいれてきたアルバムを聴いた。男心の繊細なゆらぎが染み入ってきた。

三十代後半、僕はライブハウス「ぶどうの木」でソロ活動をスタートさせた。ひとりで2時間のステージを作るのは当時は至難の技だった。
そのため様々な試みのひとつとしてステージを物語にして構成した。
物語の題材としてアルバム『ダスティン・ホフマンになれなかったよ』を選んだ。収められた楽曲を歌とトークと芝居で失恋にゆれる男心の物語にして歌い始めた。

以降、何度となく再演をしてきた。
でもここ数年は封印してきた。シナリオに基づいた物語ステージに魅力を感じなくなってきたためだろう。
お客様とやりとりをしながらの道草ライブ、井戸端ライブに方向性が変わってきたのが大きな理由だと思う。

今回、数年ぶりに再演することにしたのは理由がある。
偶然にも「おーるどたいむライブ」の前日、5月18日が大塚博堂の命日だった。

蒼い時代、心震わせた大塚博堂。
歌い手、ライブ屋として一人立ちした頃助けられたアルバム。
その時々に己の表現力を図る試金石となってきた「大塚博堂の世界」。

年を重ねてきた今の自分が再演をするとどうなるか。
彼の命日にそれをもう一度感謝をこめて試してみたいと思った。

僕より10歳ほど年長の大塚博堂は1981年に37歳でこの世を去った。

年を重ねた彼がどのように歌うのかはわからない。
64歳の僕は果たしてどう歌うのだろうか。

今日は家にこもり、あれこれと歌いながら今の自分の表現を試していた。

本番でどんな表現になるのか。正直自分でもわからない。

ただその時一番正直で自然なやり方になるようにしたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.30

【お知らせ】 おーるどたいむ de ライブ 2018 皐月の宵

【お知らせ】

「おーるどたいむ de ライブ 2018 皐月の宵」

日 時 :5月19日(土) 18:00 開演
場 所 :おーるどたいむ
      東武スカイツリーライン 北越谷駅東口 徒歩10分
      https://oldtimemk.exblog.jp/
出 演 :Martin古池
木戸銭 :¥1000 (ご飲食もお願いいたします)

今回も独り旅。
1部は若くして旅立った大塚博堂の世界をお届けいたします。
そして2部は新しい試みを。
おーるどたいむでおなじみになった「みんなで歌おう・弾こうフォークソング」の雰囲気を少し取り入れたいと思います。
みんなで作る歌声音楽会にできればいいなと思っています。

皆様のお運びをお待ち申し上げます。

De_20185

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.17

【記録】 おーるどたいむ de ライブ 2017 年の瀬ひとり旅

Photo

普段はゲストプレーヤーをお招きし、2組でお届けする「おーるどたいむ de ライブ」。

今回は年の瀬ということもあり、1年をふりかえりながらじっくり歌うことにした。

名付けて「年の瀬ひとり旅」。

この1年もいろんなことがあった。

出会いと別れと再会と。そして仕事では2回目の定年をむかえた。

それをふりかえりながら歌い進めることにした。

1部は今年亡くなった友人、「函館のおぢさん」をしのんだ。

彼の店・こだるま食堂で数年前の冬にライブをやった。その再現ステージだ。

くしくも初めてお会いするKさんが足を運んでくださった。彼女は「函館のおじさん」や先に亡くなった「バガーマンさん」を通した共通の友人。ネットを通して親交があったが、初めてお会いすることとなった。

函館のおぢさんやバガーマンさんへの供養と思いながら歌いすすめた。

風来坊~オープニングトーク

恋人たちのペイブメント

街の灯

雪化粧

外は白い雪の夜

さようなら(NSP)~さよなら(オフコース)

大空と大地の中で

2部は3本柱にした。

男の子 女の子~拝啓大統領殿~オープニングトーク

春にやった定山渓温泉での室蘭東高校の同期会(大人の修学旅行)を1本目のモチーフ。

高校時代プロテストフォーク派だった自分は吉田拓郎派の同級生とちょっとした対立があった。僕にとっては反戦フォーク絶対だったが、拓郎は「青春の詩」でそれを相対化した。

フォークソングにしびれちゃって
反戦歌を歌うこと
ああ それが青春

僕は拓郎とそのフリークの同級生に反発していた。

年を重ね、人生いろいろということも分かるようになり拓郎を受け入れられるようになっていく。

定山渓で僕たちは一緒に拓郎を歌っていた。45年の時間を感じながら。

一方で同期会では幼き恋と失恋の想い出がよみがえった。

当時傷心の思いで聴いていた井上陽水のアルバム「氷の世界」からも何曲か歌った。

いつのまにか少女は~おやすみ

小春おばさん

テネシームーン

2本目の柱は2回目の定年を迎える直前リフレッシュ休暇で青森を旅したこと。

函館に住んでいた僕にとって青森は津軽海峡を挟み近くて遠い場所だった。一度しっかり歩いてみたかった。そこで感じたことは津軽弁が函館弁(特に浜言葉)の近さ。

おそらくその昔海を渡って函館に渡り住んだ人たちが残した言葉だろう。自分の北海道人としてのルーツを深く感じる旅だった。

愛知県知多半島から海を渡り函館に移住した若干19歳の祖父、18歳の祖母を思いながら何曲か歌った。

八戸小唄

移民の夢(with ハンマーダルシマー)

変調 ソーラン節

函館物語

そして3本目の柱は先日生まれたばかりの二人目の孫との出会い。

生命(いのち)

あすなろの歌

エンディングトーク~街(with ハンマーダルシマー)

.

.

今回いくつかの試みをした。

その一つはあえて音量の小さいギターを使用して生音で演奏する試み。

加えてその状態でピアニシモを再現してみたかった。

これまでも「おーるどたいむ de ライブ」ではマイクを使わなかった。(使ったとしてもコンデンサーマイクを1本立てオフマイク気味に補助的なものだった。)

音量をかせぐために大きな音の出るギターを使ってきた。ギターの音量に合わせるため声も張り気味に歌ってきた。

けれどもおーるどたいむで何度もライブをやるうちに抑えた音でも充分に伝えられると感じ始めた。

ならばいっそのこと最低音量でトライすることにした。

使うギター3本のうちわけは次の通り。

1.ノースウッド(音量豊かな普通のギター)

2.エドワーズ(ボディの厚さが普通のギターの3分の1のスチール弦ギター)

3.マルチネス(ガットギターだがボディは通常の半分程度)

ボディの薄い2.3.ではもちろん音量は出ない。

強く弾くと音は濁る。

あえてやわらかいタッチで弾くことを心がけた。

音量豊かな1.も同じタッチで弾くようにした。

そうすることで相対的に強く響かせ、ライブ全体の中でメリハリを作るようにした。

やわらかいタッチで弾くためにフラットピックの持ち方や弦への当て方を変えた。

過去45年慣れ親しんだ弾き方をあえて変えた。

トレーニングは新しい弾き方で速弾きの練習をくりかえした。(これは結構快感だった)

難しかったのは抑えた音量のギターに合わせて歌い方に工夫をする必要があったことだ。

声の芯を維持しながら声量を抑えるのは難しい。

イメージとしては腹の中で可能な限りパワーを圧縮し、声を出すときにパワーを開放するのではなく圧縮されたまま絞り出すというものだった。

声帯から直接口から出すのではなく、頭蓋骨の中を一周させ後頭部から出すということを意識した。

そのためにこの1か月腹筋運動に精を出した。(その甲斐あって腹囲が3センチほど減るという副産物もあった)

イメージ通りの演奏にはまだほど遠いが、手応えは得ることができた。

なによりもピアニシモでもちゃんと客席まで届くことがよく分かった。

人間の生身の声、ギターそれ自体の音をもっと信じていいということを体感できたことが最大の収穫かもしれない。

ほかにもいくつか新しいことにトライした。うまくいったものもそうでないものもある。

これからのライブで精度を上げていき、意識せずとも自然にできるようになっていきたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.12

【お知らせ】 おーるどたいむ de ライブ 2017年年忘れ音楽会

「おーるどたいむ de ライブ 2017年年忘れ音楽会」

 
いつもはゲストプレーヤーをお呼びしての「おーるどたいむ de ライブ」
たまには一人でじっくりと歌い、じっくりと語りたいと思います。
1年をふりかえり、出逢った人たちや、出逢った歌たち。
様々なできごとあれこれ。
そういったひとつひとつに触発されて今年も1年歌い続けることができました。
 
年の瀬に今一度ふりかえりたいなと思っています。
 
Martin古池のわがまま音楽会におつきあいいただければ幸いです。

201712jpeg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

「唄の駅」 『街角ライヴ』 あすなろ山の会 おすすめ記事 おーるどタイム おーるどタイム de ライブ さんすまいるコンサート すみれコンサート へたくそ親父のギター弾き語り ウェブログ・ココログ関連 オカリナ・アンサンブル かざぐるま グルメ・クッキング サッカー スポーツ デスペラード・ライブ トミ藤山 ニュース ハックルベリー・カントリー・ライブ ババ猫ミーちゃんの糖尿生活 パソコン・インターネット モスライブ ライブ ライブ at JUNE ライブ・イン・ぶうけ ライブ・コンサート暦 三貴ライブ 僕を通り過ぎた歌たち 函館帰省日記 2005秋 函館帰省日記 2006春 函館帰省日記 2007春 函館帰省日記 2008冬 函館帰省日記 2010 冬 函館日記2014 夏 函館日記 2011秋 函館日記 2012初冬 函館日記 2012夏 函館日記 2014夏 函館日記 2014年冬 函館日記 2015 夏 北海道 北海道 音楽旅日記 2009 印刷 室蘭 寿コンサート 小さな旅 心に引っかかる言葉 文化・芸術 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 旭丘の家コンサート 映画・テレビ 書籍・雑誌 朝市コンサート 札幌日記 2005秋 札幌日記 2008 秋 森の音楽祭 清津峡 無国籍堂ライブ 絵本コンサート 自転車 見沼たんぼ 音楽 音楽雑感 骨折り日記