見沼たんぼ

2013.03.31

桜の並木道を歩く 見沼田んぼ

今年最後の桜狩り散歩は見沼田んぼ。

10日ほど前に歩いた時はまだほとんど咲いていなかった。

今日はあいにく肌寒い曇り空だった。

満開の盛りはすでに過ぎ、葉桜も混じり始めている。

とはいえ見事な景色。

見沼田んぼの桜並木は用水沿いに延々と続く。

これだけ見事な桜の小路だというのに人はほとんどいない。

まさに隠れた名所だ。

Photo

東浦和から用水の西縁を2時間ほど行った。

見沼有料道路沿いに芝川を渡り、東縁に移動。

再び東浦和に折り返した。(前回は東縁に移動した後さらに北上し大宮の七里まで歩いた)

広大な見沼田んぼ。西縁と東縁では景色もまた変わる。

桜を眺め、写真を撮りながらぶらぶら。

およそ4時間半、たっぷり満喫した。

.

ザックの中にアイパッドを放り込み、シャッフルで音楽を流しながら歩く。

最近お気に入りのお散歩スタイルだ。

いろんな音楽がしょぼい音でかすかに流れる。

このしょぼさ、微かさがいい。

過去、イヤホンで音楽にひたりながら歩いていたこともあった。

でも音楽が主役になってしまい、散歩の楽しさが薄れてしまう。

どうもなじめなかった。

音楽は散歩のお供ぐらいってのがちょうどいい。

ジャズ、カントリー、フォーク、ブルース、民謡、歌謡曲、ビートルズ・・・・・・・

過去自分を通り過ぎたいろんな歌が脈絡なく流れ、宙にすーっと消えていく。

それがとても心地いい。

曲が変わるたびに、いろんな思いが浮かび、浮かんでは消えていく。

想い出だったり、今思っていることだったり、夢のようなイメージだったり…

中には思いの断片どうしが結びつき、別の想念に変わっていくこともある。

これがまたいい。

浮かんでは消えゆく思いと眺めているこの景色が結びつき、
いずれまた想い出に変わっていくんだろう。

.

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5
Photo_6

【カテゴリー】 →見沼田んぼ

2006年に自転車から落車し足を骨折しました。
そのリハビリを兼ねて見沼田んぼに通い始めました。
ブログ「街角の歌芸人」に『見沼田んぼ』というカテゴリーがあり、いくつか拙文をのっけてます。
よろしければどうぞ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.23

泣きたくなるな こんな風景

見沼たんぼをサイクリング

田園風景

泣きたくなり

シャッターを切る

心の中に残っている景色

匂い

なんだろう…

泣きたくなる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.06

桜の小径  一期一会

見沼たんぼの川沿いの小径を歩きました

小径に沿って延々と続く桜並木

午前中ということもあり人はほとんど出ておらず…

ゆったりと歩くことができました


桜はピークをちょっと過ぎたけど9割方花をつけており…

時折吹く風に桜吹雪が美しく…

一番いい時期だったようです

まるで粉雪のようにまい散る桜吹雪の中でふと浮かんだ言葉


一期一会


この桜に出会えるのも今日限り
来年も同じように花をつけるでしょうが、今日であったこの桜の花は今日限りのものです


あっというまに咲きほころび、一瞬のうちに散っていく桜


愛しくも切ないもんですね


人の出会いもそうかもしれない
ライブをやってるとそんな感慨にとらわれることがあります


二度と再び会うことがないかもしれない


ならばこのひとときを大切にしたい
精一杯楽しんでもらうために全力で歌いたい


散りゆく桜を眺めながらそんなことを思っていました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.07

桜舞い散る見沼たんぼを歩く

桜舞い散る見沼たんぼを歩く
今週寒かったせいだろうか桜は意外ともってくれた
東浦和から西側の用水沿いの桜並木はほとんど満開状態
ミゴトの一言につきる
用水沿いに新都心まで桜並木は延々と続く
これほど立派な並木道なのに人通りが少ないのがいい
所々でシートを広げているグループを見かけるがつつましく弁当を食べてるくらいで、酒盛りしている人はいない

快適に歩く
冬の間何度か歩いた道なので、勝手は分かっている
それにしても一面の桜で印象が全然違う
春の日差しと舞い散る桜吹雪の下で大宮まで3時間ノンストップの小さな旅だった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.16

【見沼田んぼ】 東浦和~新都心まで 見沼代用水路西縁を歩く

Dscn2955久しぶりに予定のない土曜日

車で東浦和まで行き、公園の駐車場にデポして歩き始めました

今日の予定は前回同様東浦和からさいたま新都心に向かっての道のり

前回は見沼たんぼのどまんなかを流れる芝川沿いに歩きました。この道はまるで原野の中を歩いてるようでちょっと精神的にはきつい道でした。

今日は見沼代西縁に沿って歩きました。Dscn2957

西縁は芝川の西を流れる用水路

(芝川の向こうには東縁という用水路もあります)

続きを読む "【見沼田んぼ】 東浦和~新都心まで 見沼代用水路西縁を歩く"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.05

【見沼たんぼ】芝川に沿って歩く

Dscn2870 東浦和で電車を降り、芝川沿いに歩きましたDscn2872

今日の予定は…
  東浦和から北上
  とりあえず歩けるだけ歩く

というわけで芝川に沿って歩き始めました

それにしても殺風景な路
  右は土手に視界をさえぎられ
  左は荒涼とした原野の砂利道

何も考えずひたすら脚を動かし続けました

いい加減飽きがきたころ突然表れたコスモス畑!
救われた思いでした

Dscn2883 しばし休憩の後、再び何の変哲もない道を歩き続けました

3時間経過したころ遠くにさいたま新都心のビルが見えてきたので今日の終着駅に

我独り 荒野を行く

芭蕉の気分でした

続きを読む "【見沼たんぼ】芝川に沿って歩く"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.28

【見沼たんぼ】 川口自然公園

自然公園

名前に惹かれて歩きに来た

が!

ちっとも自然なんかじゃない
  徹底的に人工的な自然
  狭いし、人がいっぱい
  家族連れの大群が傍若無人に振る舞ってる

傍らを杖の老人が遠慮がちに歩いていた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.16

【見沼たんぼ】 初歩き

見沼たんぼをさっそく歩いてみましたDscn2824

といっても、我が家に近い東浦和駅近辺から2時間程度

見沼たんぼ全体からすると、南部のごく一部に過ぎません

思っていたほど歩くのに適した環境じゃありませんでした

たんぼっていうから広大な田園風景を想像していたんだけど…

むしろ、広大な荒れ野って感じでした

続きを読む "【見沼たんぼ】 初歩き"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.13

【骨折り日記】 骨を折ったおかげです 広がる夢

埼玉の東側を流れる芝川沿いに広大な見沼たんぼが広がっています

手つかずの自然というわけじゃないけど
首都圏にあってこれほど広大なウォーキング・トレイルってのは
そうないんじゃないかな?

この見沼たんぼを全域歩いてみたい

続きを読む "【骨折り日記】 骨を折ったおかげです 広がる夢"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

「唄の駅」 『街角ライヴ』 あすなろ山の会 おすすめ記事 おーるどタイム おーるどタイム de ライブ さんすまいるコンサート すみれコンサート へたくそ親父のギター弾き語り ウェブログ・ココログ関連 オカリナ・アンサンブル かざぐるま グルメ・クッキング サッカー スポーツ デスペラード・ライブ トミ藤山 ニュース ハックルベリー・カントリー・ライブ ババ猫ミーちゃんの糖尿生活 パソコン・インターネット モスライブ ライブ ライブ at JUNE ライブ・イン・ぶうけ ライブ・コンサート暦 三貴ライブ 僕を通り過ぎた歌たち 函館帰省日記 2005秋 函館帰省日記 2006春 函館帰省日記 2007春 函館帰省日記 2008冬 函館帰省日記 2010 冬 函館日記 函館日記2014 夏 函館日記 2011秋 函館日記 2012初冬 函館日記 2012夏 函館日記 2014夏 函館日記 2014年冬 函館日記 2015 夏 北海道 北海道 音楽旅日記 2009 印刷 室蘭 寿コンサート 小さな旅 心に引っかかる言葉 文化・芸術 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 旭丘の家コンサート 映画・テレビ 書籍・雑誌 朝市コンサート 札幌日記 2005秋 札幌日記 2008 秋 森の音楽祭 清津峡 無国籍堂ライブ 絵本コンサート 自転車 見沼たんぼ 音楽 音楽雑感 骨折り日記