日記・コラム・つぶやき

2021.01.04

我が家の雑煮

今朝日本各地の雑煮を特集したTV番組を観ていてその多彩さに目を見張りました。
それに比べると我が家に伝わる雑煮のなんとシンプル(質素)なことか。
小松菜と焼き餅だけのこの雑煮が祖父母の代から100年以上も食べ続けている「古池の雑煮」です。
2021_01_01
北海道に古くから暮らしていたアイヌには雑煮を食べる習慣はなかったそうです。明治~大正にかけて内地から和人が大挙入植し、それぞれの故郷の味を持ち込んだのが北海道の雑煮の歴史だとか。だから家庭ごとにみな違った雑煮を食べているんじゃないかな。
我が家の場合、祖父母は明治37年に愛知県から北海道に渡りました。祖父19歳、祖母18歳。祖母のおなかにはすでに赤ん坊が宿っていたそうです。
身ひとつで入植した若き日の祖父母にとって、極寒の北海道での暮らしは厳しいものだったと思われます。
やがて祖父は函館の地で呉服関係の小商人として成功しました。
おそらく苦しい時代の記憶を忘れぬように質素な暮らしを家訓としたようです。
菜っ葉と焼き餅だけの雑煮はその中で生まれてきたものと想像しています。
.
時代は流れ、昭和20年代後半。
父母は出会い結婚しました。
初めて「古池の雑煮」を食べた母はその質素さと不味さに「具合悪くなった」そうです。
母の実家ではちゃんと出汁をとり、具も柏肉(鳥肉)を主としたうまみのある雑煮。
嫁いだ身の母としては長年続く古池の習慣を拒むことはできませんでした。なにより小松菜雑煮に慣れた父は「菜っ葉の雑煮は餅の味が一番わかる」といって好んで食べたそうです。
母は一計を企てました。
小松菜と餅だけの雑煮の形はそのままに、(本家に内緒で)出汁をちゃんととるようにしたそうです。
昆布と鰹節でとった一番出汁は雑煮に使い、二番出汁は煮染めなどに使ったそうです。
見た目は「古池の雑煮」。されど味付けは「伊藤(母の旧姓)の雑煮」。
新たなる「古池の雑煮」の誕生です。
以来我が家では毎年「古池の雑煮」と「伊藤の雑煮」を日替わりで食べるのが習慣になりました。
(子供だった僕は「伊藤の雑煮」の鳥肉の臭みと三つ葉の苦みが苦手でした。)
.
今僕は「古池の雑煮」と「伊藤の雑煮」を日替わりで食べるのが習慣になっています。
それぞれに旨い雑煮です。
でもやはり一番舌になじんだ小松菜雑煮が好きだなぁ。
.
「水を飲むとき、その井戸を掘った人のことを思いなさい」という中国の古いことわざがあります。
正月に「古池の雑煮」を食べるたび、僕は温暖な愛知県から極寒の北海道に渡った祖父母のことを思うようにしています。
たかが雑煮、されど雑煮ってぇお話でした。

| | コメント (0)

2020.12.31

「ゆで豚」の思い出


2013年の暮れ。
僕はゆで豚作りに精を出していた。

今年も作り始めた正月料理。
ゆで豚と黒豆。
これに加えて田作りとなますそれに出汁は明日作る。

どれも子供の頃、母親が作っていた味をベースにしている。
母親はその母親から受け継いだ味なのかもしれない。

若い頃は母の味が物足りなく、色々手を加えてきた。
ここ数年それに飽き、気がつくとシンプルな昔ながらの味に戻っていた。

正月くらいは我が家の味をしっかり確かめる僕の慣わし。
今年のデキはどうなるかな。

以下、2013年に書いた文章。
*************************************
2013
昔から小松菜雑煮とゆで豚は親父のおせち料理と決めこんでいた。
僕が子供の頃食べていたた正月料理を絶やしたくなかったからかもしれない。

裕福とは決していえなかった実家だったが、クリスマスと正月ははりこんだ。

ゆで豚は目玉料理だった。豚肉の塊にお目にかかれるのはこのとき以外ない。

母は大鍋にたっぷりの水をはり、大量の玉ねぎや生姜とともに肉の塊を放り込んだ。それを石炭ストーブの蓋を外し、直火でガンガン煮込んだ。

やがてゆで汁も減り、ストーブに蓋をしてさらに煮込んでいく。
ここからが小学生だった僕ら兄弟の出番だ。
煮しまらぬようたえず鍋をかきまわす。

外はしんしんと冷え込む寒い夜。
でもストーブのまわりはあったか。
鍋からたちのぼる湯気と醤油の香り。
ラジオから流れる歌番組が晦日の気分を盛り上げる。
満ち足りた思いだった。

今僕が作るゆで豚は当時のものよりかなり凝っている。
材料も多彩、ガスレンジは火加減調整が容易だ。
母が作ったものよりかなり煮詰め、味が肉にしみこんでいる。

正月に帰ってくる子供たちにとっては、これが「わが家の味」となっている。
僕同様料理好きな彼らが将来どんな「わが家の味」を作っていくんだろうか。

石炭ストーブの強力でおおざっぱな火加減で作る、シンプルな味つけのゆで豚が時々懐かしくなる。
それは僕にとっての「わが家の味」。

| | コメント (0)

2020.11.09

東京オリンピック・ファンファーレ&マーチ

今思えば古関裕而の楽曲に初めて触れたのはオリンピックだった。

1964年(昭和39年)
僕は小学校4年生、10歳だった。
東京オリンピックの開会式で鳴りひびいたファンファーレ。
その瞬間、躰に電撃が走るような気がした。
くりかえし流れる「東京オリンピック・マーチ」。
小さな白黒テレビのブラウン管を食い入るように見つめていた。
もちろん小学生の僕には古関裕而という名前すら知らなかった。


その後しばらく学校ではオリンピック・マーチが流れていた。
運動会の行進にも使われたんじゃないかな。
僕はマーチに合わせてスキップしてスギブチ教頭先生から注意を受けた記憶がある。
(いまあらためて聞くと、リズムはチャッカ・チャッカ・チャッカ・チャッカでスキップにぴったりだと思うんだがな)

★東京オリンピック・ファンファーレ・マーチ


子供のころからマーチが好きだったらしい。
5歳の頃、函館西高校の吹奏楽部の野外演奏会が公民館で催され、僕は母に連れられて聴きに行った。
イトコのたあちゃんが西高吹奏楽部で部長を務め、トランペットを吹いていた。
当時、函館西高の吹奏楽部は全盛期で全道大会で何度も優勝し、全国大会に行っていたらしい。
函館山の麓に鳴りひびき、こだまが帰ってきた。(そんな風に感じた)
僕はでかい口をぽかんと開け空を見上げて「ああ、いいなぁ」「ああ。いいなあ」と連発していたらしい。(近所の語り草になっていたと聞く)
この時の記憶は結構はっきり残っている。
.
来月の「喫茶店JUNE たそがれ歌声音楽」で古関裕而特集のリクエストを受けている。
古関裕而の歌はいろいろ聞きおぼえている。
でもこれまでほとんど歌ったことがない。
老人施設でのコンサートでも古関の歌とは接点がなかったので、リクエストを頂戴しても歌えなかった。(「高原列車は行く」くらいしか歌えなかった)

このたびせっかくいただいたリクエストなので、古関裕而の歌に真正面から向きあっている。
戦前、戦中、戦後に分けて何曲かやろうと思い、10曲ほど選曲した。
いざ選んでみると、まったく知らないわけでもない。というかほとんどみんな知った歌ばかりだった。
そればかりではない。自分とは接点のない歌と思っていたが、調べれば調べるほど思わぬ接点が出てくる。
むろんそれは直接の接点ではなく、戦死した叔父や両親を介してのことだ。いわば自分のルーツにつながるものだ。
やっと正面から古関裕而に向き合えるような気がしてきた。

「たそがれ歌声音楽会」ではファンファーレのハミングで「古関裕而コーナー」をスタートさせるのも面白いかもしれない。

| | コメント (0)

2020.10.30

初演 「元町 MOTOMACHI」

 

先日の「おーるどたいむ de ライブ 秋の陣」で初披露した時の演奏です。

  → https://youtu.be/kELTAYIFeck


小松崎健さんの美しいメロディに、子供のころこの街で過ごした想い出やイメージをのせて歌詞をつけさせていただきました。(健さんのライブ演奏を聴いてるうちに、その場で自然に歌詞がわいてきたのでした)

初演ということで緊張感バリバリ。
歌としてもこなれるまでにはまだまだ。
大切に歌い続け、少しずつ時間をかけて体にしみこませていきたいと思います。(まずはあさっての「アビーロード」でのステージで)

サポートのハンマーダルシマー(怜子さん)とニャンダル(一江さん)は健さんのお弟子さんたち。このところお二人には要所要所で「おーるどたいむライブ」をお手伝いいただいています。

写真を添付します。
歌詞のイメージの元となった景色。

 

 

9301036

 

 

 

 

 

  長い坂を下りながら 見おろす港
  白い船が光ってる 潮風の中

二十間坂から見おろす函館港。

白い船は青函連絡船・摩周丸。

 

 

  長い坂をのぼりながら 見上げる山
  杜の緑 空に映える 流れゆく雲

残念ながら歌詞のような写真が手元になかったが、夕暮れの函館山に雲が流れていた。

2020_10_26

 

 

 

 

 

 

 

  長い坂を横切りながら 目をやる教会
  鐘の音が響いている いにしえの街

昭和30年代に父が撮影したカトリック元町教会。
毎日3回、鐘が鳴り響きます。
元町は幕末から明治維新にかけて箱館戦争の部隊になったところでもあります。その頃から教会や大使館など諸外国の施設がありました。
鎖国の扉を開き、北海道開拓の礎となったいにしえの街。

Photo_20201030113801

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  二人歩いた坂道 夢をえがいた日々
  遠い思い出の彼方 いつかは帰る街

生家のあった青柳町から元町にいたる道。
子供のころの僕たち兄弟を父が撮影した写真。
この同じ場所で30年後僕は息子たちの写真を撮った。
さらに30年を経た昨年、孫たちの撮った。

明日に向かって一歩ずつしっかりと歩いて行けという願いをこめて 19571-3

| | コメント (0)

2020.10.18

古池=コイケの由来は愛知県にあった!

子供のころから気になっていました。
なんで古池をコイケと読むんだろうか、と。
初めてお会いする方からはフルイケさんとかコチさん、フルチさんとよばれることもけっこうありました。


  古い池ですよ。
  蛙飛び込む水の音
  ぽっちゃーんの
  コイケです

そう訂正することもしばしば。
そのたびに怪訝そうな顔で「小池でないんだ」と言われます。
たしかに「コイケ」というとほとんどは「小池」さんですもんね。
(オバQもラーメンの小池さんだった)
.
.
ご先祖さまは愛知県だとは聞かされていました。
父が亡くなる数年前に、両親のお供をして愛知県知多半島を訪ねたこともあります。そこで初めて内地の従兄弟とつながることができました。
でもそれは祖母の方のつながり。
祖父の出身、すなわち古池の由来はわからずじまいでした。
.

生前、母は過去帳を作っていました。
読んでいてわかったのは、祖父は愛知県江南市古知野町で生まれたことでした。
三男だった祖父は家督をつぐ立場ではなかった。
そのためか明治37年に分家し、北海道に移り住んでいます。
.

古知野町に絞り込んで調べた結果、由来がやっとわかりました。

コチノ(古知野)は戦国時代、すでにそうよばれていたようです。別表記では「古池野」や「古地野」。
どうやら古知野の「古」を使って小池さんが古池に改姓したようです。(むむ、ややっこしい(°°;)

古知野に古くから住む小池さんが、新しくやって来た「大池」さんに対して改姓したとの伝があるとか。

  新入りのくせに大池なんざぁ生意気だ。
  こちとら古くから住む古池だぁっ!

てなあんばいで改姓したんでしょうかね。

愛知県の他に兵庫や岐阜にも古くから「古池」姓はあるようです。
でも祖父の生まれを考えると、僕の名字は愛知県江南市古知野に発するようです。

.
明日の「おーるどたいむ de ライブ」では『離郷・望郷』にまつわる歌を取りそろえました。

津軽海峡を渡って19の春、北海道から内地にやって来た自分。
内地に暮らしながら故郷を思う自分。
そんな視点が中心になっています。

祖父母は逆に同じ19歳で愛知県を捨てて離郷し、北海道に骨を埋めました。
愛知県からの離郷の心境はどうだったのか、函館の地で愛知県を思うことはあったのか。
そんなことがとても気になり出しました。

明日のライブに直接反映することもないでしょうが、この先同じようなテーマでライブをやるときに新たな視点になるかもしれないなぁなどと思っています。
.

1954-2

(写真は70歳の頃の祖父と母に抱っこされている自分)

 

| | コメント (0)

2020.09.24

【「日日是好日」 よみがえる記憶】

 

黒木華と樹木希林主演の映画。
静かな、深い感動をおぼえる。
https://www.nichinichimovie.jp/


お茶の世界に足を踏み入れた黒木華演ずる二十歳の娘「典子」が24年の歳月をかけて少しずつお茶の精神世界に気づいていく物語。
日々の些事を五感を持って全身でその刹那を感じ取っていく。
頭でとらえるのではなく、心で感じていく。
ドラマチックではないが、静かに心にしみこんでくる。

典子がお茶の精神に気づき始めたころ、突然父親が亡くなる。
深い悲しみを感じながらお茶の師匠、武田先生(樹木希林)の家を訪ねる。
縁側で散りゆく桜を眺める喪服の典子と武田先生。
すっと武田先生の手が伸び、典子の足をさする。
典子の心が武田先生に寄りそう。

僕の脳裏に古い記憶が電撃のようによみがえった。

幼稚園のばら組。今でいう年長組。
クリスマス会で僕はお芝居の主役をするように言われていた。
すっかりその気になっていたと思う。(ここは記憶が定かではない)
突如、主役をTちゃんに変更すると園長先生に言われた。
幼な心にもその意味はすぐに分かった。
Tちゃんはいいとこのお坊ちゃんだった。

傷ついた。
悔しいのか、悲しいのか、腹がたったのか。
幼い僕には説明ができない思いがこみ上げ、傷ついた。

気がつくと僕はホールのピアノ裏側に身を隠していた。
何時間もじっと体を丸めていた。

幼稚園では大騒ぎの捜索活動が始まっていた。
園内をくまなく探したと思われるが、見つけられることはなかった。ピアノの裏の狭い隙間は盲点だったのだろう。
僕には何度か失踪(?)の前科があったらしい。
蝶々を追いかけて遠くまで行ってしまうというようなことがたびたびあったらしい。
園外にも捜索の手は伸びたらしい。

  意地でも出ていくもんか

そんな気持ちで息をひそめ、身をかたくし、丸くなっていた。

が、やはり見つけられた。

誰もいない教室で、僕は担任の平山先生と向かい合っていた。
平山先生はなにも言わず、じっと僕を見つめている。
静かな時間が教室の中を流れていく。
この静かさは永遠に続くのではないかと思われるほどだった。

平山先生の手が僕の膝にすっと置かれた。
何度も何度もさすりながら僕を見つめる先生。
そして不意に涙ひとしずく、先生の頬を、流れていく。

いじけたような、意固地になったような僕の心が、
すーっと溶けていく。

平山先生の掌の感触、涙、そして流れる静かな時間だけが心にしみこんだ。

《後日譚①》
劇の主役はやはりTちゃんのままだった。
僕は器楽演奏で指揮を任されることになった。
写真はその時のもの。
残念ながらその時の記憶はまったく残っていない。
平山先生が園長先生に直訴したのだろうか、それも知らない。

1954

《後日譚②》
失踪事件の顛末は当然幼稚園から両親に連絡が行ったものと思われる。(僕から親に話すワケがない)
父からはなにも言われなかった。
母も失踪した僕を責めることはなかった。ただ悔しそうに怒っていたのはなんとなくおぼえている。
僕が「世の不条理」に初めて直面した出来事だったように思う。

忘れていたことを突然思い出す。
思い出したことの意味にあれこれ思いを馳せる。
そんなことが最近多くなってきた。
年を重ねたせいであろうか、もともとそういう性分なのか。

最後に「日日是好日」の中で語られた言葉を記す。

  世の中には
  「すぐわかるもの」と、
  「すぐにはわからにもの」の二種類がある。
  すぐにわからないものは、
  長い時間をかけて、
  少しずつ気づいて、
  わかってくる。
  子供のころはまるでわからなかった
  フェリーニの『道』に、
  今の私がとめどなく
  涙を流すことのように。

 

 

《おまけ》

フェリーニの『道』という映画。
僕も子供のころ観たときはまったくわからなかった。
大人になってもう一度観て、少しわかった。
今年になリあらためて見直した。観ながら、知らずに涙が流れていた。
「ああ、こういうことだったのか」なぜかジェルソミーナが遠藤周作の描く森田ミツ(わたしが・棄てた・女)等、様々な登場人物に重なっていった。
考えてみるとジェルソミーナもミツもそこにイエス・キリストの生き方が投影されているためだろう。
「道」、もっと年をとったときに、もう一度観たい映画だ。

| | コメント (0)

2020.09.17

松下幸之助の言葉

どんなに悔いても
過去は変わらない。
どれほど心配したところで
未来もどうなるものでもない。
いま、現在に
最善を尽くすことである。
      松下幸之助

 

2013年の今ごろ、松下幸之助の文章を読みこんな文章を書いていた。

***************************

  あたりまえのことなんだけど、
  そのあたりまえの言葉が妙に染みいる昨今。
  時間に追われ、為さねばならぬことに追われ、
  やりたいことがやらねばならぬことに変わる。
  つまりは心も体も余裕を失う時、今が見えなくなる。
  今どころか過去も未来も見えなくなる。
  そんな時一歩踏みとどまり、
  今為しうる最善を尽くすことが
  オレにはできるだろうか。

  「いつやるか?今でしょう!」

  そんなことはよくわかってるんだ。
  わかっちゃいるけど、やりきれない。
  そんな夜は寝るに限るのかも。
  眠りに落ちていったんリセット、再起動。

  ありかもね。

***************************

転職して1年経ったころだった。
新しい仕事を覚えるのに腐心していた。
新しい仕事は長年やって来たモノ作り(印刷)とは180度違ういわばサービス業(損保)。
扱うお金の単位も桁違いだった。
印刷は銭単位。損保では平気で何十万、場合によっては数百、数千万。
にもかかわらず1円の間違いも許されない(あたりまえだが)。

新しい仕事のかたわら、音楽活動を継続することにも必死だった。

気持ちに余裕の全くない日々を過ごし、少々心が壊れかけていたかもしれない。

そんな時松下幸之助の言葉が沁みた。

  いま、現在に
  最善を尽くすことである

わかっちゃいるが、簡単なことではない。
そう思いながらも自分を追い込んでいった。

  今、今、今しかない

人生浪人の身になリ1年以上が経った。
そしてあらためて思う。
自分を縛るものがない今だからこそ、この言葉は大切だと。

 

【松下幸之助のこと】

松下幸之助には少なからず影響を受けた。
印刷技術担当としてPHPと関わらせてもらった。
PHPの品質管理の手法は厳しかった。

松下幸之助のモノ作りの考え方を基礎とした手法は、
それまであたりまえとされてきた印刷の品質管理とは相容れない部分も多々あった。


「それは無理でしょう。現実的ではない」

強い抵抗を感じつつも、PHP品質管理手法の底辺に流れる松下幸之助の考え方に共感するところがあった。
ひらたく言えば「本を手にするお客さまの満足を満たすため」の品質管理と品質保証だった。

その後の印刷に対する考え方が変わるきっかけとなった。
同時にライブに対する考え方にも大きな影響を与えられた。
松下幸之助は僕にとってはそんな人だ。

| | コメント (0)

2020.08.27

母と戦争 その2 薙刀

【母と戦争 その2 薙刀】

1昨年、母は特養・旭が丘の家で「看取りの季節」を迎えていた。
眠りと覚醒の狭間をただよっていた。やがて眠りの時間が日々の大半を占めるようになっていた。周囲からは親しみを込め「眠り姫」とよばれていた。


夏の暑い日だったと思う。
陣中見舞いに帰函していた僕はいつものように眠る母のそばでギターを弾いていた。

ふと気がつくと母の両腕が微妙に前後に動いている。
何度も何度もそれをくり返す。
目は半眼。醒めているのいないのか。

  ん?
  どうしたのさ?

そう問うと母はぼそりと答える。

  なぎなた...なぎなたさ...
  わたしは...なぎなたの方が...得意だ...

瞬間なんのことか分からなかった。

  竹刀は...にがて...
  なぎなたは...身体がおぼえてる...

「軍事教練」のことか!
分かるまでしばし時間を要する。

函館高女(函館高等女学校=現函館西高校)時代に受けた学校教練でなぎなたをやっていたのだろう。
たしかに大正15年生まれの母は女学生時代はまさに戦時下だった。

どうやら母は眠りの中で女学生にタイムスリップしていたようだ。

やせ衰え、骨と皮だけでカサカサの腕がかすかに前後に動く。
胸が突かれ、絶句する。

気を取り直し、詳しい話を聞き出そうと話しかける。
が、母は再び眠りに落ちていた。

.

Photo_20200827095401
Photo_20200827095402
Photo_20200827095501
19242


写真は3枚は写真展「女学生たちの青春」より。
馬に乗る母は軍事教練ではないが同じ時代のものと思われる。

| | コメント (0)

2020.08.26

母と戦争 その1

1924-20

NHKのアサイチを観ていた。
今日の特集は「あちこちのすずさん」。
映画「この世界のかたすみに」の主人公すずさんは映画の世界だけではなく、どこにでもいた。「あちこちのすずさん」のそれぞれの戦時中の日常を取材する特集だった。
.
若かったころの母が僕に話してくれた戦争のエピソードを急に思い出した。
.
母は大正15年(昭和元年)生まれ。娘盛りの頃のお話だ。
戦前、母には初恋の人がいて、その人との結婚話もあったようだ。
しかしその人は戦後ソ連軍に拘束されシベリアに抑留されていた。
やがて数年間の抑留から解放され無事引き上げることができた。おそらく昭和23年~25年頃の話だろう。(函館港にはあわせて30万人以上の人が引揚てきたそうだ)
函館驛まで迎えに出た母が目にしたもの。それは帰還兵たちが驛で一斉にコサックダンスを踊り出すシーンだった。そしてスターリンとソ連を礼賛する言葉だったそうだ。

若き母には、己が目を疑うショッキングなシーンだったそうだ。

  いややや、唖然としたさ
  「百年の恋」もいっぺんで醒めた

その後彼は柏木町の母の家を訪ねてきたそうだが、
母は会おうともしなかったとか。
.
数年後、母は元町のカトリック教会で父と知り合う。昭和28年に結婚し、翌年僕は生まれた。
.
母が語ってくれた数少ない戦争の話だが、妙に生々しく思い出された。

1924-2

| | コメント (0)

2020.08.23

気持ちいいー! 早朝ポタリング

【気持ちいいー!】

久しぶり。曇り空の早朝。
自転車にまたがりゆったりポタリング。
短パン+ランニングの超軽装。
今年の夏は陽ざしがあまりにも強い。ランニングシャツでは長時間外にはとてもいられなかった。でも今日くらいならこのいでたちがいい。


風がむき出しの肩をなでるように抜けていく。
「そよ風の愛撫」だ。

ライブの朝、ゆったりと散歩したり自転車に乗ったりするのが長年の習慣。
ゆっくりと身体を動かし続けながら、ライブに向けて気持ちを少しずつ作っていく。
思いもよらない発想が沸いたり、古い古い記憶が突然フラッシュバックしたりする。
それらがそのままライブに反映されるわけではない。
でも心に揺さぶりをかけることがなんらかの形で活きてくる。
ライブは朝目覚めたときからすでに始まっている。

今朝はBGMを聴きながら走る。
昨夜横浜館内のサラスヴァで行われた富安秀行(ハゲ)さんの配信ライブだ。
ハゲさんのステージは好きだ。
等身大のおっさんの心意気がふわりと伝わってくる。
この「ふわり感」がとても気持ちいい。

昨夜春日部で若い衆(といっても40代半ばだが)の火を噴くような演奏を聴いた。その熱量には圧倒された。でも残念ながらそのテンションの高さに1時間ついていけず、終盤息切れした。

  オレもこの年頃の時は
  こんな熱量でやっていたんだろうな

そう思いつつも60代半ばになった自分のやり方に思いを馳せた。(ハゲさんの言葉を借りれば六十路=「夢想人」=ムソジンだ)
同年代・ハゲさんの配信ライブを聴きながら、自分の立ち位置にゆっくりと引き返すことができた。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

「唄の駅」 『街角ライヴ』 あすなろ山の会 おすすめ記事 おーるどタイム おーるどタイム de ライブ さんすまいるコンサート すみれコンサート へたくそ親父のギター弾き語り ウェブログ・ココログ関連 オカリナ・アンサンブル かざぐるま グルメ・クッキング サッカー スポーツ デスペラード・ライブ トミ藤山 ニュース ハックルベリー・カントリー・ライブ ババ猫ミーちゃんの糖尿生活 パソコン・インターネット モスライブ ライブ ライブ at JUNE ライブ・イン・ぶうけ ライブ・コンサート暦 三貴ライブ 僕を通り過ぎた歌たち 函館 函館帰省日記 2005秋 函館帰省日記 2006春 函館帰省日記 2007春 函館帰省日記 2008冬 函館帰省日記 2010 冬 函館日記 函館日記2014 夏 函館日記 2011秋 函館日記 2012初冬 函館日記 2012夏 函館日記 2014夏 函館日記 2014年冬 函館日記 2015 夏 北海道 北海道 音楽旅日記 2009 印刷 室蘭 寿コンサート 小さな旅 心に引っかかる言葉 文化・芸術 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 旭丘の家コンサート 映画・テレビ 書籍・雑誌 朝市コンサート 札幌日記 2005秋 札幌日記 2008 秋 森の音楽祭 清津峡 無国籍堂ライブ 絵本コンサート 自転車 見沼たんぼ 音楽 音楽雑感 骨折り日記