書籍・雑誌

2013.04.08

最近出会った本

「旅ノート・散歩ノートのつくりかた」

(奥の宣之・著 ダイヤモンド社・刊)

Photo

店頭で衝動買いした一冊。
一気に読んでしまいました。
すっかり感化されちゃいました。
若いころはけっこう「山旅日記」や「随想日記」を手作りし、ひとり悦に入ってました。

2

そのネタ帳は「ある日突然」と題したノートでした。
こいつになんでも貼り付けたり、思い付きを書き込んでいました。
中学生のころから書いてたから全部残ってると100冊くらいにはなってたと思います。
(若気のいたりで20歳の時すべて焼いてしまいました)

「ある日突然」を再開させたのは30を過ぎてからです。
家庭内暴論「旅路」というのは、ノートをもとに作った随想集。

パソコンが普及しブログを書くようになってからはノートに殴り書きすることもなくなりました。
すべてディスプレー上で完結するようになり・・・。
逆にちょっとさみしさや物足りなさを感じていました。
.
そんな時に出会ったのがこの1冊。
しばし原点に戻って手間のかかる、でも楽しい作業をやってみようかと思います。
というわけで、さっそくその1ページ目を作ってみました。
題して「お散歩ノート」
毎週、休日に地元越谷を中心にぶらぶら散歩しています。
時にはちょっと遠征したりして2~3時間の散歩。
ぼんやり歩くのも好きだけど、時にメモ取りながら歩くのも悪くはないなって思ってね。

Dscn5923

同じ道でも出会うものや感じるものは毎回違うわけでね。

この「お散歩ノート」が貼り付け、書き込みでいっぱいになるのが楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.08

書評 「おつきみどろぼう」

絵本「おつきみどろぼう」

岩手県の地方新聞に書評がのりました

この地で看護師さんをされながら生活観あふれる書評を書かれる鈴木朋子さんという方が書かれた書評です

読ませていただいて、狼君のくだりに触れられたところは、ぐっと来ました

嫌われ者で誰も相手をしてくれないと思い込み、すねている狼君の心情

鈴木朋子さんは言葉少なにふれています

言葉が少ないだけに思いが凝縮されているように感じました

僕もライブの時小さな子供がいる時は「おつきみどろぼう」の読み聞かせをしています

やっぱり狼君とおばあさんのやり取りのところは思いが入ります

読み聞かせて、「おつきみどろぼう」の歌を歌って…

子供たちの目がきらきらするのが分かります

.

.

この本を印刷したものとして

この本の一節にメロディをつけて歌っているものとして

鈴木朋子さんの書評は本当にうれしく感じました

来年は岩手県まで遠征してライブでもやろうかしら


Photo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.05.08

アコースティック・ギター・マガジン 32号 特集「ニッポンのフォーク」

Rm1428b_1 特集の「ニッポンのフォーク」
なかなかのスグレモノノでした

1960年代のカレッジ・フォークから始まり、
「和製フォーク」の草創期
「関西フォーク」
「四畳半フォーク」などを経て
「ニューミュージック」へ
やがて「J-ポップ」の中に含まれていく

そんな日本のフォークの歴史をザクッとまとめてあります

その時期を象徴するアルバムも紹介されており
ニッポンフォーク史を俯瞰するには
かっこうの参考書になっています

僕が心ひかれたのは、
フォークをささえてきたベテランミュージシャンと
フォークの臭いを感じさせる若手ミュージシャンとの対談でした


  ①遠藤賢司 vs 曾我部恵一
  ②中川イサト vs 高田漣
  ③石川鷹彦 vs 林龍之介

ベテラン勢には
 おりゃあ これで生きてきたんだ
という男気みたいなものをビシビシ感じられ

若手は、
フォークソングを消化し、自分なりの解釈で演奏している初々しさを感じさせてくれます

とりわけ、中川イサトと高田漣の対談は涙ものです

自分たちの音楽のことを語りながら、
必然的に高田渡の生き方にたどり着いていく

長年行動を共にしていたイサト先生と
渡の長男、漣の対談だから
当然といえば当然なんだけど・・・

フォークのありようを考えた時、
やはり高田渉の生き方はひとつの指針となるわけで・・・

  歌い手の生き様と生き方が
  直結していないのはおかしい

こう語る中川イサトの言葉が、ズシッと胸に響きました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.05

「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」

31557124 先週から通勤電車の中は移動音楽室から移動図書館に変わってます。

読んでる本は
「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」

リリー・フランキーさんの初めての長編だそうです
ご自身のご母堂が虫の息の時に書き始め、4年の歳月をかけて書き上げたとか
いわばリリーさんのご母堂への鎮魂歌といったところでしょうか

きわめて、個人的な体験の中にこそ普遍的なものが隠されているワケで…

泣けてきます

テレビ・ドラマになっていて放送中だそうですが、こちらの方は観たことがありません
4月には映画化されるそうです

ぜひご一読を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.26

何をやりたいかではなく、何を映してあげられるか GLAY TAKURO

人々がGLAYを通して見ているのは、彼ら自身だということが分かった。
だったら合わせ鏡としてピカピカでありたいと思った。
GLAYの目標は“何をやりたいか”ではなく、
“何を映してあげられるか”だと思うようになった

フリーぺーパー「R25」のロングインタビューの相手はGLAYのTAKURO

函館出身のGLAYは同郷のよしみということもあり、気になるバンドでした

TAKUROのこのコメントを呼んでちょっとうれしくなっちゃったわけで…

俺たちは、俺たちのやりたい音楽をやる
聴きたい人が聴いてくれればそれでいい

こんなバンドの行き方もありだとは思う

マイルス・デイビスみたいに、生涯それで突っ走った偉大なるミュージシャンもいる
人々はそんなマイルスを追いかけ続けた

どうだ!
俺を見てくれ!

みたいな強烈な自己主張を前面に出すやり方ってのもありだとは思う
  若者が作る歌はえてしてそういうもんだ
  それは若者の特権というか、若さゆえ…
  意味あることではあるんだけど…

あまりにそれが強いと聴いてる方はいずれ鼻についてくるワケであって…

続きを読む "何をやりたいかではなく、何を映してあげられるか GLAY TAKURO"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006.09.27

年代別ベストイレブン 「サッカー・マガジン」特集

Img359 今月号のサッカーマガジンの特集記事

日本代表史上
 最も偉大なイレブンは誰か

涙が出そうになる特集です。

2006年、現在のベストイレブンから始まって
2000年代、1990年代、1980年代、1970年代、そして1960年代と追いかけていく内容。
そして番外編として、それ以前の日本サッカーのベストイレブン。

サッカーマガジンに寄稿する論客たちの独断というか好みが反映されていて、それもまた楽しい特集です。

表紙を飾るのは中田英寿を中心に三浦カズそして釜本邦茂御大。

確かに日本サッカー界を牽引してきた顔で納得の行く写真です。

続きを読む "年代別ベストイレブン 「サッカー・マガジン」特集"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.07

「嗚呼、名盤」 “名盤の時代”へのレクイエム 

Aameibann インターネットを介した音楽配信が猛烈な勢いで成長を続けている。

音楽が曲単位で売り買いされる時代になってきた。

CDアルバムや古くはLPアルバムを買う時のドキドキ感・トキメキ感が失われつつある。
そんな時代かもしれない。

本書 「嗚呼、名盤」は音楽評論家・湯浅学氏が吟味した100枚の名盤アルバムを語りつくす内容となっている。

                  ミュージック・マガジン社 刊
                  『レコード・コレクターズ』増刊

続きを読む "「嗚呼、名盤」 “名盤の時代”へのレクイエム "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.16

AERA in FOLK ~あれはロックな春だった!

Img323_1 団塊の世代を中心に、アコースティック・ギターが売れているとか…
フォーク酒場が全国あちこちに生まれ、
勤め帰りの中年おじさんたちが酒を酌み交わし
ギター片手にステージで歌うということが流行っているそうです。

団塊の世代
そう、敗戦直後に生まれ、激動の高度経済成長を支えてきた世代。
かれらが定年を迎え、セカンドライフを模索する時代になっているのです。

団塊の世代が青春時代をすごしたころ…
ベトナム反戦運動にゆれ、70年安保闘争で社会は激しく動いていました。
そして、バックグランドにはいつもフォークソングがありました。

フォークが見直されているこの時期に出された『AERA in FOLK』
まさに「ジャスト・イン・タイム」でした。

続きを読む "AERA in FOLK ~あれはロックな春だった!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.21

「もう話してもいいかな?」 松山猛

Img306_1 『イムジン河』の作者、松山猛のエッセイです。

松山猛さんが青春時代を過ごした京都の街のこと

フォーク・クルセダースとの交友

イラストレーターとして始まったさまざまな仕事遍歴

時計やカメラ、骨董、ギターなど時間をかけて集めてきたものへの愛着とウンチク

そしてなによりも『イムジン河』が生まれるまでの話、

発売中止となったいきさつの当事者としての弁

興味深いエッセイです。

「もう話してもいいかな?」 

著者・松山猛
発行;小学館
印刷;共同印刷
製本;牧製本

→ 『イムジン河』関連の記事

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.24

「コミック・バンド 全員集合!」 

comicbandミュージック・マガジン社から 

「レコード・コレクターズ 増刊」 として

『コミック・バンド 全員集合!』 

が発刊されました。

まさに、目からウロコのような本です。

クレージー・キャッツに始まる、戦後のコミック・バンドの系譜を体系的に位置づける作業なんて…

考えただけでナンセンス!

まったくうれしくなっちゃいますよね!

続きを読む "「コミック・バンド 全員集合!」 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)