楽龍時

2024.04.19

ありがたかった 歌謡ショー@楽龍時

4月のSOMPOケア配信ライブ Martin古池の歌謡ショーは4月18日。
70歳の誕生日にぶつかった。
古希の誕生日だからといって特別に意識することも無く、いつも通りにカメラの向こうのご老人たちに歌いかけた。(なにしろカメラの向こうはとうの昔に古希なんぞは乗り越えた人生の大先達ばかり)
.
用意したプログラムは次の通り。
①大先達たちが青春時代を過ごしたと思われる昭和20年代の唄を数曲。
(東京ブギウギ、銀座カンカン娘、東京キッド)
②春めいた季節の唄を数曲。
(港が見える丘、北国の春、十九の春)
③前回頂戴した宿題、「花と蝶」にからませた唄を数曲。
(花と蝶、恍惚のブルース、月光仮面は誰でしょう)
 森進一さんと同時期に登場した青江三奈さん。共にハスキーボイスで世を席巻した。
 どちらも作詞をしたのは川内康範先生。そして月光仮面もまた川内康範が原作で作詞をした忘れられぬ名曲。
④アラカルト~エンディングの数曲。
(高原列車は行く、ギターを持った渡り鳥、テネシーワルツ、上を向いて歩こう)
これにリクエスト曲を加えてジャスト60分のプログラムだった。
リクエスト曲が多いときはアラカルトを飛ばす作戦。(今回頂戴したリクエストは「アメリカ橋」と「青い山脈」)
.
ショー半ばで動きがあった。
後ろの方でガサガサとなにやら準備をしていたのは気づいていた。
黄色い台紙にカラフルな文字を切り抜き、貼り付けたヤツをカメラの前にかざしながら入場するナオちゃん。
突然の「ハッピー・バースデイ」の唄を歌い出す会場の皆さん。
クーミンからは立派な花束。
うれしいやら、照れくさいやら。
50年以上も歌ってきて、ライブで誕生日を祝ってもらうのは初めてのことだ。
ディスプレイに映し出される各グループホームのご老人たちもにこにこ顔のよう。
.
思いもよらぬ誕生日イベント。時間が押してきた。
エンディングの「上を向いて歩こう」を通常テンポで歌えば途中で時間切れになる。
そこでスローテンポの「テネシーワルツ」を歌い終えるやいなや、間髪入れず超アップテンポで「上を向いて歩こう」になだれ込む。
すかさずカホンを入れてくれるクーミン、じっとしていられず誠さんがウッドベースで参加。カズーで参戦するヒトミちゃん。手拍子のナオちゃん、りかちゃん。
大変な盛り上がりになる。
リフレーンを何度かくりかえし、ジャスト60分でショーを終えることができた。
.
70歳の節目・一里塚に記憶に残るショーをさせていただいた。
カメラを担当してくれたカマタさんや店長Sayakaさんはじめとしたスタッフの皆さん。
にこにこ見守ってくれたヒトミちゃんのお母さん。
初めて来てくださり最後までお付き合いしてくださったりかちゃん。
皆さんに心から感謝いたします。
すべてのリアクション:
吉田 嘉秀、富安 秀行、他41人

| | | コメント (0)

2024.02.18

SOMPOケア配信ライブ Martin古池の歌謡ショー


全国に点在するグループホームに向けての配信ライブ。

お客さんが目の前にいない配信ライブ。
ちょっと苦手意識がありました。
でも回数を重ねるにつれ、それも払拭されてきました。
.

特に「リクエストにお応えする」という配信スタイルから、「歌謡ショー」の形に変えてからは自由にのびのびと歌えるようになっています。

「歌謡ショー」のスタイルはこちらから能動的に歌いかけます。
画面越しに各グループホームの反応を確かめながら進められる。
その分自分のペースに持ち込みやすくなりました。
.

ただ難しい点もあります。
各グループホームのご老人たちがどんな歌をお聴きになりたいのか想像力を膨らませながら準備をしなければなりません。
これはこれまでの経験に頼るしかありません。
1曲毎に時代考証をしたり、その歌が世に流れていた時ご老人たちがどう過ごされていたのか。
妄想を膨らませていくことが選曲とトークの準備になります。
.

さらに難しいのは想像がずれたりはずれた時、配信中にどう修正していくのか。
現場での対応が一番難しいかもしれません。
.

今回の「歌謡ショー」ではまさにこの点が問われることになりました。
あらかじめ準備していたプログラムはありました。
順調に歌い進めて来ましたが配信の半ば過ぎに、あるホームからリクエストが入りました。
すると次から次へとリクエストが届き始め、番組後半はさながらリクエストコーナーに。

リクエスト曲を見ると、前半で歌った唄に触発されて出てきたものもあります。(そうでないものもあるけれどね)

そこでプログラムを棄て、リクエストにお応えすることにしました。腹をくくった感じです。
(実はプログアムの後半は盛り上がりを期待した選曲だったんですが、別の機会に歌うことにしました)
.

終わってみると「歌謡ショー」と「リクエスト」の案配がいい感じでバランスがとれていたように思います。

(言い方は変だけど)前半の「歌謡ショー」で餌をまき、後半リクエストにつなげていくというのがいいのかもしれません。
前半は一方通行、でも後半に向けて徐々に相互通行になっていくという状態。
Face to faceではない配信ライブの中でも、相互通行ができるようになっていければいいなと思います。
2024_02_15sompomartin

| | | コメント (0)

2024.01.31

SOMPOケア配信ライブ Martin古池の歌謡ショー

今年最初の歌謡ショー。
今回は前回頂戴していたリクエスト曲、「おーい中村君!」を軸に組み立てた。
子供の頃、ラジオからよく流れていたので知ってはいた。
でも「知っている」と「歌える」とは全く別もの。
きちんと歌うため宿題にさせていただいた。
昭和33年、若原一郎さんが歌ってヒットしたこの歌。
昭和30年代はじめの雰囲気がとてもよく感じられる。
この頃は戦後の混乱期を脱しつつあり、来る高度成長時代を予感させるような時代。
いわば「狭間の時代」だったように思える。
庶民生活のちょっとした希望と明るさを感じる。
そんな時代の歌を東京と田舎という切り口で組んだ。
①銀座カンカン娘(高峰秀子・笠置シズ子)
②下町の太陽(倍賞千恵子)
③達者でな(三橋美智也)
④おーい中村君(若原一郎)
⑤若いお巡りさん(曽根史郎)
⑥田舎のバスはおんぼろ車(中村メイコ)
⑦東京のバスガール(初代コロムビア・ローズ)
⑧舟唄(八代亜紀)
⑨雨の慕情(八代亜紀)
⑩雪が降る(サルバトーレ・アダモ)
⑪雪の降る町を(立川澄人)
⑫雪国(吉幾三)
⑬高原列車は行く(岡本敦郎)
他に番外編として「そして神戸」(クールファイブ)。
今回初めて兵庫県のホームさんが参加してくれたので急遽挟んだ。
昨年末に亡くなった中村メイコさんと八代亜紀さんへの追悼も込めた。
田舎のバスと東京のバス、そして九州のバスガールだった八代亜紀さんという具合に話もつながった。
雨から雪へという話の転換もいい具合。
最後は暖かい春を待つ心で「高原列車は行く」を歌い、ショーを締めくくった。
今回はトークも歌も起承転結にのっかり、スムーズにつなげることができた。
気持ちいい!
応援に来てくれた五右衛門バンドのお二人やスタッフの皆さんも場をもり立ててくれた。
次回は2月15日(木)15:00~16:00。
さてどんなストーリー、どんな選曲にしようか。
あれこれ思いをはせるのもまた楽しいものだ。
2024_01_18sompo

| | | コメント (0)

2023.03.20

第6回 歌声喫茶@楽龍時

今回は女性陣の参加が多く、にぎやかな音楽会になりました。
皆さん初めての参加だったので音楽会が始まる前は少々戸惑いもあったようです。
でも1曲、2曲と歌い進めるうちに緊張(?)ほぐれ、おしゃべりもなめらかに。
.
こういう歌声音楽会をやるたびに思うことがあります。
.
  「これから音楽会を始めます」
  「さあみなさん、最初はこの歌から始めましょう」
というような形式張った進行はどうもなじめません。
.
音楽会を円滑に進めるには一定の決めごとがあった方が良いのかもしれません。
でもなんとなく堅苦しく感じられ、緊張してしまいます。
.
おしゃべりの延長上に歌があるってのが僕にはあっている。
世間話や昔話をしているうちに気がついたら歌になっていく。
その歌がまた次のおしゃべりにつながり、次の歌につながっていく。
「おしゃべりと歌の連鎖」ってのが理想です。
そういうのを「井戸端音楽会」というような呼び方をしています。
.
楽龍時には正真正銘の囲炉裏もあり、文字通りの井戸端音楽会。
初めてお会いする方々との一期一会のひととき。
これがご縁でまた足を運んでくださることを願いながら、ゆったりと時は流れました。
.
次回は4月30日(日)13:00~15:00開催の予定です。
.
(写真はオーナー・誠さんから頂戴しました)
2023_03_196-2

| | | コメント (0)

その他のカテゴリー

OHANA 音楽サロン 我が青春の歌物語 「唄の駅」 『街角ライヴ』 あすなろ山の会 おすすめ記事 おーるどタイム おーるどタイム de ライブ さんすまいるコンサート すみれコンサート へたくそ親父のギター弾き語り ウェブログ・ココログ関連 オカリナ・アンサンブル かざぐるま グルメ・クッキング サッカー スポーツ デスペラード・ライブ トミ藤山 ニュース ハックルベリー・カントリー・ライブ ババ猫ミーちゃんの糖尿生活 パソコン・インターネット モスライブ ライブ ライブ at JUNE ライブ・イン・ぶうけ ライブ・コンサート暦 三貴ライブ 僕を通り過ぎた歌たち 函館 函館帰省日記 2005秋 函館帰省日記 2006春 函館帰省日記 2007春 函館帰省日記 2008冬 函館帰省日記 2010 冬 函館日記 函館日記2014 夏 函館日記 2011秋 函館日記 2012初冬 函館日記 2012夏 函館日記 2014夏 函館日記 2014年冬 函館日記 2015 夏 北海道 北海道 音楽旅日記 2009 印刷 室蘭 寿コンサート 小さな旅 心に引っかかる言葉 文化・芸術 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 旭丘の家コンサート 映画・テレビ 書籍・雑誌 朝市コンサート 札幌日記 2005秋 札幌日記 2008 秋 森の音楽祭 楽龍時 民家ライブハウス・楽龍時 清津峡 無国籍堂ライブ 絵本コンサート 自転車 見沼たんぼ 音楽 音楽雑感 骨折り日記