さんすまいるコンサート

2017.04.06

「さんすまいる・マーチン古池コンサート」

 

Photo

今回が19回目になるそうだ。
隔月、年に6回だから4年目に入るわけだ。
もうそんなになるかというのが実感。

...

最初の1年半ほどは「マーチン古池の歌謡ショー」という音楽会だった。
ご老人たちとのおしゃべりを通して僕が一方的に歌うという形だった。
皆さんしっかり耳を傾けてくださり、それはそれで楽しんでいただけたとは思う。
いわゆる「井戸端コンサート」だった。

いつの頃からか、僕の歌に合わせて皆さん口ずさんでくれるようになった。
ならばと、さらに水を向けるようにした。
どんどん一緒に歌ってくださるようになった。

音楽会は聴くだけのものではない。
自らが参加し歌うことで真に音を楽しむ会になるということを学んだ。
当たり前のことなんだが、演者の側に立つと案外気がつかないものだ。

回を重ねるに従い音楽会の性格が歌声音楽会として定着していった。
歌集もでき、その内容は毎回充実していく。
キーも僕のキーではなくご老人が無理なく歌えるキーに変わってきた。

ほぼ完全なる相互通行のひとときになって久しい。
「井戸端コンサート」から「井戸端ライブ」に変貌した。
僕の役割も歌い手から水先案内人に変わった。
こういう音楽会が本当に楽しく、ありがたい。

おそらくデイサービスという比較的若く元気なご老人たちだからこそなんだと思う。

これがさらに高い年齢層の、そして多くの病気を抱え、介助の欠かせない特別養護老人ホームではどうか。
おそらく同じような井戸端ライブは成立しにくい。

毎年数回やっている函館の特養「旭ヶ丘の家」では、歌謡ショーというスタイルだ。
デイサービスと特養での演奏の違いについてはまたいずれしたためるつもり。

4年目に足を踏み入れた今日の歌声音楽会。
楽しく、おかしく、気持ちよく進めることができた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.30

今年最後のデイサービス「さんすまいる歌声音楽会」

昨日のさんすまいる歌声音楽会の一幕。

1時間を超える音楽会の締めくくりはいつも「上を向いて歩こう」。
いわばじいちゃん、ばあちゃんたちとのフーテナニーのシングアウト。
つとめて明るく歌うようにしている。

...

作詞の永六輔さんは高石ともやにこう言ったそうだ。

  高石君、なぜ皆はこの歌を明るく笑いながら歌うの
  この歌の詩は12歳の少年がつらくて涙が止まらない
  思春期の悲しい詩なのに

永さんが少年時代、信州に疎開していた時の詩だそうだ。
空を見上げながら少年は淋しさ、悲しさをじっと耐えていた情景が目に浮かぶ。

それでも老人ホームなどで歌うとき、僕は明るく陽気に歌いたい。だって淋しさ、悲しさを乗り越えながら歩き続けてきた人生の先輩たちだもの。

シングアウト「上を向いて歩こう」
https://www.youtube.com/watch?v=PHDN1pYnR94

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.18

「上を向いて歩こう」 デイサービス「さんすまいる歌声音楽会」での一幕

昨日のさんすまいる歌声音楽会の一幕。

1時間を超える音楽会の締めくくりはいつも「上を向いて歩こう」。

いわばじいちゃん、ばあちゃんたちとのフーテナニーのシングアウト。

つとめて明るく歌うようにしている。

...

作詞の永六輔さんは高石ともやにこう言ったそうだ。

高石君、なぜ皆はこの歌を明るく笑いながら歌うの
この歌の詩は12歳の少年がつらくて涙が止まらない
思春期の悲しい詩なのに

.

永さんが少年時代、信州に疎開していた時の詩だそうだ。

空を見上げながら少年は淋しさ、悲しさをじっと耐えていた情景が目に浮かぶ。

それでも老人ホームなどで歌うとき、僕は明るく陽気に歌いたい。

だって淋しさ、悲しさを乗り越えながら歩き続けてきた人生の先輩たちだもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.23

歌声音楽会  聴く楽しみと歌う楽しみ

このところ「歌声音楽会」が楽しくてしょうがない。

先週末にやったふたつの「歌声音楽会」

ひとつはデイサービス・さんすまいるコンサート。

80歳前後のご老人たちと一緒に歌いながらひとときを過ごした。

2か月ごとのこのコンサートを初めて2年以上になる。

最初は僕の歌を聴いてもらうという「ショー」的色彩の強いコンサートだった。

楽しげではあるがみなさんかしこまって聞いてくださった。

こちらもサービス精神全開。歌ってしゃべっての「歌謡ショー」だった。

1年くらいたったころから僕の歌に合わせてみなさん口ずさむようになってきた。

音楽には聴く楽しみ同様、自ら歌う楽しみがある。

このごく当たり前のことに気づかされた。

そこから少しずつ「歌声音楽会」に形を変え始め、現在にいたっている。

一緒に歌うことでご老人たちの満足度がグンとはねあがったように思う。

こちらの演奏スタンスにも大きな変化が生まれた。

ご老人たちの歌いやすいキーやテンポを選んだり、ギター伴奏もシンプルになっていった。

僕の役割は歌い手ではなく、歌声音楽会の水先案内人に変わった。

「歌謡ショー」でやっていた頃よりもさらりと歌えるようになった。

その方がご老人たちは歌いやすい。

すっかり肩の力が抜けて、歌とおしゃべりでたわむれることが楽しくてしょうがない。

.

今年からホーム・グランド「おーるどたいむ」で「みんなで歌おうフォークソング」という歌声音楽会の水先案内人を務めさせてもらっている。

こちらは50代~60代の同年代の方が主な参加者。

選曲はフォークソングが中心。

「さんすまいるコンサート」の経験がここで活きている。

同じ時代を生きてきた方々とのおしゃべりに触発されて一緒に歌うひとときもまた楽しい。

.

.

長年僕のやってきたライブは「聴いてもらう」というショー的要素が強かった。

聴いていただくための工夫や稽古には余念がなかった。

準備はじっくりと。本番は流れにまかせ奔放に。

そんな考えでやってきたが基本的に発信元は自分だった。

.

「歌声音楽会」の楽しさはそこに居合わせた人たちとのおしゃべりの中で音楽会を作り上げていくところにあるように思う。

あらためて思う。

音楽の楽しみは聴くことだけにあらず。

共に歌うこともまた音楽の大切な楽しさにつながる。

「音楽」という材料を通して、時間や空間や時代までをも共有していく。

そんな「歌声音楽会」をこれからも続けて行ければいいな。

それは多分ショー的なライブにも反映されていくのではないかと思う。

さんすまいるコンサート1:https://youtu.be/hv3Ohiot_Ow

さんすまいるコンサート2:https://youtu.be/3vWaGfL85Cc

さんすまいるコンサート3:https://youtu.be/_JL8brvMBLg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.17

歌声音楽会 デイサービス「さんすまいるコンサート」

20160419

2か月のごぶさたでした。
     今日も来ました、Martin古池。
     歌は世につれ、世は歌につれ。
あの頃の、あの歌を
今日もご一緒に歌いませう

...

こんなご挨拶でスタートする「さんすまいるコンサート」。

毎回心待ちにしてくださる、往年の大先輩方。
しわくちゃ顔をますますしわくちゃに。
まるで女子高生のように嬉々としてはしゃぐばあちゃんたち。
往年のプレイボーイの片鱗を覗かせるじいちゃんたち。

昭和の歌謡曲を中心にした歌声音楽会として、すっかり定着した。
今回が12回目だそうだ。もうまる2年になる勘定だ。
ここでは歌とおしゃべりが渾然一体となった、いい空間。

おしゃべりの流れによって何曲かはきっちり聴いていただくが、ほとんどがみんなで一緒に歌う音楽会。
じいちゃん、ばあちゃんたちとスイングアウト。

1時間ちょいのコンサートだけど、けっこう中味のつまった濃厚な音楽会だ。

2ヶ月毎のコンサートを心待ちにしてるのは、実は自分もそうだった。
あらためてそう感じることができた。

次回は6月。
昭和40年代の歌謡曲を特集することになった。
ああ、たのしみだ。

.

.

「歌声音楽会」とよぶのがこのコンサートには似合っているような気がする。

2年前、コンサートを始めたころは「Martin古池の歌謡ショー」だった。

ご老人たちと自分が共有できる、時代が重なるところの歌をピックアップしてショー仕立てで歌っていた。

そのうちリクエストされた歌も歌うようになる。

回を重ねるとともにリクエスト曲の方が増えていく。

皆さんも一緒に口ずさむようになる。

このころスタッフさんのご尽力で、これまで歌ってきた歌の「歌集」ができた。

僕の歌に合わせて口ずさむところからさらに一歩進んで、歌集を見ながら一緒に歌うようになった。

歌集は毎回少しずつ更新されていった。

歌のキーもご老人たちに合わせて少しずつ変えていった。

「参加型」のコンサートが定着するにつれ、「おしゃべり」が大切な要素になっていった。

僕とご老人たちのおしゃべり。ご老人同士のおしゃべり。

それは同心円を描くように広がり、共有されていく。

そのおしゃべりを受ける形で次の歌につながっていく。

もしかしたら理想的な「井戸端ライブ」の形になっているのかもしれない。

「井戸端ライブ」の根幹にあるのはライブの主役はそこに集まったすべての人ということだ。

お客さんも演者もおしゃべりを重ねながら進んでいく「井戸端ライブ」が僕の理想。

演者である自分は「水先案内人」。

さんすまいるコンサートは回を重ねるうちにそんな風になってきている。

.

.

実は、「おーるどたいむ」で始めている「みんなで歌おうフォークソング」という企画の目指す形は「さんすまいるコンサート」。

参加者とおしゃべりを積み重ねながらみんなで歌う「井戸端ライブ」の同年代版とでもいうか。

まだ3回めだが、少しずつそんな形になり始めている。

人生の先輩方との井戸端ライブ。

同年代との井戸端ライブ。

この二つの「歌声音楽会」が定着していくのは、想像するだけで楽しいなぁ。

続きを読む "歌声音楽会 デイサービス「さんすまいるコンサート」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.21

デイサービス「さんすまいるコンサート」 2016年2月 修了

デイサービス「さんすまいるコンサート」
今回で12回目だそうだ。
隔月で続けて早2年。
あっという間だったなぁ。

...

ここでのスタイルもすっかり定着した。
おしゃべりを交わしながら、その流れに沿ってみんなで歌う。
僕は水先案内人。

じいちゃん、ばあちゃんたちは毎回心待にしてくれている。歌を楽しみながらも、皆さん真剣。
それが伝わってくるから、僕も手を抜いたりおざなりにはできない。(そんなことしはしないけどね)
ちゃんと仕上げて臨む。

今回は星にまつわる歌を特集したコーナーをもうけたり、「毎月1曲子守唄コーナー」を新設した。
これに「宿題コーナー」を加えると1時間なんてあっという間。

終盤、「生命」(いのち)~「夢」を歌った。

産まれた我が子にできるものならこの子の命を最後まで見届けたいと願う、若き父親。

後ろ手をふりながら去っていく親を見送る子。

「命の連鎖」を意識して歌う。

それまでの和やかな空気は一変。
はりつめた空気が流れる。
真剣に聞いてくれているのが伝わってくる。

歌が「夢」に移るころから、なにかが降りてきたような感覚になる。(最近こんな感覚になることが多い)
それに呼応するかのように、無意識のうちに体が揺れていく。
右に左にスイングし、やがて前に後ろにローリング。

最後の1音はEのハーモニクス。
音の余韻が消えるまで続く、息のつまるような緊張感。

ややあってため息をはく声とともに拍手。

どのように伝わり、どのように感じてくれたかはわからない。
けれど間違いなく何らかの感情をひきおこしたように思う。

最後の歌はお約束の「上を向いて歩こう」

何事もなかったかのように、再び和気あいあいと歌に興じるご老人たち。

濃密な1時間15分だった。

また来てよ
楽しみにしてるからね

そう見送ってくれる人たちに手をふりながら「さんすまいる」をあとにした。

続きを読む "デイサービス「さんすまいるコンサート」 2016年2月 修了"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

「唄の駅」 | 『街角ライヴ』 | あすなろ山の会 | おすすめ記事 | おーるどタイム | おーるどタイム de ライブ | さんすまいるコンサート | すみれコンサート | へたくそ親父のギター弾き語り | ウェブログ・ココログ関連 | オカリナ・アンサンブル かざぐるま | グルメ・クッキング | サッカー | スポーツ | デスペラード・ライブ | トミ藤山 | ニュース | ハックルベリー・カントリー・ライブ | ババ猫ミーちゃんの糖尿生活 | パソコン・インターネット | モスライブ | ライブ | ライブ at JUNE | ライブ・イン・ぶうけ | ライブ・コンサート暦 | 三貴ライブ | 僕を通り過ぎた歌たち | 函館帰省日記 2005秋 | 函館帰省日記 2006春 | 函館帰省日記 2007春 | 函館帰省日記 2008冬 | 函館帰省日記 2010 冬 | 函館日記2014 夏 | 函館日記 2011秋 | 函館日記 2012初冬 | 函館日記 2012夏 | 函館日記 2014夏 | 函館日記 2014年冬 | 函館日記 2015 夏 | 北海道 | 北海道 音楽旅日記 2009 | 印刷 | 室蘭 | 寿コンサート | 小さな旅 | 心に引っかかる言葉 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 旭丘の家コンサート | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 朝市コンサート | 札幌日記 2005秋 | 札幌日記 2008 秋 | 森の音楽祭 | 清津峡 | 無国籍堂ライブ | 絵本コンサート | 自転車 | 見沼たんぼ | 音楽 | 音楽雑感 | 骨折り日記