ライブ at JUNE

2016.07.24

「喫茶店JUNE 日曜昼下がりライブ 7月」 記録

June20167

梅雨も明けんとする昨今の天気。

ちょっと雨混じりながらも時折真夏の日差しが照りつけている。

今回のテーマは「梅雨から夏へ」。雨の歌を特集して歌えるのも今年はこれが最後。

そうふんで雨の歌を中心に夏を展望するという構成にしようと思っていた。

がっ!

本日朝からばっちり真夏日。

構成を逆にした。過行く梅雨と夏到来。

.

今回のお客様の年齢層は広かった。

昭和6年生まれの方を筆頭に80代、70代、60代そして50代の方々。

親子三代でみえたお客さんは3~4歳のお子さん2人に30代のお母さん。そしてそのお父さんは60代かな。

くわえて遠く神奈川から音楽友達のUZUちゃんがふらっと来てくれた。

時折足を運んでくださる松本さんは馴れぬ代車で板橋から。

小さな子供たち以外は昭和初期生まれから昭和末期生まれまんべんなくそろった感じだ。

「昭和の香り漂う喫茶店で、昭和を彷彿とさせる歌の数々」がキャッチフレーズのJUNEライブ。

思いっきり昭和の流行歌を歌った。

「雨の中の二人」、「ほおずき」、「どうぞこのまま」など雨混じりの歌。

「思い出の渚」、「砂に消えた涙」、「恋のバカンス」などGSやポップス。

「夜空を仰いで」「夜空の星」「青い星屑」「海その愛」など加山雄三シリーズ。

そして日本語混じりのカントリー・ソングス。「知りたくないの」、「世界の果てまで」、「テネシー・ワルツ」などなど。

.

さすがに人生の達人が多かっただけある。歌のひとつひとつおしゃべりのひとつひとつに食らいついてくる。一緒に歌う人あり、ハーモニーをつける人あり。さながら歌声喫茶。

あげくの果てにはご自身の思い出話が飛び出して来たり。

いやぁ面白かった。最高面白かった。

「通常営業中のライブ」と言いながら喫茶店JUNEライブはいつも店内が歌とおしゃべりで一体感につつまれる。(偶然足を踏み入れてしまったお客さんもね)

ステージ席とお客さんたち。そしてお客さん相互の関係がいい感じで相乗的に化学変化を起こしていく。そんな感じすらする。

うれしい、そしてありがたいライブだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.02

【お知らせ】 喫茶店JUNE サタデーナイト・ライブ

June_2016

気が付くともう今週末に。

「喫茶店JUNE サタデーナイト・ライブ」

   昭和の香りのする喫茶店で...
   昭和を彷彿とさせる歌の数々。

こんなコンセプトで始めた「JUNEライブ」。
なんだかんだともう6年。

普段の「日曜昼下がり」から舞台を移し、年に一度の「サタデーナイト」。
今年もちょいとアダルトな雰囲気でお届けします。

お近くの方も、お近くでない方も
おヒマな方も、おヒマでない方も
東武スカイツリーラインに乗り、
松原団地までおいでませぇ。

エイぼん&マーチンがみなさまの越しをお待ち申し上げております。

*******************************

時 間  18:00~20:30
場 所  tea room JUNE
     東武スカイツリーライン 松原団地 東口           http://tabelog.com/saitama/A1102/A110203/11013496/dtlmap/


出 演   Martin古池 : エイぼん
木戸銭   1,000円

June

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.06

【お知らせ】 喫茶店JUNE サタデー・ナイト・ライブ 2016冬

年に一度の「喫茶店JUNE サタデーナイトライブ」
今年は2月6日(土)18:00からに催します。

「昭和の香りただよう喫茶店で、昭和を感じる歌の数々を」
こんなコンセプトではじめてはや6年。...
今年もエイぼんとお届けいたします。

その前に「前哨戦」
レギュラーライブの「喫茶店JUNE 日曜昼下がりライブ」が
今度の日曜日に!
1月10日(日)14:00~16:00
エイぼんとお届けいたします。
こちらはいつものようにお店の通常営業中のライブ。
何が起きるかわからない。

みなさまのおこしをお待ち申し上げます。

【地図】http://r.gnavi.co.jp/p0jfesdk0000/map/

June

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.24

「喫茶店JUNE 日曜昼下がりライブ」 2015年11月

20151122junewith

今日の「喫茶店JUNE 日曜昼下がりライブ」に思わぬお客様が。
会社の同僚が二人。
仕事の顔とは違った音楽の顔をお見せすることになり、こりゃなかなかの緊張もんでした。
照れくさいような、くすぐったいようなね。
お一人は以前「おーるどたいむ de ライブ」にも来てくれてたんでそうでもないけど、もう一人は初めて。

...

一方でいつもいい案配で茶々をいれてくれる常連Tさん。
今日は二日酔いとのことで静か。いつも机の上に並ぶビール瓶のかわりに日本茶が。
調子狂っちゃった。

いつもとはちょっと違った雰囲気のなかでライブはスタート。
1部はエイぼんと二人旅。
例によって昭和の香りのする歌をたっぷりと。
今回は新曲を2曲。
「クレージー・ラブ」をスローテンポでねちっこく。
「京都の恋」をいかにもベンチャーズ風アレンジにテケテケテケテケと。

新曲に挑戦も楽しいけれど、5年前やってた曲にもう一度スポットをあて直して歌うのもいいもんです。
当時うまくできなかったことが楽にできるようになっていたり、新たなアレンジを加えることができたりね。
何年かの間にそれらの歌が知らずのうちに熟成していた。そう感じるのはうれしいもんです。

1部最後の歌は「星の砂」。
これは僕たちが毎回必ずやってきた歌。
いわばキメの歌。
メインボーカル+ハーモニー+ギターのアンサンブルがバッチリかみあい、気持ちよぉく歌うことができました。
.

2部はいつもの調子でしゃべったり、歌ったり、またしゃべったりのくりかえし。
JUNEさんのお客様は皆様、話に絡んでくれるんでおもしろい。
ついつい脱線しがちになるのですが、それもまたよし。
お客様と同じ時間、同じ空間を共有できてるなって感じるとき、「ライブ屋」としての充足感を感じます。
今回もそんなライブになりました。
同僚のお二人も満足げな顔をしてくださり「ほっ」。

.
.
さてお知らせをば!

12月の「日曜昼下がりライブ」はお休みさせていただきます。
次回は来春、年明けの1月10日。

そして2月6日(土)は年に1度の「喫茶店JUNE サタデーナイト・ライブ」が決まりました。

詳細は後日またお知らせいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.23

ちょっと気が早いけど…9月の「喫茶店JUNE 日曜昼下がりライブ」のお知らせ

June20159

以前使っていたチラシのデータが見つかったのでモノトーンにして作り直してみました。

なかなかいい雰囲気なんでちょっと早めにお知らせデス。

ライブ詳細は後日お知らせいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015.05.17

「喫茶店JUNE 日曜昼下がりライブ」に新たなる展開?

 

Martinsowsow

「喫茶店JUNE 日曜昼下がりライブ」に新たなる展開が!

パーカッションのSow Sowさんとの新ユニットで出演します。

事の発端は先月の「JUNEライブ」。 飛び入り参加したSow Sowさんと意気投合。

GSとフォークソングのユニット結成とあいなったわけです。

Martinsowsow3

本日その最初のリズム合わせ(音合わせではない!)

Sow Sowさんの奥様のキビシイ指導のもと、無事修了。

来週の「喫茶店JUNE 日曜昼下がりライブ」に臨むことととあいなりました。

練習と本番を積み重ね、老人ホームや他の場所での演奏も今後展開していければとおもしろいだろうな!

で、その「旗揚げ公演」は出会いの場となった tea room JUNE で。

G.Sだらけの2部構成でお届けします。

.

.

【喫茶店JUNE 日曜昼下がりライブ】   

時 間  5月24日(日) 14:00 開場  16:00 開演   

場 所  tea room JUNE         

      東武スカイツリーライン 松原団地 東口 徒歩3分                   http://tabelog.com/saitama/A1102/A110203/11013496/dtlmap/   

出 演   Martin古池 with Sow Sow

木戸銭  ご飲食のみ   

★ぜひともおはこびくださいませ★  

Martinsowsow_2

Martinsowsow_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.11.23

【お知らせ】 喫茶店JUNE サタデーナイト・ライブ

「喫茶店JUNE サタデーナイト・ライブ」まであと1週間を切りました。

共演のエイぼんとの最終の音合わせも順調に終わりました。
あとは自分の選曲と仕上げを残すのみ。(これがいつもギリギリまで決められないんですがネ…)

...

エイぼんとの共演は実に1年ぶり。
たぶん前回のサタデーナイトライブ以来。
この1年それぞれの旅をかさねてきました。
旅の途中で再び出会い、それぞれのこの1年を確かめ合うというのも楽しみです。

過去やってきた歌を中心に、新曲も加えてお送りする1部。

この1年磨きをかけてきた(?)Martin古池「語り弾き」の2部。
今回はいつもよりカントリーソングを多めにやろうかと目論んでいます。

お近くの方、お時間おありの方、
ぜひとも遊びにいらしてくださいませ。

昭和の香りただよう喫茶店で
昭和を彷彿とさせる歌の数々。

「喫茶店JUNE サタデーナイト・ライブ」は今度の土曜日、夜6時半開演です。

日時     11月29日(土) 18’00 開場      18’30 開演
場所     喫茶店JUNE
東武スカイツリーライン 松原団地駅東口 徒歩3分 マルエツ手前
http://tabelog.com/saitama/A1102/A110203/11013496/dtlmap/

木戸銭     1000円
出演         エイぼん +  Martin古池

June2014

続きを読む "【お知らせ】 喫茶店JUNE サタデーナイト・ライブ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.12

年に一度の「喫茶店JUNE サタデーナイト・ライブ」

June2014
年に1度の「喫茶店JUNE サタデーナイト・ライブ」
普段の「日曜昼下がりライブ」とは少し趣向を変え、
普段着のライブからちょっとだけおめかしライブです。

昭和の香り漂う喫茶店で、昭和を彷彿とさせる歌の数々。
今年もエイぼんとお届けいたします。

日 時  11月29日(土)18:00 開場  18:30 開演
場 所  tea room JUNE(喫茶店JUNE)
        東武スカイツリーライン 松原団地駅 東口 徒歩3分
        
出 演  エイぼん + Martin古池
木戸銭  1,000円(ご飲食もぜひ!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.17

年内最後の「喫茶店JUNE 日曜昼下がりライブ」

年内最後というのははちと気が早いかもしれないけど・・・

本日、「喫茶店JUNE 日曜昼下がりライブ 2013年」を無事納めることができました。
(12月はお店と僕のスケジュールの調整がつかず、お休みすることにしました)

1年間サポートしてくださった喫茶店JUNEのスタッフのみなさんに感謝いたします。

そしていつも足を運んでくださったお客様に感謝いたします。

今年前半、一緒にステージを作ってきてくれたエイぼんにも深く感謝いたします。
(エイぼんは「だしまき玉子」の活動に重点をおくため、JUNEライブはしばらくお休みします)

.

.

金田拓三さんがご家族で来てくださいました。

先日の金田さんの朗読会は僕もいろいろ感銘を受け、学ぶべきことが多かった。

今度は僕が演ずる立場で今できる最大限を出そうと思います。

.

また同じマンションに住む方が足を運んでくださいました。

古池さんがどんな歌を歌うのか興味があってね

こりゃ力が入りますわぃ。

.

.

1部は「過ぎ行く秋を惜しむ」ということで「秋の花」の歌を中心に歌い始めます。

シクラメン、なでしこ、曼珠沙華、秋桜などが登場する歌をね。

「秋桜」を受けて今月末に結婚式を控える長男夫婦ネタへ。
(秋の花は前ふりになっちゃいました)

男と女の出会いという偶然
ご縁の積み重ねによる必然
それを見つめる親としての我
我もまた子としての歴史を重ねてきた

こんなテーマで歌いました。

そうそう、
長男が生まれた1980年。ジョン・レノンがなくなりました。
やっと首の座った長男を抱っこして散歩の道すがら、街の電気屋さんのテレビでそれを知った時の驚き。
そんなことを挿話として話しました。

そこにJUNEのマスターが突然割って入ります。

私は若い頃働いていたホテルの喫茶店で
半年間、ジョン・レノンを担当してたんですよ

いや、驚きました。

ライブはしばしその話でもちきり。

1部のエンディングは急きょ

ビートルズの影響を受けた・・・
タイガースの「落ち葉の物語」を

おおむねプラン通りに進めてきたステージでしたが、突如のハプニングであらぬ方向へ。

これだからライブはおもしろい!

「あらぬ方向」に沿ってエンディングに軟着陸できました (ほっ)

.

.

2部は先般亡くなった岩谷時子さんの書いた歌を中心に進めました。

岩谷さんというとやはり越路吹雪さん。

そして弾厚作(加山雄三さん)とのコンビ。

さらにはいずみたくさんとのコンビ。

その辺を中心に歌い進めました。

.

.

この1年、「通常営業中のライブ」でありながら、
JUNEライブはすっかりパーソナルで「毎度おなじみ」のライブになりました。

ありがたいことです。

以前にも書きましたが、
常連のお客さんのもつ雰囲気が、
ライブがあると知らずに来たお客さんを自然に巻き込んでしまう。
初めての方も違和感、抵抗感なく耳を傾け、トークにのっかてくれる。

本当にありがたいことです。

来年もこの雰囲気を保ちながら続けていければいいなと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.10.20

雨の日はじっくりと 「喫茶店JUNE 日曜昼下がりライブ」

週末のライブのしめくくりは「喫茶店JUNE 日曜昼下がりライブ」。

あいにくの強い雨にもかかわらず常連さんが何人も足を運んでくれました。

ありがたいことです。

くわえて社会人1年生だという男女3人グループが偶然いあわせてくれ、スタート直後から最後までつきあってくれました。

ありがたいことです。

今日のテーマ1部は「秋深し・・・冷たい雨にはあったかい歌を」ということにしました。

お客さんの年齢層はかなり広く、20代~60代。

こんな時は我が世代の歌を遠慮なく歌うことにしています。

「昭和の香りする喫茶店で昭和を感じさせる歌の数々」がコンセプトですものね。

50代~60代の方々はもちろん、20代~30代(とおぼしき)若者たちも耳を傾けてくれます。

tea room JUNEのお客さんはみなさんじっくり聴いてくれます。

だから通常営業中のライブにもかかわらず、落ち着いた雰囲気の中でじっくり歌うことができます。

特に今日のような雨の日はいつにもまして落ち着いた雰囲気。

じっくり、腰をすえて歌わせてもらいました。

なんとなく なんとなく
何処へ
  (以上2曲はご挨拶)

モナリザの微笑
雨のバラード
雨の中の二人
  (雨の歌)

恋(布施明)
恋(松山千春)
  (昭和の恋、新旧2題)

夕暮れ時は淋しいそう

追伸
曼珠沙華
秋桜
  (秋の花3題)

わかってください
遠くで汽笛を聞きながら
  (〆の2題)

2部の始めに闘病中だった「SILVER WAGON」の宮村さんが亡くなったと聞かされました。

SILVER WAGONは全員60代後半~70代のカントリーバンド。

松戸、越谷、そしてJUNEさんで定期的にカントリーライブをやってこられたベテランバンドです。

僕も越谷やJUNEさんでのライブには何度か足を運んでいました。

そのたびに何曲か一緒に演奏をさせてもらっていました。

JUNEのマスターと知り合ったのもここでのSILVER WAGONのライブでした。

もう10年近くも前のことです。

その5年後、etsuさんとのご縁がきっかけで「喫茶店JUNE 日曜昼下がりライブ」が始まったのです。

2部はアラカルトでいろいろやろうと思ってましたが、急きょカントリーソングを何曲か入れることにしました。

万里の河
ワインレッドの心
ミルク32
白い一日

BLUE MOON OF KENTUCKY
CRAZY
GEORGIA ON MY MIND
TENNESSEE WALTZ
TAKE ME HOME COUNTRY ROAD

ケンタッキーの青い月、テネシー・ワルツ、カントリー・ロードは当時一緒に演らせてもらった歌です。

「喫茶店JUNE 日曜昼下がりライブ」はレギュラーライブとしてすっかり定着しました。

その引き金を引いてきっかけを作ってくれたのがetsuさんだとするならば、道を開いてくれたのがSIVER WAGONであり宮村さんでした。

ご冥福を祈りながら今月のJUNEライブを終えました。

.

次回は11月17日(日)14:00~16:00です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

「唄の駅」 | 『街角ライヴ』 | あすなろ山の会 | おすすめ記事 | おーるどタイム | おーるどタイム de ライブ | さんすまいるコンサート | すみれコンサート | へたくそ親父のギター弾き語り | ウェブログ・ココログ関連 | オカリナ・アンサンブル かざぐるま | グルメ・クッキング | サッカー | スポーツ | デスペラード・ライブ | トミ藤山 | ニュース | ハックルベリー・カントリー・ライブ | ババ猫ミーちゃんの糖尿生活 | パソコン・インターネット | モスライブ | ライブ | ライブ at JUNE | ライブ・イン・ぶうけ | ライブ・コンサート暦 | 三貴ライブ | 僕を通り過ぎた歌たち | 函館帰省日記 2005秋 | 函館帰省日記 2006春 | 函館帰省日記 2007春 | 函館帰省日記 2008冬 | 函館帰省日記 2010 冬 | 函館日記2014 夏 | 函館日記 2011秋 | 函館日記 2012初冬 | 函館日記 2012夏 | 函館日記 2014夏 | 函館日記 2014年冬 | 函館日記 2015 夏 | 北海道 | 北海道 音楽旅日記 2009 | 印刷 | 室蘭 | 寿コンサート | 小さな旅 | 心に引っかかる言葉 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 旭丘の家コンサート | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 朝市コンサート | 札幌日記 2005秋 | 札幌日記 2008 秋 | 森の音楽祭 | 清津峡 | 無国籍堂ライブ | 絵本コンサート | 自転車 | 見沼たんぼ | 音楽 | 音楽雑感 | 骨折り日記