« 青空ライブ | トップページ | 2022年02月 ライブ・音楽会予定 »

2022.01.30

私を待つ人がいる 「青空ライブ」1月も無事終えることができました



今日の「青空ライブ」も楽しく(そして厳しく)終了いたしました。
.

前半は広場に人影がほとんどなく、「公開練習」状態でした。
まだいくらか陽射しが残り、この季節にしてはあたたか。

今度の金曜日に予定しているデイサービスでの「さんすまいる歌声音楽会」の練習に精を出します。
いろいろリクエストを頂戴していて、春日八郎や越路吹雪の歌を中心に歌います。
これに加えて最近「たそがれ歌声音楽会」でやった歌から「誰よりも君を愛す」「小樽運河」etc.etc...
デイサービスでも転用して歌える歌を中心におさらいをしました。
.

後半、菅原さんと合流し新曲のあわせから始まります。
特に今二人のお気に入りはDave Clark Fiveの「Because」。
シンプルなメロディながらコード進行の美しい歌です。
なんとか仕上げていきたいものです。
.

今日はこのまま「公開練習」で終わっちゃうかなぁと思い始めた頃、先週も来てくれた方が奥様を伴って顔を出してくれました。

ここでスイッチがライブモードに切り替わります。
この半年菅原さんとやってきて仕上がってきた歌を次々に歌います。
(そのほとんどが二人の共通項のナターシャ・セブン)
このご夫婦、1曲ごとに満面の笑みで拍手をくださいます。
その笑顔に触発され、我々の演奏もまたふくらんでいきます。
楽しいひとときに。
.

お二人が帰られ、「青空ライブ」も終盤に。
グッと冷え込んできて、指がかじかんできます。
そろそろ撤収の頃合いかな。
そう思っているところにいつものおじいさんが顔を出してくれました。
これは半端にはやめられないと、気合いを入れ直して歌います。

おじいさん、いつものようにゆったりとステップをきざみ、歌詞をかみしめるように聴いてくれます。
.

今日の「青空ライブ」も終盤に来ていい感じになり、その余韻をかみしめながら終了しました。

夕方グッと冷えてなかなか厳しい「青空ライブ」でしたが、なんとか1月を乗り切ることができました。
あとひと月、2月を乗り越えれば春の兆しも見えてくるでしょう。
.

  なにも好きこのんで真冬の寒いときに、
  外で歌うことないでしょう
.

家人にはそんな風に言われます。
.

でも毎回、足を運んでくださる方々がいる。
「私を待つ人がいる」以上は続けなきゃね。

それは必ず次につながるものだと信じたいしね。
(「次」がなにかはわからないけどね)
.

  土曜の昼下がり、あの広場に行くと
  必ずへんなおっさんが二人歌っている
.

そんな風に認知され、「広場の風物詩」になれるようにしつこく続けていきたいものです。
.

次回は2月5日(土)、12時半頃からまた歌います。



| |

« 青空ライブ | トップページ | 2022年02月 ライブ・音楽会予定 »

『街角ライヴ』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 青空ライブ | トップページ | 2022年02月 ライブ・音楽会予定 »