« 2021年12月 ライブ・音楽会予定 | トップページ | さんすまいる歌声音楽会 »

2021.12.06

青空ナマ歌ライブ

いつもより30分早い12時半。
風もなく穏やかな陽気の昼下がりでしたが、やはり師走•12月。
いつもの芝生には人影がほとんどありません。
遠くわずかなひだまりにシートを広げてお弁当を食べながら談笑する子連れのママ友二組いるのみ。
その向こうから菅原さんのギターの音が微かに流れてきます。
.
今日は12月の音楽会を意識しつつ、予定候補曲を中心に歌い始めます。
歌謡曲、フォーソング、カントリーソング、自作の歌とバラエティに富んだ選曲。
でも歌ごとに関連性を持たせストーリー仕立てにします。
聴いてくれる人もないのにストーリー仕立てってのもちょいと悲しいものがあります。
でも歌に必然性を持たせなければ気合も入らない。
本気モードに自分を追い込むための長年やってきた「智恵」ってもんです。
これが実際に人様の前で演奏する時に活きてくるのです。
.
そんな「一人芝居」をじっと聴いていてくれていた人がいました。
背後の石垣で風を避けるようにうずくまっていたホームレスとおぼしき男性が一人。
年の頃50〜60くらいでしょうか。
突然遠慮がちに拍手しながら近寄ってきます。
最後まで聴いていてもいいですか?
ご迷惑じゃないですか?
少々おどおどと。
もちろんですとも
うるさくて迷惑でなけりゃ
聴いててくださいな
件の男性は僕の斜め前方に移動します。
あいかわらず石垣にへばりつくようにうずくまって。
.
ここからは彼のためだけに歌います。
時には目をつぶり、じっくりと聴き入ってくれます。
時にはなにかをお菓子のようなものを口に運びながら。
そして時にはリズムに合わせて足を踏み鳴らしながら。
(足を踏んで暖をとっているのかも)
.
演奏も終盤になり、突然半分に割ったグレープフルーツを持ってやってくる彼。
これ食べてください
これ、お礼です
スプーンは洗ってるんで、きれいですから
なんだか胸がつまる思いで、グレープフルーツだけありがたく頂戴しました。
(失礼ながらあんたが食べなさいよと言いかけたけど、言えなかった)
.
日も暮れかなり冷えてきた頃、合流した菅原さんと3曲だけセッション。
件の彼は傘をさし、暖をとりながら聴いている。
(傘が屋根がわりになり、多少でも寒さがしのげるんだろう)
.
彼が歌を聴きながらなにを感じ、考えていたのか。
僕には分かりません。
でもたんに暇つぶしだけで聴いてくれていたとも思えません。
.
およそ4時間弱のマンツーマン•ライブ。
最後まで集中を切らさず、全力投球できたように思います。
風邪ひかないでな
そう思いながら芝生広場を後にしました。

| |

« 2021年12月 ライブ・音楽会予定 | トップページ | さんすまいる歌声音楽会 »

『街角ライヴ』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2021年12月 ライブ・音楽会予定 | トップページ | さんすまいる歌声音楽会 »