« 【お知らせ】 喫茶店JUNE たそがれ歌声音楽会 | トップページ | 【記録】 喫茶店JUNE たそがれ歌声音楽会 »

2021.10.02

秋の日和の青空ナマ歌ライブ

2021_10_02_20211002214601
夏時間より1時間早めてスタートさせた今日の「青空ナマ歌ライブ」。
暑くもなく、寒くもなく、風もなく。
ついでに人出もなく。
.
練習モードでスタートとはいえ、本気で歌い込む。
それが良かったかやがて妙齢の女性が耳をそばだててくれる。
モードは本番にいきなりチェンジ。
(ゲンキンなもんです。歌の途中から急激にスイッチが入るんだからね)
フォークソング系の秋の歌をつなげる。
やがて丁重なご挨拶をして女性は去ってゆく。
.
またしばらく一人旅が続く。
一度入ったスイッチはそのまま入りっぱなし。
明日の「たそがれ歌声音楽会」の宿題、「都はるみ選集」を歌い込む。
.
いつものじいさんがやってきて、いつものように10メートルほど離れて腰を下ろす。
なにを話すでもない、目を合わせるでもない。
ただただ聴いている。ひたすら聴いている。
僕としてはおしゃべりのひとつもしたいところだけど、話しかけるには距離がある。
.
10メートルという距離は微妙だ。
ナマ歌を聴くにはちょうどいい。これ以上離れると聴き取りにくくなるし、ギターと声の音量バランスも崩れる。
かといっておしゃべりをするにはちと遠い。
いつか機会を見て話しかけてみようと思う。
この微妙な距離を一歩近づけることができればうまいんだがな。
でも、もっと時間をかけてゆっくり頃合いをみはからうことにしよう。
.
やがて、広場のあちらで演奏していた菅原さんがギターを持ってやってきた。
いつもはウクレレやHEADWAYのミニギターだが、今日はマーチンのOOO。
クラプトンのシグネーチャーモデルだ。
深くて、いい音で鳴っている。
.
しばらく二人でセッション風の演奏を続ける。
.
4時半をまわりそろそろお開きにしようと思っていたら、とつぜん肩をたたかれる。
この場で歌い始めてから何度か来てくれた50がらみのおにいさん。
荒天もあったりしてお会いするのは1ヶ月ぶりくらい。
.
この方にはチューリップの歌のリクエストを頂戴していた。
お好きだという「虹とスニーカーの頃」から始まり、「ブルー・スカイ」、「銀の指環」と歌い継ぐ。
.
5時近くになり、あたりはそろそろ薄暗くなりかけてきた。
ラストソングはやはりリクエストで「翼をください」。
ややスローテンポにしてじっくり歌い込む。
この方は「翼をください」を聴きながら、いつも涙ぐむ。
この歌に特別な思い入れがあるのか、なにか琴線に触れるものがあるのだろう。
.
今日は1時頃から歌い始め、5時までみっしり歌った。
4時間の長丁場となった。
疲れたけれど、充実のひとときだった。

| |

« 【お知らせ】 喫茶店JUNE たそがれ歌声音楽会 | トップページ | 【記録】 喫茶店JUNE たそがれ歌声音楽会 »

『街角ライヴ』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【お知らせ】 喫茶店JUNE たそがれ歌声音楽会 | トップページ | 【記録】 喫茶店JUNE たそがれ歌声音楽会 »