« 【ご案内 「喫茶店JUNE たそがれ歌声音楽会」】 | トップページ | 小雨に煙る 元荒川 »

2021.06.06

【2ヶ月ぶり 喫茶店JUNE たそがれ歌声音楽会】


2021_06_06june4-2
.
5月は諸般のコロナ事情で中止せざるを得なかった「たそがれ歌声音楽会」。
満を持しての開催。
歌う僕も、参加された皆さんもハナっから熱がこもってた。
.
僕は4月半ばから1ヶ月以上もライブや音楽会をやれなかった。
参加者の皆さんも毎月楽しみにしてくださっている。
久しぶりに開催することができ、期待度が沸騰している。
(蔓延防止対策下のため、アルコールが飲めないのが唯一残念なところ)
.
第1部は梅雨入り近しの今日この頃。
おなじみの雨の歌を中心に進める。
歌謡曲、演歌、グループサウンズとなんでもござれの選曲となった。
特に楽しかったのは1部の最後に歌った「雨の慕情」。
.
  雨 雨 降れ 降れ もっと降れ
  わたしのいい人 連れて来い
.
のリフレーンを何度もくりかえし、大合唱となった。
じめっと演歌をカラッと明るく歌い飛ばすのもいいもんだ。
.
そして第2部。
今回のお題は内山田洋とクールファイブ選集。
宿題を出してくれたのは長崎出身の常連・Tさん。

まずは定番の「長崎は今日も雨だった」から。
.
引き続きマスター・じゅんさんの語りは藤圭子との出会いと別れについて。
別れた二人に萩本欽ちゃんがテレビ番組「欽どこ」で粋なサプライズを演出した思い出を語ってくれる。
.
それを受けて僕は藤圭子の出身地・札幌と前川清の長崎を結んで「中の島ブルース」。
ご当地ソングで「そして、神戸」「東京砂漠」
流れにまかせ、用意した歌をすべて歌いきった。
.
久しぶりに定刻超えの残業演奏。
そしてあっという間に過ぎ去った2時間半。
.
歌うことが楽しくて、楽しくて、楽しくてしょうがなかった。
それは参加された皆さんもまた同じ思いだったろう。
まるで小学生の頃のように何も考えず、ただ無邪気に歌い綴るひとときだった。
.
次回の「たそがれ歌声音楽会」の宿題も頂戴した。
「三橋美智也と春日八郎特集」。
これまた歌いたい歌が盛りだくさん。
残業演奏必至かな。
.
7月4日(日)16:00~18:00。
今から楽しみでしょうがない。
1ヶ月かけて三橋美智也の歌いまわしをよく研究しよう。
春日八郎の艶っぽいぶっきらぼうな歌を研究しよう。
.
.
「恋唄」

| |

« 【ご案内 「喫茶店JUNE たそがれ歌声音楽会」】 | トップページ | 小雨に煙る 元荒川 »

ライブ at JUNE」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【ご案内 「喫茶店JUNE たそがれ歌声音楽会」】 | トップページ | 小雨に煙る 元荒川 »