« 【元町(MOTOMCHI)】 | トップページ | 2020年11月 ライブ・音楽会予定 »

2020.10.30

初演 「元町 MOTOMACHI」

 

先日の「おーるどたいむ de ライブ 秋の陣」で初披露した時の演奏です。

  → https://youtu.be/kELTAYIFeck


小松崎健さんの美しいメロディに、子供のころこの街で過ごした想い出やイメージをのせて歌詞をつけさせていただきました。(健さんのライブ演奏を聴いてるうちに、その場で自然に歌詞がわいてきたのでした)

初演ということで緊張感バリバリ。
歌としてもこなれるまでにはまだまだ。
大切に歌い続け、少しずつ時間をかけて体にしみこませていきたいと思います。(まずはあさっての「アビーロード」でのステージで)

サポートのハンマーダルシマー(怜子さん)とニャンダル(一江さん)は健さんのお弟子さんたち。このところお二人には要所要所で「おーるどたいむライブ」をお手伝いいただいています。

写真を添付します。
歌詞のイメージの元となった景色。

 

 

9301036

 

 

 

 

 

  長い坂を下りながら 見おろす港
  白い船が光ってる 潮風の中

二十間坂から見おろす函館港。

白い船は青函連絡船・摩周丸。

 

 

  長い坂をのぼりながら 見上げる山
  杜の緑 空に映える 流れゆく雲

残念ながら歌詞のような写真が手元になかったが、夕暮れの函館山に雲が流れていた。

2020_10_26

 

 

 

 

 

 

 

  長い坂を横切りながら 目をやる教会
  鐘の音が響いている いにしえの街

昭和30年代に父が撮影したカトリック元町教会。
毎日3回、鐘が鳴り響きます。
元町は幕末から明治維新にかけて箱館戦争の部隊になったところでもあります。その頃から教会や大使館など諸外国の施設がありました。
鎖国の扉を開き、北海道開拓の礎となったいにしえの街。

Photo_20201030113801

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  二人歩いた坂道 夢をえがいた日々
  遠い思い出の彼方 いつかは帰る街

生家のあった青柳町から元町にいたる道。
子供のころの僕たち兄弟を父が撮影した写真。
この同じ場所で30年後僕は息子たちの写真を撮った。
さらに30年を経た昨年、孫たちの撮った。

明日に向かって一歩ずつしっかりと歩いて行けという願いをこめて 19571-3

|

« 【元町(MOTOMCHI)】 | トップページ | 2020年11月 ライブ・音楽会予定 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【元町(MOTOMCHI)】 | トップページ | 2020年11月 ライブ・音楽会予定 »