« 「喫茶店JUNE 日曜昼下がりライブ」を終えて。 | トップページ | おーるどたいむ de ライブ 2019年夏の陣 »

2019.09.03

朝市コンサート 記録

「朝市コンサート」
本日も恙なく終了しました。
ひところの殺人的暑さもも落ち着き、快適に歌い抜けることができました。

今晩の「おーるどたいむライブ」の予行演習も兼ねて全曲歌いました。
あ、市場という場所柄『蚊の歌』、『ハエ・ハエ・ハエ』は割愛😓

1部~2部合わせてトーク抜きで80分。いいところかな?
問題はおしゃべりがどれくらいになるか、予想が…。。。
今回は定年退職、北海道ひとり旅と話題に事欠かなくてね。

市場で歌って手応えを感じたのは汽車の歌、3部作でした。
汽車ぽっぽ~Old Black Choo Choo~退職の日。

特にOld black choo chooは高石さんの訳詞をベースにして、日本最後の営業運転についてつけ加えました。

おいらの最後の旅は北の国
室蘭から岩見沢の冬の道
雪をかき分けて走るおいら
最後のお勤めなのさ昭和50年

昭和48年まで毎日室蘭本線に乗って通学していた記憶。
この夏の炭鉱町巡り旅で見た古い駅舎。
そんなことが頭をよぎり気合いが入ります。

この歌、やぎたこが原語で軽快に歌ってます。城田じゅんじさんは淡々と歌ってます。どちらも好きなアレンジ。
でも僕は雪をかき分け、あえぎながら峠を登るイメージが強くて。

なんだ坂 こんな坂
なんだ坂 こんな坂
トンネル 鉄橋
トントントントン
トンネル 鉄橋
トントントントン
トンネル トンネル
トントントントンと
登りゆく

そんなイメージで歌うことにしてます。

そして『退職の日』。

公園のD51は退職した後
ほんのわずかばかりの
レールをもらって
もう動かなくなった

幕を下ろした蒸気機関車と30年前に退職した父親の姿と自分とを重ね合わせて歌いました。
おそらくこの組み合わせで『退職の日』を歌えるのは、今夜の「おーるどたいむライブ」が最後だろうなと思いながら。

「朝市コンサート」での予行演習。
歌やギターの精度を上げるといった技術的なものではなく、むしろ気持ちの部分を今一度確かめるものになりました。

|

« 「喫茶店JUNE 日曜昼下がりライブ」を終えて。 | トップページ | おーるどたいむ de ライブ 2019年夏の陣 »

朝市コンサート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「喫茶店JUNE 日曜昼下がりライブ」を終えて。 | トップページ | おーるどたいむ de ライブ 2019年夏の陣 »