« 2019年05月 ライブ・コンサート予定 | トップページ | 中島みゆき「夜会工場vol.2」を観て »

2019.04.30

おーるどたいむ de ライブ 2019春の陣

De-2019
今回の「おーるどたいむ de ライブ」はライブ活動の原点をふりかえることをテーマにしようかと思っている。
30代半ばから40代半ばのおよそ10年間、ライブハウス「ぶどうの木」(旧・あがれば)が僕の主な演奏場所だった。
「ぶどうの木」でのライブで僕は様々な試みをしてきた。
.
2時間の枠を歌い切り、しかもお客様に満足していただくということが最初に課せられた課題だった。
2時間というのは当時の僕にはとてつもなく長い時間だった。
歌う曲数は20曲から30曲は歌えなければならない。
まずしっかり歌える曲数を増やさなければならない。
次に2時間歌い切る喉と体力がなければならない。
そのうえで飽きさせないステージ構成にしなければならない。
.
体力作りのため毎日走りこんだ。
喉を作るため自己流だが発声練習に取り組んだ。
歌数を増やすため、過去自分が通り抜けてきた歌の数々を弾き語れるようにした。
こういったことは毎日の積み重ねだった。
.
ライブ1か月ほど前からステージ構成について思いを馳せながら走るようにした。
2時間歌いとおし、かつ何らかの意味を感じてもらうために意識したことがある。
それはライブのテーマを作ることだった。
全体のテーマを決め、1部と2部にそれぞれ小テーマを決めた。
全体テーマの下に小テーマは位置づけられる。
小テーマはそれぞれ違った切り口だがなにがしかの連関性を持たせる。
.
次にテーマに関連する歌をリストアップしステージ構成を作る。
歌だけでは足りないところ、つながりにくいところはトークで補う。
トークも事前に台本をつくり綿密に組み上げた。
.
実際のライブもいろんなスタイルを試みた。
たとえば「フォーク寄席」と称してお客様を巻き込むやり方だったり、
逆に組み上げたストーリーを台本通り演じる「物語ライブ」だったりした。
.
一方でゲストプレーヤーと20分ほど共に演奏するコーナーを設けた。
中根正之君、南原和博君、吉田政美君や
狂童プリンターズ(宮下君、片岡君、中根君)という共同印刷の仲間たちとのコラボレーション。
さらにはオカリナアンサンブル・かざぐるまとしての演奏。
これらはステージに変化と刺激を生み出してくれた。
.
「ぶどうの木」での10年間の試みは「産みの苦しみ」ではあった。
でもそれ以上に大きな財産になっている。
それらのすべてが原形として今現在の僕のライブスタイルにつながっている。
.
今回「ぶどうの木」のママさんがライブに来てくださるそうだ。
お会いするのは十数年ぶり。
彼女への感謝をこめ、
そしてその後の足跡を感じていただくため
2部は「ぶどうの木」時代によく歌ったものをやろうかと思っている。
中には「ぶどうの木」が店を閉めてから20年歌わなかったものもある。
このタイミングで今一度原点をふりかえり、あらためて見直し、歌いなおす。
いいチャンスだと思う。

|

« 2019年05月 ライブ・コンサート予定 | トップページ | 中島みゆき「夜会工場vol.2」を観て »

おーるどタイム de ライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2019年05月 ライブ・コンサート予定 | トップページ | 中島みゆき「夜会工場vol.2」を観て »