« 2018年 歌いおさめ その① 「お好み焼きの三貴ライブ」 | トップページ | 2018年歌いおさめ その③ 「喫茶店JUNE 日曜昼下がりライブ」 »

2018.12.24

2018年歌いおさめ その②「朝市コンサート」

年内最後の「朝市コンサート」。

.
早朝の市場はこの季節にしては比較的暖かくおだやかだった。
年の瀬とあってかお客様の数はやや多め。でも以前のにぎわいからは程遠い。
いつも隣りでやっている福引は今日はお休み。
魚屋さんの冷凍マグロを切るチェンソーの音も響いていない。
静かな越谷市場だった。
.
昨夜の「お好み焼きの三貴ライブ」の余韻と疲れ、そして寝不足は残ってる。
静かに、静かに歌い始める。
セッティングはコンデンサーマイクを1本立て、ギター音も歌も拾うことにする。
距離は1メートル弱のオフマイク気味。
直接の音を拾うのではなく、ギター音と声がまじりあう空気感のある音を拾う。
スピーカーの向きも音が天井に当たる角度にした。
今日のような静かな日には広い市場にふんわりとまわるイメージの音がいいような気がした。
.
市場で歌う時「目は半眼に」ということを意識している。
場内を行きかう人たちに歌う「朝市コンサート」。
絶えず動いている人たちを目で追うことはできない。
だから「市場の空気のようになる」ことが大切なんだと思う。
こけおどしのような歌や、奇をてらう派手なアクションはそぐわない。
それには「目は半眼に」という感じが一番しっくりくる。
.
いつもの買い物客の皆さんは歩き回りながら会釈をしてくれる。
歌に合わせて体をゆすりながら通りぬけていく方もいる。
いつもの「朝市コンサート」と変わらぬ光景が展開されていく。
僕にはそれがうれしい。
特別なことはなにも起きない。
市場開放デイのごくごくあたりまえの景色。
それこそが「市場の風物詩」たることのように思える。
.
いつものように歌い、いつものように会釈を交わし、いつものように時折いただくリクエストにお応えする。そしていつものように歌い終えるころお客様の姿も見えなくなっている。
.
今年も無事に歌い終えることができた。
.
そんな安堵感と静かな満足感で2018年の「朝市コンサート」を〆ることができた。

|

« 2018年 歌いおさめ その① 「お好み焼きの三貴ライブ」 | トップページ | 2018年歌いおさめ その③ 「喫茶店JUNE 日曜昼下がりライブ」 »

朝市コンサート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14463/67516360

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年歌いおさめ その②「朝市コンサート」:

« 2018年 歌いおさめ その① 「お好み焼きの三貴ライブ」 | トップページ | 2018年歌いおさめ その③ 「喫茶店JUNE 日曜昼下がりライブ」 »