« 2018年歌いおさめ その②「朝市コンサート」 | トップページ | 2018年 歌いおさめ 番外編 »

2018.12.24

2018年歌いおさめ その③ 「喫茶店JUNE 日曜昼下がりライブ」

年内最後のレギュラーライブは「喫茶店JUNE 日曜昼下がりライブ」だった。

お客様数組の静かな静かなライブだった。
同じ通常営業中のライブとはいえ、一昨日の「お好み焼きの三貴ライブ」の喧騒がまるでウソのように感じられる。
じっくり歌うことにした。
.
通常営業中の喫茶店。
お客様はこれからライブが始めることも知らずにお茶を飲んだり、会話をしたり。
ここでもまずはお客様の邪魔になるようなステージは禁物だ。
静かに歌い始め徐々に場の空気になじんでいくところから始めている。
ギターはオール・マホガニーのマーチン。柔らかい音色がお店にマッチする。
もちろんここでは完全生音が似合っている。
.
今回はクリスマスソング(ホワイト・クリスマス、ブルー・クリスマス)から始める。
最初からお客様の食いつきはいい。
トークを交えての井戸端ライブにできそうな感触をつかむ。
.
一部は冬の歌を集めた。それもできるだけ失恋ソングは避ける。(冬の歌は失恋ソングやさみしい歌が多い)
寒い冬の中で、ほっと心があったまるような歌を多めにチョイスした。
.
トークもいい感じで挟むことができた。
しゃべりすぎず、必要最低限のトークが初めてのお客様には適当だ。
それでもトークに対するリアクションを返していただける。
.
1部は控えめの演奏、控えめのトークで静かにしっとりと終始した。
これはこれで気持ちがいいものだ。
.
.
2部はカントリーソングを集めた。
お客様の中に平山さんが見えていた。
平山さんと初めてお会いしたのは15年ほど前。
平山さんはシルバーワゴンというカントリーバンドのライブを企画した。
僕はその時ゲスト出演させていただき何曲かカントリーソングを歌わせていただいた。
僕と喫茶店ジュンさんとの出会いでもあった。
そんなこともあり、2部はすべてカントリーソングにした。
ハンク・ウィリアムスやウィリーネルソンなどを歌いながらトミ藤山さんの歌も何曲か入れた。
以前、トミさんもこのお店でゲストでお招きし、歌っていただいたこともあった。
「I Just Love To sing」や「Lonely Together」などを歌う。
まるまる1時間をカントリーソングでまとめるステージは久しぶりだ。
やはり気持ちがいい。
トークも舌好調だった。
歌の内容を語り、それを身近な話題につなげていくというやり方がカントリーを歌う時の僕のやり方だ。「身近な話題につなげる」というのがキモだ。歌の内容解説だけでは何となく遠くの国の物語に感じられる。それを日本で暮らす日本人に身近な話題と結びつけることで生き生きとしてくるような気がする。
お客様の中に若いカップルがいた。
「I'll Hold You In My Heart」を歌う時、遠距離恋愛を話題にした。
今ではメールやラインや電話で遠距離でも比較的簡単につながることができる。
でも以前は手紙くらいしかそのすべはなかった。
というよなことを話していると、カップルが食いついてきた。
.
「私たちも遠距離恋愛なんですよう」
.
聞くと彼女は今アメリカに住んでいるとのことだ。だから年に会えても2回程度。
ここから話がふくらんだ。
話の流れから「テネシー・ムーン」や「わが心のジョージア」へとつながっていく。
そして最後は「Take me Home Country Lord」へ。
.
「喫茶店JUNE 日曜昼下がりライブ」ならではの展開で、今年のライブをすべて締めくくることができた。
いい1年だった。

|

« 2018年歌いおさめ その②「朝市コンサート」 | トップページ | 2018年 歌いおさめ 番外編 »

ライブ at JUNE」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018年歌いおさめ その③ 「喫茶店JUNE 日曜昼下がりライブ」:

« 2018年歌いおさめ その②「朝市コンサート」 | トップページ | 2018年 歌いおさめ 番外編 »