« 大塚博堂という歌手 | トップページ | マイ自転車 レッドアロー号 マイナーチェンジ »

2018.04.12

あすなろ山の会・土俵岳お花見山行

あすなろ山の会・土俵岳お花見山行。
毎年4月の今頃、会員たちは土俵岳を目指していろんなコースから登る。
かれこれ50年以上も続いてる恒例の山行だ。
最も若手の僕も参加し始めてもう35年近い。

最初の数年は稜線上を走るように登るスピード登山だった。
次の十年ほどは60リットルザックにテント、食料、水を詰め込んで子連れ山旅だった。
子供たちが成長しそれぞれの道を歩き出してからはギターやケーナが相棒となった。
やがて山の上のミニミニコンサートが定着した。

還暦を過ぎた頃から年々きつくなってきた。
脊柱間狭窄症になってからますますきつくなっている。
今回は最低限の荷物で登った。

しかし最若手としては泣き言も言えない。
先輩たちは長年の山歩きで満身創痍の状態にもかかわらず、毎年登っている。
最長老はすでに齢80をとうに越えている。
大先輩たちの介護担当を自認している以上泣き言は言えん。

きつい登りだったが土俵岳の山頂の心地いい風に癒された。

痛みをだましだまし下ったが山里の景色が心なごませてくれた。

サプライズがあった。
山里に住むご夫婦が、僕らの下山の時間に合わせて山菜の天ぷら、地元の料理を用意し待ちかまえていた。
見ず知らずの僕らに料理をふるまってくれるなんて、ありえないことだよね。
ビールまでごちそうになった。
驚くやら、うれしいやら。

お花見山行50年の歴史の中でこんなサプライズは初めてのこと。
来年は埼玉の土産を持参しての土俵岳お花見山行になりそうだ。Fb_img_1523542612823


Fb_img_1523542602098

Fb_img_1523542621318


Fb_img_1523542625453


|

« 大塚博堂という歌手 | トップページ | マイ自転車 レッドアロー号 マイナーチェンジ »

あすなろ山の会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14463/66604053

この記事へのトラックバック一覧です: あすなろ山の会・土俵岳お花見山行:

« 大塚博堂という歌手 | トップページ | マイ自転車 レッドアロー号 マイナーチェンジ »