« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017.12.31

過行く2017年をふりかえる

今年も1年越谷を中心に歌ってきた。
レギュラーライブと位置づけてきたのは「朝市コンサート」(月2回)と「お好み焼きの三貴ライブ」(月1回)。
季節ごとに「おーるどたいむ de ライブ」を4回。
そして函館の特別養護老人ホーム・旭が丘の家で数回の「Martin古池の歌謡ショー」を数回。
みんなで歌う「歌声音楽会」もすっかり定着した。
毎月「おーるどたいむ」で同年代の人たちと、人生の先輩方と「デイサービス・さんすまいる」で隔月。
加えて長年やってきた「八ヶ岳・森の音楽会」、「Live in 清津峡」は大切な年中行事。
他にお声をかけていただき数回出演させていただいた音楽会もいくつかある。(プール平音楽会、アシベライブ、チャリティコンサート等々)
他にプライベートな出前ライブもいくつかやらせていただいた。
今年もコンスタントに毎月4~5回歌わせていただいた。
今の自分の生活パターンの中ではこれが精いっぱい。
「喫茶店JUNE 日曜昼下がりライブ」を復活させるだけの時間的、肉体的、精神的余裕は残念ながらなかった。
しかしながらコンスタントに歌い続けることは自分にとってはいい影響をもたらしてくれている。
「朝市コンサート」や「お好み焼きの三貴ライブ」は不特定多数のお客様と時間・空間を共有するスタイルなので、瞬間瞬間に対応し1曲ごとの勝負になる。
一つ一つを丁寧に演奏しなければならず、歌やギターの技術を維持・向上させることにつながった。
歌声音楽会で僕は主役ではなく「水先案内人」。
参加者の思いつかれる歌の数々は忘れていたものを思い出させていただくいいチャンスになっている。
それは「おーるどたいむ de ライブ」や「旭が丘の家・Martin古池の歌謡ショー」に反映されている。
おーるどたいむライブや歌謡ショーでは自分の思いを存分にやらせていただくことになる。
その時々の思いをテーマに歌やトークで形にしていく。
歌声音楽会で触発されたことは肉付けされ、テーマの中に位置づけられていく。
そして「森の音楽会」や「Live in 清津峡」、お声をかけていただけき出演したライブは20~30分ほどの短時間ステージでも起承転結(あるいは序破急)で小さなテーマにまとめ上げていくという勉強をさせてもらっている。
コンパクトに仕上げていくことができなければ1~2時間の長時間ステージで肉付けしていくことなどできるものではない。
贅肉だらけの冗長なライブほどつまらないものはない。
長時間ステージといっても小さなテーマの積み重ね。その結果大きなテーマに収束していくものだ。
この1年、いいリズムで各ライブを積み重ねていくことができた。
その結果として12月に年内最後のライブ「おーるどたいむ de ライブ」と「旭が丘の家・Martin古池の歌謡ショー」につなげることができた。
技術面でも新しい試みをしてきた。
「ピアニシモを生音でちゃんと届ける」とうことだ。
以前から「生音」ライブにこだわってやってきた。
これまではギターも声も大きな音を出すことに腐心してきた。
考え方を変えた。
最低音量の音をしっかり出せれば、充分に聴衆に届けられるのではないか。
それができれば100%のパワー使わなくても強い音を強い音として感じてもらえるのではないか。
最大音は隠し玉としてここぞという時に使えるのではないか。
そう考えたのだ。
僕が歌う場は決して大きくはない。
お客さんの数も20~30人。
しかも一人で弾き語りというスタイル。
そういう条件ならば可能ではないかと思った。
まず最低音をしっかり出せるように稽古した。
体の中に気をため込み圧縮する。圧縮された気を音として絞り出す。
それも体の中でその音を自然に反響させることを意識しながら。
以前トミ藤山さんに教えていただいた「呼吸法」が大いに役立っている。
また昔の相棒、吉田政美君の唱法を参考にさせてもらった。
同時にギターの音を抑える練習をした。
抑えた音でもスカスカにならず力のある音をきれいに出せるように腐心した。
右手はピックの持ち方、弦への当て方、手首の返しと支点の肘の関係をあれこれ試した。
左手は手の小さな僕でもより自由に動かせるようにするためにネックを握りこまずともちゃんと抑えられる位置を探した。
自然にそれらができるようになるにはまだまだ時間がかかりそうだが、少しずつ結果が出てきているように思う。
最後に暮らしと音楽の関係について。
今年は様々なことがあった。
高校の同級生たちと初めての「大人の修学旅行」をやり、そのことが自分が音楽を始めたころに引き戻してくれた。
定年を迎え、「現役」から引退した。まだ仕事は継続しているが、この先の自分の生き方を考えるチャンスを得た。
長男に二人目の子供ができ、新しい命に接することができた。
反面年老いていく母の姿を見つめる時、「生命」についていやおうなしに考えることとなった。
これまでどう生きてきたのか。今をどう生きているのか。そして明日からをどう生きるのか。
考えるともなく考えてきたこと。それらはライブのテーマや選曲に反映していった。
自分にとって音楽は日々の暮らしを写す鏡であることを強く意識した。
それは自分自身の問題であると同時に、多くの人と共有できることでもあるのではないか。
そんな思いがより強くなった1年だった。
これまで生きてきたこと、歌ってきたことが徐々にだが重なり合い意味を持ち出した。
そう感じられる1年だった。
忙しい、結構大変な1年だったが、納得いく1年になったように思う。
たぶん来年も同じようにしながら過ごしていくのだろうと思いながら2017年最後の夜を過ごしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.17

【記録】 おーるどたいむ de ライブ 2017 年の瀬ひとり旅

Photo

普段はゲストプレーヤーをお招きし、2組でお届けする「おーるどたいむ de ライブ」。

今回は年の瀬ということもあり、1年をふりかえりながらじっくり歌うことにした。

名付けて「年の瀬ひとり旅」。

この1年もいろんなことがあった。

出会いと別れと再会と。そして仕事では2回目の定年をむかえた。

それをふりかえりながら歌い進めることにした。

1部は今年亡くなった友人、「函館のおぢさん」をしのんだ。

彼の店・こだるま食堂で数年前の冬にライブをやった。その再現ステージだ。

くしくも初めてお会いするKさんが足を運んでくださった。彼女は「函館のおじさん」や先に亡くなった「バガーマンさん」を通した共通の友人。ネットを通して親交があったが、初めてお会いすることとなった。

函館のおぢさんやバガーマンさんへの供養と思いながら歌いすすめた。

風来坊~オープニングトーク

恋人たちのペイブメント

街の灯

雪化粧

外は白い雪の夜

さようなら(NSP)~さよなら(オフコース)

大空と大地の中で

2部は3本柱にした。

男の子 女の子~拝啓大統領殿~オープニングトーク

春にやった定山渓温泉での室蘭東高校の同期会(大人の修学旅行)を1本目のモチーフ。

高校時代プロテストフォーク派だった自分は吉田拓郎派の同級生とちょっとした対立があった。僕にとっては反戦フォーク絶対だったが、拓郎は「青春の詩」でそれを相対化した。

フォークソングにしびれちゃって
反戦歌を歌うこと
ああ それが青春

僕は拓郎とそのフリークの同級生に反発していた。

年を重ね、人生いろいろということも分かるようになり拓郎を受け入れられるようになっていく。

定山渓で僕たちは一緒に拓郎を歌っていた。45年の時間を感じながら。

一方で同期会では幼き恋と失恋の想い出がよみがえった。

当時傷心の思いで聴いていた井上陽水のアルバム「氷の世界」からも何曲か歌った。

いつのまにか少女は~おやすみ

小春おばさん

テネシームーン

2本目の柱は2回目の定年を迎える直前リフレッシュ休暇で青森を旅したこと。

函館に住んでいた僕にとって青森は津軽海峡を挟み近くて遠い場所だった。一度しっかり歩いてみたかった。そこで感じたことは津軽弁が函館弁(特に浜言葉)の近さ。

おそらくその昔海を渡って函館に渡り住んだ人たちが残した言葉だろう。自分の北海道人としてのルーツを深く感じる旅だった。

愛知県知多半島から海を渡り函館に移住した若干19歳の祖父、18歳の祖母を思いながら何曲か歌った。

八戸小唄

移民の夢(with ハンマーダルシマー)

変調 ソーラン節

函館物語

そして3本目の柱は先日生まれたばかりの二人目の孫との出会い。

生命(いのち)

あすなろの歌

エンディングトーク~街(with ハンマーダルシマー)

.

.

今回いくつかの試みをした。

その一つはあえて音量の小さいギターを使用して生音で演奏する試み。

加えてその状態でピアニシモを再現してみたかった。

これまでも「おーるどたいむ de ライブ」ではマイクを使わなかった。(使ったとしてもコンデンサーマイクを1本立てオフマイク気味に補助的なものだった。)

音量をかせぐために大きな音の出るギターを使ってきた。ギターの音量に合わせるため声も張り気味に歌ってきた。

けれどもおーるどたいむで何度もライブをやるうちに抑えた音でも充分に伝えられると感じ始めた。

ならばいっそのこと最低音量でトライすることにした。

使うギター3本のうちわけは次の通り。

1.ノースウッド(音量豊かな普通のギター)

2.エドワーズ(ボディの厚さが普通のギターの3分の1のスチール弦ギター)

3.マルチネス(ガットギターだがボディは通常の半分程度)

ボディの薄い2.3.ではもちろん音量は出ない。

強く弾くと音は濁る。

あえてやわらかいタッチで弾くことを心がけた。

音量豊かな1.も同じタッチで弾くようにした。

そうすることで相対的に強く響かせ、ライブ全体の中でメリハリを作るようにした。

やわらかいタッチで弾くためにフラットピックの持ち方や弦への当て方を変えた。

過去45年慣れ親しんだ弾き方をあえて変えた。

トレーニングは新しい弾き方で速弾きの練習をくりかえした。(これは結構快感だった)

難しかったのは抑えた音量のギターに合わせて歌い方に工夫をする必要があったことだ。

声の芯を維持しながら声量を抑えるのは難しい。

イメージとしては腹の中で可能な限りパワーを圧縮し、声を出すときにパワーを開放するのではなく圧縮されたまま絞り出すというものだった。

声帯から直接口から出すのではなく、頭蓋骨の中を一周させ後頭部から出すということを意識した。

そのためにこの1か月腹筋運動に精を出した。(その甲斐あって腹囲が3センチほど減るという副産物もあった)

イメージ通りの演奏にはまだほど遠いが、手応えは得ることができた。

なによりもピアニシモでもちゃんと客席まで届くことがよく分かった。

人間の生身の声、ギターそれ自体の音をもっと信じていいということを体感できたことが最大の収穫かもしれない。

ほかにもいくつか新しいことにトライした。うまくいったものもそうでないものもある。

これからのライブで精度を上げていき、意識せずとも自然にできるようになっていきたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.12

2017年12月 ライブ・コンサート予定

12月09日(土)  朝市コンサート

時 間   8:30~10:30
場 所   越谷市場
         地 図   

越谷の台所「越谷市場」で毎月第2、第4土曜日

12月は第4土曜日は旗日のため市場開放デイはお休みで、「朝市コンサート」もありません。かわりに函館で歌ってきます。

.

.

12月10日(日)  歌おう! 弾こう! うたごえフォークソング

時 間    14:00~17:00
場 所    Live cafe おーるどたいむ
         水先案内人(司会&伴奏) Martin古池

壮年歌声音楽会
いい演奏を聴くのも音楽の楽しみ
好きな歌を歌うこともまた音楽の楽しみ
歌いたい人も楽器で参加の人も一緒に楽しくやりましょう!.

201712

.

.

 

12月15日(金)  お好み焼きの三貴ライブ 

時 間    20:00~23:00
場 所    お好み焼の三貴
         https://www.hotpepper.jp/strJ000181914/map/

通常営業中のライブです。ご自由にご飲食、おしゃべりをお楽しみください。
お供にMartin古池の歌をいかがですか。

.

.

12月16日(土)  さんすまいるコンサート

時 間   10:00~11:00
場 所   デイサービス さんすまいる
        東武スカイツリーライン 蒲生駅 西口 徒歩2分
        HP http://sansumairu-corp.hp.gogo.jp/pc/free4.html

2か月ごとの熟年歌声音楽会。音楽は演じるだけではなく、聴くだけのものでもない。
皆で歌い、語り合いながら共に楽しむものってことを教えられる音楽会です。

.

.

12月16日(土)  おーるどたいむ de ライブ 2017 
           年の瀬ひとり旅


時 間   18:00 開場  18:30  開演
場 所   ライブカフェ おーるどたいむ
         東武スカイツリーライン 北越谷駅 東口
         徒歩10分 越谷郵便局の目の前
          Live cafe おーるどたいむ
出 演   Martin古池
木戸銭   1000円 (他にご注文もお願いいたします)

De_2017

今回はゲストプレーヤーなし。一人でじっくりとこの1年をふりかえりつつ歌います。
題して「年の瀬ひとり旅」。
2017年は僕にとってどんな年だったんだろう。
高校の同窓会が定山渓で行われました。大人の修学旅行。
ここで再会した同級生たちと歌いました。あの頃のように。
自分の音楽の原点をふりかえる大きなきっかけになりました。
初夏には職業人として2度目の定年。
そして秋には二人目の孫ができ。。。
なんだかんだと盛りだくさん、かつ深い1年だったように思います。
そんなことごとをふりかえりながら歌います。

.

.

12月23 日(土)  函館・旭が丘の家コンサート

時 間   10:30~11:30
場 所   函館・特別養護老人ホーム 2階ホール
          

★帰省の時のお約束。特養のご老人たちとMartin古池の歌謡ショー。
ここでのコンサートは自分の20年、30年後の音楽シーンを考えるとき、毎回大きなヒントをいただけます。

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »