« 高校生の頃 | トップページ | 「朝市コンサート」 »

2017.01.14

レッドサン

「レッドサン」

映画館で観たのは45年ほど大昔。
高校2年生の時だった。

その時はブロンソンの渋さと、三船のカッコ良さにしびれた。
利害の違う二人。
生き方の違う二人が対立をはらみながら協力しあう。
やがて互いを認めあい、生じる友情めいた感情。
しびれた。

あらためて見直し当時は分からなかったものが見えてくる。

忠義のために生きる武士もいずれその生き場所を失っていく。
己の力のみを頼りに生きるガンマンもいずれ・・・

滅びゆくものへの哀隣の情と美学。
「レッドサン」の底流にはそんなものが流れているような気がする。

高校生の僕はうまく言い表せなかったが、「滅びゆくものへの美学」に感じるものがあったんだと思う。

今あらためてそう思う。

|

« 高校生の頃 | トップページ | 「朝市コンサート」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14463/64759838

この記事へのトラックバック一覧です: レッドサン:

« 高校生の頃 | トップページ | 「朝市コンサート」 »