« 「場末のフォークシンガー」 | トップページ | 冬の初めの試み 「朝市コンサート」にて »

2016.12.02

「朝市コンサート」での試み

今日の「朝市コンサート」での試みのひとつ。

今シーズン初演の「函館物語」にアドリブのバースをつけた。

東海の小島の磯の白砂に...
我泣き濡れて 蟹とたわむる


函館の青柳町こそ哀しけれ
友の恋歌 矢車の花

そう、啄木の歌。
これをアドリブのメロディーにのせて歌う。
アドリブだから毎回違う(予定)。

ポイントは啄木の歌の哀感を損なわないこと。
本編の函館物語にスムーズにつながること。
といいつつも同じリズムパターンにしないこと。

初演はなんとかいい感じにおさまったように思う。
この夏からあたためてきたアイデアだからね。
問題はこの後何度か歌うであろう「函館物語」。毎回アドリブメロディーが浮かぶのか。

自分の長年やって来たことのデキを試す。
さて春にどんな評価がくだせるか。

|

« 「場末のフォークシンガー」 | トップページ | 冬の初めの試み 「朝市コンサート」にて »

朝市コンサート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「朝市コンサート」での試み:

« 「場末のフォークシンガー」 | トップページ | 冬の初めの試み 「朝市コンサート」にて »