« 2016年03月のライブ・コンサート予定 | トップページ | 快感! 反復稽古 ワザは体に叩き込め?  »

2016.03.04

「ひまわりの小径」

1972年。
高校3年生だった。

サッカーや音楽、演劇にうつつをぬかしながら、目の前に受験がちらつく落ち着かぬ日々。
頭の中を不安が掠めながら、そんな自分を打ち消したかった。...
「何のための学問ぞ!受験勉強は勉強にあらず」などとオダをあげていた。

チェリッシュの「ひまわりの小径」が流行ったのはそんなころだった。

   恋は風船みたい だからはなさないでね
   風に吹かれ 飛んでゆくわ
   たちどまる二人には かわす言葉もなくて
   恋はいつも 消えてゆくの

このフレーズがやけにしみたのを覚えている。

今思うと恋に破れ、満たされぬ思いをもてあましていたのかもしれない。
それを認めたくない自分がいて、「受験勉強は勉強にあらず」などと強がっていただけなのかもしれない。

ひさしぶりに聴いた「ひまわりの小径」。
18歳の自分を生々しく思い出した。

最近多いんだよな。
昔のヒット曲を聴きながら忘れていたことを思い出すことが。

「ひまわりの小径」の音源→https://www.youtube.com/watch?v=GR3nvR8xmxI

|

« 2016年03月のライブ・コンサート予定 | トップページ | 快感! 反復稽古 ワザは体に叩き込め?  »

音楽雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ひまわりの小径」:

« 2016年03月のライブ・コンサート予定 | トップページ | 快感! 反復稽古 ワザは体に叩き込め?  »