« 「おーるどたいむ de ライブ with my friends 2015秋の陣」 | トップページ | 「先生」 »

2015.10.27

旧・室蘭東高校を訪ねる

室蘭東高校・第8期生の同期会に出席のため20年ぶりに室蘭に帰った。

これまでは交通の便がいい札幌で開かれてきた。多くの同級生たちは室蘭を出て札幌などに根を下ろしている。僕のように内地で暮らすものにとっては札幌は都合がよかった。

もしかしたら、
この先室蘭に足を踏み入れることは
もうないかもしれない

そんな思いに突き動かされながら、学校のある鷲別駅で下車した。

生まれ育った函館や札幌にはこの先も行くことが多いだろう。

でも室蘭はなかなかそうはいかない。

だから何としても今回の同期会には出席したかった。

..

Photo

我が母校、旧・室蘭東高校。

学校の名前も変わった。
校舎も建て替えられた。

...

あの日の面影は微塵もない。
今では他人の学校。

室蘭東高校は想い出の中だけに生きている。

寂しい思いで校庭に足を踏み入れる。
ここだけはあの日のまま。
いや、石ころだらけだったグランドはすっかり整備されている。
この土ならキーパー練習もおっかなくないだろうな。

ゴール前にたたずみ校庭を見つめる。
あの日の情景が甦る。
気がつくとゴールマウスの前でサイドステップを刻んでいた。
数えきれぬほどくりかえしたこの動き。
体は覚えてる。(重くて緩慢ではあるけどね)

Photo_2

ふと室蘭工大との試合の1シーンが甦る。あの試合はゴールキーパーとして一番納得のいく試合だった。
大学生の打つシュートをことごとく止めることができた。
いいイメージだけが残ってる。

次から次へとわいてくる思い出に身をまかす。

なにもかも変わってしまった。

けれど、思い出だけはあの日のまま。

汗を流した校庭
下手なギターを弾きながら歌った中庭
部室代わりに使っていたおんぼろバスに泊まりこんだ学校祭
汽車の時間に間に合わず、友人や先生の家に上がり込み話し込んだ日々
いたずらや悪さの数々
そして恋をしたあまずっぱく切ない思い出

我が心の「ガシ高」は不滅なり。

.Pa242246

誰もいない教室で泣いてたあの子

今ごろどこの空で 泣いているだろう

思い出を色でぬれば 明るい緑

思い出を絵にかけば 丘の上の校舎

  (丘の上の校舎)

| |

« 「おーるどたいむ de ライブ with my friends 2015秋の陣」 | トップページ | 「先生」 »

室蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旧・室蘭東高校を訪ねる:

« 「おーるどたいむ de ライブ with my friends 2015秋の陣」 | トップページ | 「先生」 »