« あらためてご案内 「おーるどたいむ de3 ライブ」 | トップページ | 今年もよろしくおねがいいたします。 »

2014.12.29

2014年の音楽活動をふりかえって

年間を通したライブ・コンサートの回数は67回だった。
月に5~6回、あちこちで歌っていた計算になる。
これが多いのか少ないのかはわからない。
4~5年前には年間100回くらいやっていたことを考えれば減少傾向ともいえる。
1年間の浪人生活を経て再就職をしてから心身ともに、そして時間に余裕がなくなった。
それを考えればこれが精一杯ともいえる。
物理的に余裕が無くなったことが音楽活動の支障を与えていることは紛れもない事実。
ひとつに充分な稽古ができなくなった。
充分な稽古ができないということは新しい歌を覚えられないということにつながる。
ひとつひとつのライブに充分な準備をして臨むこともできなくなった。
たしかにそれはマイナスな要因だと思う。
けれど必ずしもマイナス要因だけというわけではないと思っている。
新しい歌を覚えられないけれど、その代わりに長年歌ってきた歌を大切に歌えるようになった。
以前からのアレンジを踏襲しながらも、精度を上げることが出来るようになった。
同じ歌でもアレンジを変えて歌えるようにもなった。
ひとつひとつのライブ準備は不充分でも、いくつかのライブをグループで捉えることが出来るようになった。
季節ごとに期間を区切ってその間のライブを一連のものと捉えるのだ。
たとえば一番自由度の高い「朝市コンサート」で季節のはじめの歌を歌う。
この時は従来のアレンジのままに歌う。長年慣れ親しんだ歌だからいきなり歌っても形にはなる。
次に「お好み焼きの三貴ライブ」などで別のアレンジに挑戦する。
それをベースにして「喫茶店JUNE 日曜昼下がりライブ」で仕上げる。
次の「朝市コンサート」では季節も巡っているから選曲を微妙に変えて同じことをくりかえす。
人間の細胞が少しずつ入れ替わっていくように、歌も少しずつ入れ替わっていく。
2~3ヶ月経つと季節が完全に入れ替わり、歌も入れ替わる。
新しいアイデアやアレンジは散歩をしていると自然にわきあがってくる。
湧いては消えるアイデアで記憶に残っているものを限られた稽古時間の中で形にしていく。
この1年でこういう流れが出来上がったことはプラス要因と考えてもいいんじゃないかと思う。
この一連の流れを円滑に進めるには今以上のライブ回数はとうていできそうにない。
僕はこの流れのことをライブ準備のPDCAサイクルとよんできた。
共同印刷在職時代に慣れ親しんだQC(品質管理)的思考方法だ。
Plan→Do→Check→Actionの頭文字だ。
プランを練って(稽古をして)→実践する(ライブ本番)→その出来を確認する→問題点の修正と良かったところ固める(稽古)
それをベースに次のプランをたてる→Do→・・・・。
今年は限られた時間なりに面白いようにPDCAの輪が回った。
気をつけたことがひとつだけある。
ライブは決して「品質管理」的な思考でははかれないということだ。
ライブの準備ではPDCAの輪をきっちりやったとしても、実際のライブ本番では流れに身をまかせるように心がけた。
お客さんとのキャッチボールを通して触発されるインスピレーション。
そこから生まれる「化学変化」こそがライブの真髄だと思うからだ。
だから予定通りに運んだライブはただの1回もなかった。
けれどライブ後の充足感は大きかった。
視点を少し変え、数字に見る今年のライブ活動の傾向を考えてみる。
年間67回のライブのうち85%は地元越谷近辺でのライブだった。
また70%は単独ライブだった。
もともと地元志向が強かったし、長年ソロ活動をやってきたわけだからその延長上にあると言ってしまえばそれまでだ。
多分レギュラーライブと位置づけている越谷市場でのコンサートやお好み焼き屋さんでのライブ、そして喫茶店でのライブ。
これらが活動の軸として完全に定着した。
そのことが大きな要因だと思う。
「朝市コンサート」や「お好み焼きの三貴ライブ」は今年10年目に入った。
「喫茶店JUNE 日曜昼下がりライブ」もまる5年になった。
レギュラーライブの準備でPDCAサイクルを回すことができたおかげで、それを基礎に他のライブに波及させることができたように思う。
「おーるどたいむ de ライブ」も年3回~4回で軌道に乗せることができた。
「デイサービス・さんすまいるコンサート」も隔月ですっかり定着した。
声をかけていただき参加させてもらう企画ライブはめっきり数が減った。
同じように友人たちのライブを観に行く機会も大幅に減った。
(不義理を重ねている音楽友達には申し訳なく思ってはいるが、物理的に余裕がなくご容赦を)
それでもたまに声をかけていただき参加する企画ライブではいろんなミュージシャンのステージに接することができる。
そこからいただく刺激は大きなものがある。
(参加回数が少なからこそ新鮮で、また勉強になる)
再就職後3年。
試行錯誤の末ようやっと今の暮らしの中でできる音楽活動の形が見えてきた2014年だった。
これが今年の最大の収穫だったように思う。
おそらく当分こんな感じの活動が続いていくんだと思う。(そうならざるを得ない)
今年還暦という節目を迎えることができた。
これまでの活動をベースにしつつも、ひとつステップアップできたように思う。
来年も螺旋階段のようにゆっくりと昇っていきたいものだ。

|

« あらためてご案内 「おーるどたいむ de3 ライブ」 | トップページ | 今年もよろしくおねがいいたします。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

すごいなあと思います。羨ましいです。何よりマーチンさんの歌に触れると、元気が出ますよ。相性かなあ?本当に今年はありがとうございました。また来年もよろしくお願いします。金田拓三

投稿: 金田拓三 | 2014.12.29 21:41

拓三さん。
今年1年、ほんとうにありがとうございます。
年の最後の最後に楽しくもちょっぴりさみしい忘年会。
心にしみました。

来年もまたいっそうよろしくお願いいたします。

投稿: Martin古池 | 2014.12.31 00:41

新年明けましておめでとうございます。

投稿: 金田拓三 | 2015.01.02 21:22

拓三さん。
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

投稿: Martin古池 | 2015.01.03 00:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2014年の音楽活動をふりかえって:

« あらためてご案内 「おーるどたいむ de3 ライブ」 | トップページ | 今年もよろしくおねがいいたします。 »