« 年に一度の「喫茶店JUNE サタデーナイト・ライブ」 | トップページ | 今週末は「第10回 Live in 清津峡」 »

2014.10.15

「さよなら いずみコンサート」の準備をしながら

Photo
「さよなら いずみコンサート」の準備を始めている。

30年前、「喫茶いずみ」でよく演った歌。
故・鶴岡マスターと二人で作った歌。
二人で演った歌。

次から次へと思い出され、とても1時間の枠では収まらない。

たくさんの歌から10曲くらい選び出さねばならい。

あれもやりたい
これもやりたい
この歌は欠かせない

楽しくも切ない作業だ。

当時は手書きで縦書きの歌詞カードを作った。

日本語は縦書きにしてこそ文字の中に情感が込められる。

それを思い出して縦書きの歌詞カードを作っている。

歌詞を打ち込みながら詩の世界に引きずり込まれ、胸がつまることもしばしば。

.

「案山子」を歌う鶴岡マスターに僕は激しく嫉妬したことを思い出す。

どんなにがんばっても、どんなに工夫してもマスターの表現力には届かなかった。

イケちゃん
歌は語りだよ
あんたは歌が上手いけど
それだけじゃ足りない
語るように歌い
歌うように語る

聴く人に語りかけるように歌うマスター。

頷きながら聴くお客さんたち。

僕には手も足も出ない領域だった。

.

あれから30年。

ちったぁ語るがごとく歌えるようになった。

そっちの世界でほめてくれよ、マスター。

あんたがそして僕が大切にしてきた「いずみ」でやる、最後のコンサート。

「あの頃」学んだ全てを出し切るつもりで臨むから。

| |

« 年に一度の「喫茶店JUNE サタデーナイト・ライブ」 | トップページ | 今週末は「第10回 Live in 清津峡」 »

ライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「さよなら いずみコンサート」の準備をしながら:

« 年に一度の「喫茶店JUNE サタデーナイト・ライブ」 | トップページ | 今週末は「第10回 Live in 清津峡」 »