« 函館日記 2014年 冬 旅の目的 | トップページ | 【知らなかった話 2】 握手 習慣の始まり »

2014.02.02

【知らなかった話 1】 結婚式の裏話

母は見事なまでに回復していました。
夏に帰省した時はただただ体の痛みだけを訴えるのみで、10分と話していられませんでした。
あいかわらずベッドに横たわったまま、自力で起き上がることすらできないけれど…
顔色もよくなり、痩せてしわだらけになっていた頬も張りが戻っていました。
そして、しゃべることしゃべること!

尽きることのない母の昔話につきあうことが最大の陣中見舞いと腹を決めました。
過去何十回も聞かされた話だけど、ぜいたくは言えないですもんね。
夏の弱り具合から考えると御の字!
...
そんな中で初めて聞く話がいくつかありました。
おそらく記憶がしっかりしているうちに話しておかなけれなばらない
そんな衝動に突き動かされたのかもしれません。
これは記録しとかないばなんない!
ぼくもじっくりと話につきあいました。
そんな話をいくつかシリーズで書き残します。



【僕の結婚式の時の話】

当時僕は家族は大切だが、家族制度は認めがたい。
したがって結婚式はしない
そう言い張っていて、周囲から猛反対を受けていました。
左翼的活動に身を投じていたころの話です。

結果的には身内だけの式を平服でやるということで妥協しせざるをえませんでした。



そんな折、母はカミさんに話したといいます。



あんたがたが平服で式をあげる分にはいい。
でもいずれ産まれてくる子供たちが将来結婚する時、
自分の両親の結婚式の写真がなかったらどう思う?

可哀想でしょ。
せめて写真だけでも撮っておきなさい



そう言って母は自分が結婚式で着たウェディングドレスを手渡したといいます。



何がどうしてどうなったかさっぱり覚えていませんが

あれだけ拒絶していた結婚式を身内だけで、しかもそれなりの格好で挙げることになります。


(このウェディングドレスはその後、妹が結婚式で着たと言っていましたが
妹の証言ではそんなことはないそうです。
おそらく思い込みも多少は含まれているんだと思います)


今回帰省の手土産に長男の結婚式の写真を持参しました。
これで両親、僕たち、そして長男と親子三代に渡る結婚式写真がそろいました。
おかげで「家族の歴史」を長男に伝えることができたかっこうです。


母の策謀のおかげとも云えそうです。

.


それにしても、そんな話……
チッとも知らなかった!

ほじくれば、まだまだいろいろ出てきそう。

Photo_2

自力で食べられるまで回復!

|

« 函館日記 2014年 冬 旅の目的 | トップページ | 【知らなかった話 2】 握手 習慣の始まり »

函館日記 2014年冬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【知らなかった話 1】 結婚式の裏話:

« 函館日記 2014年 冬 旅の目的 | トップページ | 【知らなかった話 2】 握手 習慣の始まり »