« 旭が丘の家 ボンジュール・コンサート | トップページ | 懐かしきトランジスタ・ラジオ »

2014.02.09

函館「こだるま」 なんとなくゲリラライブ

Photo

ネットを通して親しくしてもらっている友人が函館には数人います。

その中で僕よりも少し先輩になる食堂「こだるま」のこだますおぢさんから、
函館に帰ったらちょこっと歌ってけれやとのお誘いがありました。

じつは「こだるま」は数年間店を閉めていました。

今年に入り再開したばかり。

歌で花を添えるのもいいなと思い、大いにその気になりました。

実は再開なったこだるまで二つのライブが予定されました。

1月31日 ふるさと帰りのMartin古池・ミニミニ・ライブ。

2月3日  あがた森魚さんのゲリラ・ライブ。

僕としてはあがたさんの露払いの気分もありました。

なんってったってあがた森魚さんは僕の出た潮見中学の大先輩。

そのあがたさんと時こそ違え同じ店で歌えるのはうれしい話です。

Photo_2

こだますおぢさんはちょこっと不安があったみたい。

あがたさんはともかくMartin古池といってお客が来るのか・・・?

僕のライブを観たことないから、どんな雰囲気でどんなことをやるのかもわからないわけだしね。

だから、ちょっと弱気で

お客さんの様子みて、
行けそうなら数曲歌ってけれや

という感じでした。

.

.

いざフタをあけてみると・・・

知り合いのミッキーさん(赤帽子屋・店主)をはじめ
ミッキーさんやこだますおぢさんの仲間
興味を持ってきてくださった同年代の親子連れ、
帰省のたびにお世話になっているハイヤー運転手Hさんとその友人
フリーで来てくれた若いカップル
・・・

なんだかんだと集まってくれました。

僕にしてみると得意なシチュエーション。

こりゃ、数曲なんかで終われないヮ
様子見ながら、いけるまでいくべ

と、歌い始めました。

Photo_3

店内は木の壁で囲まれ生音ライブには絶好の作り。

例によって音数を減らしてさりげなく歌い始めます。

通常営業中のライブでは、この「さりげなく」ってのがキーポイント。

いきなりガツンとかますんではなく、そっと歌い始め店内の空気に同化していくのが大事。

お客さんと波長が合ってきたら少しずつパワーアップ。

いい感じでやらせてもらえました。

選曲は冬の歌から始まります。

薄暗い店内から眺める窓の外は降りしきる雪。

雪見ライブって、雰囲気があっていいなぁ。

そして後半はカントリーソングのオンパレード。

こだますおぢさんも、ミッキーさんもトミ藤山さんをリスペクトしてくれています。

てなわけでトミさんのアルバムの中からも数曲。

.

.

気がつけば(実は確信犯)1時間をかる~く超えるステージに。

吹雪の函館の夜。

忘れられないライブになりました。

Photo_4

こだるまに向かう電車を待ちながら、吹雪く十字街

 

|

« 旭が丘の家 ボンジュール・コンサート | トップページ | 懐かしきトランジスタ・ラジオ »

函館日記 2014年冬」カテゴリの記事

コメント

ネットで調べものしてたらこの記事に辿り着きました。

チョットご無沙汰してた間に、
まさか帰函されてて、こだるまでライブしてたなんて!

ぜひ行きたかった~・・・(泣)

それと、こだるまさん、再開したんですね♪
今度行ってみます(^^)/

投稿: oto | 2014.02.19 18:13

otoさん。お久しぶりでした。
最近余裕がなくmixiもご無沙汰気味です。
急な帰函ということもあり、ご連絡できませんでした。
今年は2ー3回帰ることになりそうなので、タイミングがあったらご一緒しましょう!

こだるまも再開したことだし、帰函がますます楽しみです。

投稿: Martin古池 | 2014.02.24 22:23

ぜひ♪
ご連絡お待ちしてます(^^)/

投稿: oto | 2014.02.25 11:52

otoさん。
よろしくです!

投稿: Martin古池 | 2014.03.02 14:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 函館「こだるま」 なんとなくゲリラライブ:

« 旭が丘の家 ボンジュール・コンサート | トップページ | 懐かしきトランジスタ・ラジオ »