« 2013年12月のライブ・コンサート予定 | トップページ | レギュラーライブとスペシャルライブ »

2013.12.08

【記録】 おーるどタイム de ライブ。 山本熱史さんと。

Photo

ライブ終え、一夜明けて小春日和の綾瀬川沿いにゆっくり、ゆっくり散歩をします。

大きなライブを終えた後の大切な儀式のようなもの。

歩きながら、ライブの一部始終を牛のように反芻します。

うまくいったこと、いかなかったこと
お客さんとのやり取り
共演してくれた山本熱史さんとのかけあい
オープニング・アクトのWindy Wagon
エンディング・アクトのおーるどタイマーズとのセッション

一つ一つを思い浮かべながら、思います。

楽しかったなぁ

.

.

5回目を迎えた「おーるどタイム de ライブ」。

毎回ゲストプレーヤーをお招きし、対バン形式でやってきました。

今回のゲスト・山本熱史さんとは対バン形式ではなく、
二人でおしゃべりをしつつ舞台を進めていくトーク&ライブ。

それぞれの音楽やギターとの出会いや、歩んできた道のりを語る。

エピソードにまつわる曲を歌ったり、演奏したり。

2人が共通して好きな音楽、カントリーミュージックが軸。

熱史さんはチェット・アトキンスの影響が強く達者なギャロッピング奏法で演奏します。

僕はブルーグラス・テイストの強いカーター・ファミリー・ピッキング。

互いの個性を引き立たせつつも、カントリーミュージックという共通項で結ばれている。

そんな感じのステージをめざしました。

Photo_2

.

うれしいことにたくさんのお客様が足を運んでくださりました。

「街角ライブ」時代、毎週のように来てくれていたMちゃん親子とそのお友達。
(当時高校生だった娘さんがすっかり見事なレディに成長していました)
「お好み焼きの三貴ライブ」に時々来てくださる方。
「喫茶店JUNE 日曜昼下がりライブ」のご常連Tさん。
数年来の音楽友達・あるさんや夢乃ちさこちゃん、そしてhiromiさん。
20年来お世話になっている楽器屋さんの店長やギター担当Sさん。
そしておーるどタイムのお客さんや常連さん。
清津峡仲間でもあるみやこちゃん。
妹は今回も来てくれました。
そして熱史さんも僕も師と仰ぐ、カントリー歌手・トミ藤山さん

おなじみの方々に囲まれて歌えるってのはありがたいものです。

多少わがままな選曲も許してくれますしね。

普段のレギュラーライブではまず居合わせたお客さんありきの選曲やステージ運びになります。そこから少しずつ自分の方向に軌道修正していくのがいつものパターン。

自分の好みの歌を最初っからメインにしてもオッケーってのは、めったにないだけにとてもうれしい。

.

アットホームな雰囲気に甘え、ちょいとおしゃべりが過ぎたきらいもありますが・・・
最後まで(長時間!)つきあってくださった皆様には感謝です。

そして応援に来てくださったトミ藤山さんが歌ってくださったのはうれしかったなぁ。

実は今回僕はトミさんの書かれた「Good Morning Sunshine」というヨーデル曲を歌いました。

ご本人の前で歌うのはとても緊張しました。
トミさんとの出会いのおかげでいろんなことを学ばせていただいている。

その感謝とリスペクトを込めてどうしても歌いたかったんです。

.

2回目の熱史さんとのトーク&ライブ。

とても楽しいひとときでした。そしてまだまだ手探りのライブ・スタイル。

またいつかどこかでやれればいいなぁ。

その時はさらにこなれたものになっていくように思います。

1425591_551987964887582_369231056_n
妹が撮影してくれた写真です。
中央右はトミ藤山さん。
右下はエンディング・アクト。おーるどタイマーズとのセッションで「さよならが云えない」

Windy_wagon

オープニング・アクトはWindy Wagon(熱史さんとたまさん)

Photo_3
ライブを終えてトミ藤山さんと。

|

« 2013年12月のライブ・コンサート予定 | トップページ | レギュラーライブとスペシャルライブ »

おーるどタイム de ライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【記録】 おーるどタイム de ライブ。 山本熱史さんと。:

« 2013年12月のライブ・コンサート予定 | トップページ | レギュラーライブとスペシャルライブ »