« 冥土の土産 | トップページ | うすぐらき 湯の宿にひとり ギターつま弾く »

2013.04.07

うすぐらき 湯の宿にひとり ギターつま弾く

来週の土俵岳(笹尾根)の山行計画ができた。
山行計画を立てるなんて何年振りだろう。

毎年恒例の土俵お祭り山行。
ここ数年はギターだけかついで、お気楽コースを登っていた。

今年はちょっと反省。
久しぶりに稜線をミニ縦走することにした。
といってもやはりお気楽縦走。
数馬に宿をとり、早朝尾根に取りつく。
高低差の比較的少ない数馬峠から土俵岳(日原峠)をめざして稜線散歩。
荷物はギターと水(ビール)と弁当のみ。
余分なものはいっさい持たない。

思えば昔は小学生だった子供たちを引き連れ、
でかいザックにテント、シュラフ、食糧、水を詰めこんで担ぎ上げていた。
あの頃の体力はなんだったんだろうね。
単独の時もツェルト(簡易テント)ひとつで夜中にカモシカ山行。


     宿に泊まるなんて堕落だ!


当時は真剣にそう思ってたんだからね。


宿泊まりの山歩きは生まれて初めての経験。
山里の宿でひとり過ごす静かな夜がとても楽しみ。
わくわくしている。
「堕落」もまたよし。


薄暗い湯の宿でギターつま弾くなんて、、、
想像するだけでロマンチックだよね。

http://www.yamareco.com/modules/yamainfo/showmap_ge.php?lat=35.693277786045&lon=139.08467210835&ptid=14248&name=%C5%DA%C9%B6%B3%D9

|

« 冥土の土産 | トップページ | うすぐらき 湯の宿にひとり ギターつま弾く »

あすなろ山の会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うすぐらき 湯の宿にひとり ギターつま弾く:

« 冥土の土産 | トップページ | うすぐらき 湯の宿にひとり ギターつま弾く »