« 【御礼】草加ふささら祭り・歩行者天国ミニライブ | トップページ | 函館の老人ホーム・旭が丘の家レジダント・コンサート »

2012.11.10

いろんなスタイルの音楽

先日の草加のお祭りで感じたこと。

14組もの人たちが競演。
いろんなスタイルの音楽を楽しませてもらった。
たんにジャンルのことだけではない。(無論ジャンルもからんでくるだろうけど)
お客さん=聞いてくれる人にどういう接し方をするかということだ。
あるグループはじっくりと聴いてもらうという姿勢を貫いた。
ある人はオリジナル曲を中心に自分の世界を展開した。
またある人はそこにいる人に寄り添うように歌った。
それぞれにみんないいなと思う。
演奏者としての自分の立ち位置はそれぞれに違う。
自分=個が前面に出ていたり、街や喧騒と同化するように個を消していたり。
立ち位置は様々。
ふりかえり自分の立ち位置はどうなのかと考えてみる。
よくわからない。
その時々でころころ変わっているようにも思えるし、いつも変わりばえしないような気もするし。
どうでもいいことなのかもしれないが、なんとなく気になっている。
こんな境地でありたいとは思うのだが。
.
.
いい役者は演技していることを感じさせない。
いかにも演奏しています、いかにも歌っていますでは駄目なのだ。
歌うことがごくごく自然でありたい。
僕の心ではなく、聴く人の心を映し出す鏡になりたい。
(早川義夫)

|

« 【御礼】草加ふささら祭り・歩行者天国ミニライブ | トップページ | 函館の老人ホーム・旭が丘の家レジダント・コンサート »

音楽雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いろんなスタイルの音楽:

« 【御礼】草加ふささら祭り・歩行者天国ミニライブ | トップページ | 函館の老人ホーム・旭が丘の家レジダント・コンサート »