« 第14回 八ヶ岳・森の音楽会 2012 | トップページ | 2012年09月のライブ・コンサート予定 »

2012.08.27

楽しくも学ぶことの多かった「アコースティックな午後」

音楽活動を介した友人、山本熱史さんが主宰する音楽会「アコースティックな午後」で歌いました。
大宮駅西口から徒歩10分ほどのところにある「B+」(ビープラス)というお店でした。
機材一式、ギター、キーボード、ドラムセットまでそろった立派なお店です。


   自分の演奏を大切な人に聴かせたい。
   演奏を通して音楽仲間を作りたい。
   そんな熱い音楽好きが集うアコースティックな午後も第3回を迎えることになりました。
   演奏する方もリスナーの方も日曜日の午後にまったりとアコースティックな演奏に酔いしれましょう!  


こんなコンセプトの音楽会。

店内は出演者6組に加え、たくさんのミュージシャンが集まり熱気むんむん。
みなさん演奏を暖かくも厳しい目で観てらっしゃる。


   あっちゃぁ
   オレにはちょっと場違いかなぁ


ってえのが最初の印象。
なにしろ出演者はもちろん、お客さんまでほぼみなミュージシャン。
耳の超えた人たちがひしめき合ってます。
こんな環境で演奏するなんてことはめったにありませんものね。
なんだか気恥ずかしいような、きまり悪いような。

お好み焼き屋さんや市場、喫茶店で歌ってるようなヤツが来ちゃいけないよ
自分の中のもう一人がそうささやきます。

出演者の半数は知った顔。彼らの演奏は以前聴いた時よりもはるかにステキになってる。
初めての人たちはそれぞれにこだわりを持ち、技巧を凝らしてきっちりと演奏してます。カッコいい!


思ったのであります。


   オーディエンス=ミュージシャンという環境で演奏し、
   みんなたえず鍛えられてるんだろうな


「井の中の蛙」

先々週銀座で対バンのライブをやって以来、この言葉が時折よぎります。

越谷、草加を中心にソロライブをやってきたこと。これは間違いなく自分のスタイルです。
そのやり方に疑問はないし、今の自分のライブ・スタイルを作ってきたことは事実。
(疑問がないというより、そういう形でしかできないのでありますが・・・)

でもふと思うのです。
耳の超えた人たちにも納得してもらえるような「質の高い演奏」ができているんだろうか。


そんなことを自問自答しながらめぐってくる出番。


   垢抜けしない田舎のおっさんだけど、
   やれることをやるだけさ


気持ちを切り替えてステージに臨みます。

マイクチェックを兼ねてオープニングはインスト。

「世界は日の出を待っている~ワイルドウッドフラワー」のショート・ショート・バージョン。

選曲はステージに立った時点で変更しました。
最初はアップテンポのヤツを多めにと思ってました。
前の出演者2組がギターデュオでテクニックを駆使したアンサンブルを聴かせてくれました。
音数が多くは激しい波のような演奏でした。ハーモニーもまたカッコいいグループでした。


   音数を減らそう


とっさにそう思ったんです。


   砂に消えた涙
   ひまわり
   My Sweet Home Town
   わたつみの歌(コットンフィールズ)
   Summertime
   星に聴く(Northan Prayer, Listen to The Stars)
   彗星


少ない音数の合間をガットギターの余韻がほのかに埋めてくれます。
僕の後は同じガットギターでもフラメンコ。リリカルかつ迫力ある演奏をしてくれます。
ちょうどいいつなぎになったかもしれません。

演奏を始めるまでは、
出演者たちのステージを観ながらもあれこれ惑っていました。
ちょっと自信喪失気味(最初からたいして自信なんかないんだから喪失てのも変なもんだ)

歌い始めた瞬間
いきなりスイッチが入り、いつもの調子で走っていました。
走り出すともう止まらない。

歌い終わり、
やっちまったよぉ。
結局いつもどおりにしかできない。
と、ごくごく当たり前の結論に。


楽しかったこと。
いろんな音楽スタイル、いろんなライブ・スタイルに触れることができたこと。
僕には得がたい体験でした。

勉強になったこと。
人の演奏を聴きあれこれ試行錯誤したこと。
で、自分のライブ・スタイルを再確認することになったということ。
(人は他人との対比の中で初めて自分が見えてくるっちゅうことがあるんですわい)


時々は自分の土俵を飛び出して、こういう対バン形式の音楽会に出るのもいいもんです。

それにしても帰り道は疲労感で足を引きずりながら歩いてました。
こういうチャンスを与えてくれた熱史さんに感謝です。

   


| |

« 第14回 八ヶ岳・森の音楽会 2012 | トップページ | 2012年09月のライブ・コンサート予定 »

ライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 楽しくも学ぶことの多かった「アコースティックな午後」:

« 第14回 八ヶ岳・森の音楽会 2012 | トップページ | 2012年09月のライブ・コンサート予定 »