« 二つの音楽会 天と地と (2) | トップページ | ハックルベリーライブ (1) アットホームな雰囲気で »

2010.12.16

東京夜道散歩 (小石川~高円寺)

知らない街を 歩いてみたい
どこか遠くへ 行きたい


遠くの街である必要もない
身近な街でも知らない道がたくさんある
知らない家並みがたくさんある
知っていても時間が変われば知らない街に変わる

会社のある小石川から高円寺まで歩いてみた
できるだけ大通りを避け、住宅街や神田川沿いの細い道を結んだ

およそ10キロ
2時間ほどの夜道だ


わくわくしていた
知らない道を歩き、知らない街並みを通り抜ける
ただそれだけでわくわくしていた


これまで知らなかった東京の一面を知ることができた

東京には意外なほどに山が多かった
丘ほどの高さで家々が密集している
だから見ただけでは山とは感じない
でも歩いてみるとまぎれもなくそこは山だった
急な細い小路をあえぎながら登ると、それはまぎれもなく山だった

左右から迫る住宅の合間を縫う小路はまるで山の中の迷路だった


何より驚いたのは暗闇が意外と多いことだ

まるで江戸の街を提灯片手に歩いているような錯覚を覚えるところもある


小石川から面影橋にいたるまでの細道を迷いながら歩く

この後は神田川沿いに高田馬場をめざし、さらに東中野へ

昔読んだ時代小説は神田川沿いだった
その情景を頭に描きながら暗い夜道を行く

東中野からは中央線沿い
線路脇の寂しい小道だ

歩きながら戦後に起こった三鷹事件(中央線無人列車暴走事件)のことがよぎったりする


やがて、線路沿いの道は環七をはさんで高円寺の明るく広い道につながる

ゴールのENTA巣は目と鼻の先だった

わずか2時間だが、ちょっとした旅と冒険をしたような気になる

知らない道を歩きながら、東京の風景の一端を楽しむことができた
江戸時代や戦後の東京に思いを馳せる「時間旅行」も同時に体験したような気分だった


居酒屋「ENTA巣」に飛び込み注文したビールの味は格別だった

|

« 二つの音楽会 天と地と (2) | トップページ | ハックルベリーライブ (1) アットホームな雰囲気で »

小さな旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京夜道散歩 (小石川~高円寺):

« 二つの音楽会 天と地と (2) | トップページ | ハックルベリーライブ (1) アットホームな雰囲気で »