« 手作り「ご近所さんライブ」に感動 | トップページ | 「函館自由市場」にてアブラコにありつく »

2010.12.03

「魂のフォーク・亀しょう」 (函館のフォークスポット)

函館のフォーク酒場

「魂のフォーク・亀しょう」に顔を出してみた

昨年「へた親」函館プチオフ会をここでやろうと、はたぼうが企画してくれた場所だ
その時は店の都合だかなんだかで実現せず、「サウンド・インS」でプチオフ会をやった

なんとなく気になっていたのと、函館の音楽事情の一端を感じたかったんで足を運んでみた


おどろいた
店内は中高年でほぼ満杯状態

おっさん・おばさんたちが嬉々として拓郎や陽水を歌っている
店内の壁にも拓郎のLPジャケットがたくさん飾られている

都内のフォーク居酒屋と変わらぬ風景が展開されていた
違うのは、そこかしこでなまりのきつい函館弁が飛び交ってることか




郷に入らば郷に従え

すっかり元に戻った函館弁でまくしたて、
チャゲ&飛鳥の「万里の河」、陽水の「少年時代」「白い一日」「氷の世界」などを歌わせてもらった

「氷の世界」はマスターとセッションになった
マスターがメインボーカルで僕はハーモニーをつけソロをとる
即席のアイコンタクトだったがスリリングでなかなか面白かった


マスターのこだわりでフォークソング以外はダメ
お客さんもそれを分かった人たちばかり

フォークソングに特化した店だから「魂のフォーク」というネーミングなんだろう

フォーク専門いう前提で遊びに来るには楽しいお店だと思う
2時間ほどいたが、まわりのお客さんたちとすっかりうちとけることができた


楽しく熱いスポットだった

でも、いつものようなMartinライブを展開したとすれば・・・
おもいきり浮いちゃうだろうな

なんてことを思いながら店を出た


深夜の函館は白いものが今にも落ちてきそうなほど
しんしんと冷えていた





「魂のフォーク・亀しょう」HP
http://kame.mls-j.com/index.html


|

« 手作り「ご近所さんライブ」に感動 | トップページ | 「函館自由市場」にてアブラコにありつく »

函館帰省日記 2010 冬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「魂のフォーク・亀しょう」 (函館のフォークスポット):

« 手作り「ご近所さんライブ」に感動 | トップページ | 「函館自由市場」にてアブラコにありつく »