« 「カントリーロード」 私のカントリーミュージックことはじめ | トップページ | 「唄の駅」 今回の音楽的(?)実験…鳴り物編  »

2010.07.07

竹に短冊 七夕まつり

関東の七夕さんは今年も雨模様のようですね

織姫さんと彦星さんの悲し涙は催涙雨(さいるいう)
悲しい酒に酒涙雨(さいるいう)だそうです

いつか逢える日を信じて、ひたすら待ち続ける織姫・彦星
なんとも切ないですな


  星空見つめ あなたは遠く離れてもいても 逢いたい
  愛する人 逢えるその日まで 夢で抱きしめる

      (トミ藤山さん歌う「I Hold You In My Heart」より)





僕が子供の頃、七夕さんは一大イベントでした
子供たちは浴衣に三尺(帯)をしめ、手に手に提灯や手製のカンテラを持ち集まります

徒党を組んで町内を一軒一軒練り歩くのです



  竹に短冊 たなばた祭り
  おおいはいやよ
  ろうそく 一本 ちょーだいな
  くれなきゃ かっちゃくぞ



節をつけて軒先や玄関先でそう歌うと、中からおばさんが出てきてろうそくをくれる

ろうそくなんかもらってもしょうがないのに、競って集めたものです


これは北海道各地に江戸時代末期から伝わる七夕さんの風習です

旧暦の七夕さんは必ず上弦の月の日
上弦の月の小舟に乗ってご先祖様が帰ってくる
ご先祖様をお迎えするため、子供たちは提灯に灯をともして町々を練り歩く

ということらしいです


北海道には梅雨がありません

空はいつでも満天の星
織姫さんと彦星さんは毎年逢瀬を重ねることができます


いつの日か
天の川の下、星の広場に幼馴染が集い酒を酌み交わしたい
たがいの半生を肴に

そんなことを毎年七夕さんが来るたびに夢想しています
(会社に小学校の合唱部の後輩がいるので、二人でそっと「竹に短冊」って歌っていますが)




今週の日曜日
「唄の驛」の集まりがあります
今回はそんなことをテーマに歌えたらいいなって思っています





2004年7月7日のブログ記事「竹に短冊 七夕まつり」


2006年7月7日のブログ記事「七夕」

|

« 「カントリーロード」 私のカントリーミュージックことはじめ | トップページ | 「唄の駅」 今回の音楽的(?)実験…鳴り物編  »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

北海道」カテゴリの記事

「唄の駅」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 竹に短冊 七夕まつり:

« 「カントリーロード」 私のカントリーミュージックことはじめ | トップページ | 「唄の駅」 今回の音楽的(?)実験…鳴り物編  »