« なまらうめぇ! 新・函館市場 | トップページ | そして・・・ご報告 三貴ライブ »

2010.06.20

三貴ライブ  永久欠番

先月の「三貴ライブ」の日でした

Volte=川井淳志君が帰らざる旅路についたのは

そんなことちっとも知らずに僕は「三貴ライブ」に没頭していました

PA-LA-LA隊長から知らせを受けたのは翌日の早朝でした

ライブ前に知らせたなら僕が崩れるだろう
そう考えた隊長のやさしさでした




月がめぐり、今日は「三貴ライブ」

なんとも重苦しい気分ではあります

1ヶ月間「喪に服した」というわけではありません
でも悶々としたものを抱えながら過ごしてきました

ライブのオファーもいくつかありましたがお断りし、レギュラーライブだけに絞ってやってきました



そして今日がやってきた

今日の「三貴ライブ」をあつしの追悼ライブにしようとは思いません

  追悼の集いはすめあごるさんが企画してくれました
  (ありがとう!)

  またあつしのフィールドであり「心の故郷」でもある
  清津峡でも追悼キャンプを予定しています


旅立ったあつしではあります

でも心の中にあつしの席は空けておきます

永久欠番として








  永久欠番


どんな立場の人であろうと 
いつかはこの世におさらばをする
たしかに順序にルールはあるけど 
ルールには必ず反則もある
街はまわってゆく 人ひとり消えた日も
何も変わる様子もなく 忙しく 忙しく 先へと

愛した人の席が空っぽになった朝 
もう誰も座らせないと人は誓ったはず
でもその思い出を 知らぬ他人が平気で座ってしまうもの
どんなメモリアルも 雨風にけずられて崩れ
人は忘れられて 代わりなど いくらでもいるだろう
だれか思い出すだろうか ここに生きてた私を

100億の人々が 忘れても 見捨てても
空の手のひらの中 人は永久欠番

空の掌の中で

人は
永久欠番 



                  (詩:中島みゆき)

|

« なまらうめぇ! 新・函館市場 | トップページ | そして・・・ご報告 三貴ライブ »

三貴ライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三貴ライブ  永久欠番:

« なまらうめぇ! 新・函館市場 | トップページ | そして・・・ご報告 三貴ライブ »