« じゃがばたに塩辛乗せて函館の味 | トップページ | 春の陽光まぶし 柏の葉公園deライブ!(改稿) »

2010.04.17

外は白い雪の夜 中はホットな三貴ライブ

ホットでした
最初から最後までホットなライブになりました

「三貴ライブ」はアウェイ状態からスタートするのが常
ライブを進めるにつれ、少しずつホームでの演奏のようにしていく

その挑戦が「三貴ライブ」


ところが昨夜は様相が違っていました

お客さんの入りは8割ぐらい
いつものようにごったがえしています

ステージ席の真ん前には小さな子供を連れた何組かのファミリーグループ
音楽友達かずぼんさんのお仲間たちです

その後ろの席は大家族とおぼしきグループ
おじいちゃんから孫まで一堂に会しているという感じのグループでした

そのとなりはご婦人3人組

手前はお二人のお若い女性客

常連席は今月も最後尾です


1部はかずぼんさんグループが一つ一つの歌に気持ちよく反応してくれました
これが大きなパワーになり、「場」の空気を作り上げてくれます

「大家族」や「女性客」もその空気に包まれて、気持ち良さそうに聴いてくれます

そんな空気が店内全体に流れていたのでトークも滑らか
演奏もスピード感のある進行になりました

あっという間の、本当にあっという間の45分間でした

オープニングに『めぐりあい』~『なんとなく なんとなく』
エンデディングに『我が心のジョージア』(リクエスト)
これは覚えているんですが、後は思い出せない

思い出せないほど、トークと歌がうまく絡み合いライブが流れていったんだと思います


僕がめざすライブの形の一つは「お客様志向」

お客さんが聴きたいと思う歌をステージからリサーチしてそれに応えていくというスタイルです

これがうまくいくということは、演奏者と聴き手の間に空気感のようなものが共有できているということです

かずぼんさんグループが作ってくれた「空気感」を店内全体に広げることができた1部でした




2部は「大家族」が帰られた中で、またちょっと違った雰囲気になりました

人数がガバッと減ったので、お客さんとより密接な関係でライブを作ることができたのです

1部はお客さんが聴きたいと思う歌を類推しながら組み立てました

2部はより直接的なやりとりが可能になり、リクエストに応えながら進行するという組み立てになりました


オープニングは『バラが咲いた』
かずぼんさんグループの小さな女の子がリクエストしてくれました
(歌詞が飛んじゃってごめんね。次にはちゃんとやれるようにしておくね)

後の歌は・・・
これもやっぱり忘れちゃった


2部の途中からかずぼんさんグループが帰り、常連組とご婦人3人組のみになりました

この段階でアンプのスイッチを切りアンプラグドに
続けて3部に突入しました

ふく助さんの提案でステージをご婦人組の真ん前に移動
これが思わぬ再会につながりました

このご婦人3人組
ライブ開始から笑顔を絶やさず聴いてくれていました
ライブを目的に足を運んでくださったとのこと

井戸端会議のようなやりとりをしながら歌っているうちに


  もしかして・・・
  「いずみ」のマスターをご存知ですか?


と、問われたのです

「いずみ」のマスター、故・鶴岡昭二さんは僕が越谷に越してきて最初の音楽仲間です


  時々「ヴァイオレット」っていうお店に歌いに来てたでしょ?
  私、あの店の娘なんです
  古池さんの声を聴いてるうちに思い出して・・・


もう20年も前のことです
鶴岡さんと僕はあちこちのスナックを回ってはそこで歌っていました
その時のことを覚えていてくれたのです
しかも歌声を聴いて思い出してくれた!

うれしかったなぁ
歌い手冥利につきるとはこのことです

当時鶴岡マスターとよく歌っていた『水鏡』のリクエストまでもらいました
(当時歌っていた歌まで覚えていてくれた!)


ここからしばらくは鶴岡さんと一緒にやった歌を特集し、「偲ぶ会」の様相に
(命日も近いことだしちょうどよかったかも)



しめて3時間弱
中味の詰まった本当に楽しいライブになりました


ライブがはねた後恒例のお好み焼きをつつきながら、お店のスタッフや残ってくれた仲間と談笑
(すめちゃん、あるあすさんありがとうございます)

思いもかけずお店から「バースデイ・ケーキ」のプレゼント

本人は考えないようにしていた「56歳の誕生日」でした
これもうれしかったなぁ

ちょうどいあわせたあるあすさんと僕は一日違いの誕生日
二人合わせて祝っていただきました



かくして、今月の「三貴ライブ」ホットなホットなライブになりました

そのころ、外では季節外れの雪が降りしきっていたなんて、知る由もありませんでした







遠くから足を運んでくれた仲間たち
Matsumura君、ケンケン
いつもありがとう
ケンケンは今日「へた親」デビューですね

忙しい中を駆けつけてくれたふく助さん
明日の「柏の葉公園deライブ」
いいステージにしましょうね

ライブの空気感を作ってくれたかずぼんさん
ようこそいらっしゃいました
うれしかったです
レコーディング頑張ってくださいね

そして「へた親」仲間
あるあすさん、すめちゃん
いつもありがとう

電話で参加してくれた世界文化社のNさん
ありがとうございます

三貴のスタッフのみなさん
暖かいお心配り、ありがとうございました

そして、今日来てくださったすべてのお客様
楽しいライブをさせていただきました
皆さんのおかげです
ありがとうございます

|

« じゃがばたに塩辛乗せて函館の味 | トップページ | 春の陽光まぶし 柏の葉公園deライブ!(改稿) »

三貴ライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 外は白い雪の夜 中はホットな三貴ライブ:

« じゃがばたに塩辛乗せて函館の味 | トップページ | 春の陽光まぶし 柏の葉公園deライブ!(改稿) »