« 【お知らせ】 Live at デスペラード・ステージ | トップページ | I'll Hold You In My Heart »

2009.07.06

ミツダイの魅力 ハーモニー

011

ミツダイのライブに行った
大森の「風にふかれて」という店だ

彼らの演奏は頻繁に聴いているが、ちゃんとしたライブを聞くのは半年ぶり

ステージの組み方や、進め方なども含めたミツダイワールドを楽しみにしていた

ミツダイの最大の魅力はハーモニーにつきる

楽曲の良さもさることながら、あのハーモニーには麻薬的な魅力がある

ザッキー、あおだい両君の歌がそれぞれにしっかりしているからこそだろう

けっして難しく、複雑なコーラスをしているわけではない
シンプルなハーモニーなんだが、それが心地よい

シンプルなことをちゃんと聴かせることは難しいものだ

ミツダイのハーモニーはちゃんとしている

それが一番よくわかるのはユニゾンだ013
同じメロディを二人で歌うシーンはそれほど多くはない
だからこそきわだつ
ユニゾンはごまかしの効かないハーモニーだ

二人の出す声はよく似ているようで実は異質

声質も発声のしかたも違っている
異質なものどうしが同じ旋律を歌うと同質なものに昇華していく

これこそがミツダイのハーモニーの最大の魅力だと思う

ユニゾンの同質性のまま、たとえば三度のハーモニーを歌う

聴く側からすると質の違った声がひとつの音の塊となって聞える

ミツダイのハーモニーという音の塊だ

それぞれがしっかり歌いきって自己主張している
でもその音が混ざり合うと化学変化でも起きたように同質なものに変わっていく

これが麻薬的な魅力の秘密だろうと思う

正直に告白しよう
ミツダイの演奏にジェラシーを感じる
そう感じさせるほどの武器だ

自分はソロの歌うたいだから、単純に比較はできない
でも自分の歌に麻薬的な魅力があるかと自問自答してしまった

ちなみに八月に「風のコンサート」に出演する

十年在籍した「オカリナアンサンブル・かざぐるま」の年に一度のコンサートだ
この時だけ僕も出演する

「風のコンサート」では十年近くコンビを組んだ吉田政美と一緒に歌う

ミツダイのような透明感あふれるハーモニーとは違ったものを披露したい

麻薬的とは言わないが、せめて媚薬的(?)なヤツに仕上がればいいな

ミツダイのライブ
大いに刺激になった

火が点いた〓

|

« 【お知らせ】 Live at デスペラード・ステージ | トップページ | I'll Hold You In My Heart »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミツダイの魅力 ハーモニー:

« 【お知らせ】 Live at デスペラード・ステージ | トップページ | I'll Hold You In My Heart »