« 年齢境界線をまたぐ 二つのライブ | トップページ | ライブハウス オリオンで歌う »

2009.04.25

三貴ライブ スペシャルな誕生日ライブに

いつものように幕が開き…
(幕なんかないか。お好み焼きを焼く煙幕はあるけど…)

先月の体育会系若者軍団の喧騒とはうって変わって、空席の目立つ静かな幕開けだった

 7~8人のおば様軍団
 若者とその両親
 二組のカップル
 バンドをやってると思われる4人の高校生
 これにくわえて、数人の友達たちがやってきてくれた
 (清津峡仲間のSおじさん、常連のMatsumura君、数人の音楽友達)

10代~60代の幅広い年齢層
これはこれでターゲットを絞りにくく難しいものだ



軽い緊張感で歌い始める

な、なんと!
トミ藤山さんがいらしてくれたのだ

「ステージ」のすぐ脇の卓に陣取り、にこにこしながら観てくださっている

これは気合が入る
気合が空回りしないように、あえて淡々とステージを進めるように心がける

2部でカントリーコーナーをやることにして、1部は日本の歌でまとめる

比較的知名度の高い歌を重ねて探りを入れる

悪い反応ではない
お好み焼きをつつきながら、じっくり聴いてくれているのが分かる

でもMCを絡めて盛り上げるほどでもない
今日は最低限のトークでじっくり歌いこんだ方がよさそうな「場」だ

50分、きっちり歌いこんで1部は終了




2部はハナからカントリーコーナー

残念ながら休憩時間におば様軍団やカップルが帰ったので、ターゲットは高校生グループに

彼らは「カントリー・ミュージック」という名前すら知らないそうだ
(カントリー・ロードも知らなかった!)

ロック少年たちにカントリー・ミュージックを知ってもらいたい
そんな思いをこめて歌う

なにしろ、すぐそばにカントリーの「伝道師」トミさんが…
ヘタな演奏はできない
一生懸命に演奏する

トミさんのナンバーはもちろん、ハンク・スノウやロイ・エイカフ、ジミー・ロジャーズの歌をやる

くわえてカントリーの日本語バージョン
ありがたいことにふく助さんがご存知の歌も何曲かあり、コーラスをつけてくれる

ロック少年たちも身体でリズムを取りながら聴いてくれている


お客様も少なくなったので、いつもより少し早めに切り上げた



  古池さん
  ギターを貸して
  今日は気分がいいから、
  ちょっと歌うわ


ライブが終わり、仲間内だけになった時
突然トミさんがそうおっしゃる


  えぇ!

周囲がどよめく

僕はうれしさのあまり、何もいえずブルーリッジ・ギターのストラップをトミさん用に調整する
(実はなんとなく予感があったので、今日はタカミネではなくトミさんお気に入りのブルーリッジにしていた)



何曲か歌ってくださる

「ロンリー・トゥギャザー」ではハーモニー役をおおせつかる




時計の針が12時をさした時、

「ハッピー・バースデイ」を歌ってくださり…





あっという間のできごとだった

夢見ごこちであった

54歳最後の日、
文字通りスペシャルなライブ、スペシャルな誕生日になった


みなさん、ありがとうございます
トミさん、ありがとうございます

|

« 年齢境界線をまたぐ 二つのライブ | トップページ | ライブハウス オリオンで歌う »

三貴ライブ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、お誕生日おめでとうございます。
ヾ(´・∀・)ノ << Happy Birthdy♪

投稿: 太田焼きそばマン | 2009.04.25 14:43

太田焼きそばマンさん

はじめまして

ありがとうございます

投稿: Martin古池 | 2009.04.29 05:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三貴ライブ スペシャルな誕生日ライブに:

« 年齢境界線をまたぐ 二つのライブ | トップページ | ライブハウス オリオンで歌う »