« 1秒で人は変われる 映画 「107+1 天国はつくるもの」 | トップページ | かずぼん 路上ライブ »

2009.01.21

東京・中日新聞に取材記事が掲載される

Img こんな記事が掲載された

東京・中日新聞の12月21日(水)朝刊だ

先日の「おせちの歌コンサート」での取材

まさか!

こんなに大きく扱われるとは思わなかった

1時間半ものインタビューをA4におさめるのは至難のワザだったろうと思う

音楽との関わりから話し始め、音楽論、仕事論、人生論にいたるまで密度の高い取材だった

インタビュアーのⅠ嬢はまさに聞き上手

おしゃべりの僕には、火に油、油紙に火!

とうとうと話し続けた

ほとんどはカットされるだろうなと思っていたが、見事にうまくまとめてくれた

やはりプロの技だ

細かいところは「あれ?」って部分もあるが、まあ気にすることもあるまい

(製版技術者となっているが印刷技術者の間違い…とかね)

記事の位置づけは50歳を超えたオヤジの生き方シリーズだそうだ

冷やかし半分でお目を通してくださいませ

|

« 1秒で人は変われる 映画 「107+1 天国はつくるもの」 | トップページ | かずぼん 路上ライブ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております。
記事、拝見しました!
楽しそうに唄う製版技術者(しつこい!?)はカッコいい!!
文中の世界文化社の中澤さんのコメントも同感です。覚えてますか、その「絵本」担当者だった私を…。古池さんにはよく、おこられましたけど(笑)しかし、古池さんに担当いただいた時の刷りだしを先方へ持っていくときは、自身マンマンで持っていけましたよ。ホントです。
約15年位前の話ですが、その時のガッツ、パワー、そのままって感じです。
いつでも全力。ガッツの固まり。生き様のカッコイイおっさん!
益々のご活躍、陰ながらお祈りしております!!

投稿: みやした | 2009.02.09 13:05

おお!
宮下君!!

元気でやってますかぁ?

そうだったね
月刊誌だったんだよね、たしか
なつかしいなぁ

音楽やってますか?

ぶどうの木で一緒にやったライブが懐かしいね

ジャジー宮下+ブルージー片岡+ドカントリー古池+キカンボー中根でしたかね
狂童プリンターズなんてシャレでやったバンドでしたがね
あの楽しさが忘れられませんよ

本当に仕事も遊びもあのころのママのスタンスで未だにやっています
(成長がない!)

またチャンスを作って、一緒に音楽やりたいですね


投稿: Martin古池 | 2009.02.09 19:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京・中日新聞に取材記事が掲載される:

« 1秒で人は変われる 映画 「107+1 天国はつくるもの」 | トップページ | かずぼん 路上ライブ »