« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008.12.22

寺小屋ライブ  小学生たちと作ったライブ

半年ほど前に頼まれていた小学生向けのライブ

「越谷寺小屋ライブ」をやりました

あるNPO団体が主催し、地域の子供たちに生きる智恵を伝えるという催しの一環です
学校で習う知識とは違う「生きる智恵」を伝える場だから寺小屋と称しているんでしょうね

「寺小屋」

いい響きですよねぇ


ライブ会場のパコム(公民館)のホールに入ると、すでに「授業」が始まっていました

おばあちゃん先生が子供たちに手話を教えています

40人ほどの小学生(1年~6年)が熱心に手話の練習をしています

「赤鼻のトナカイ」を手話をまじえて歌っています

僕もそれに混ざって手話をいくつか覚えました



予定よりやや早めに僕の出番


「寺小屋ライブ」をやるにあたって、決めていたことがいくつかあります


1.子供相手だからといって、絶対に手を抜かない・気を抜かない
2.子供に媚びることなく、かといって上から目線にならないこと
3.普通のライブ同様、ライブにテーマを決めメッセージをこめる


つまり子供たちと同じ目線で真正面から対峙しようと心に決めていました


で、決めたテーマは「命」

どんな生き物にも命がある。
それはたとえ虫でも花でも魚でも獣でも
そしてわれわれヒトにも同じように命がある
命と命の連鎖とやりとりでわれわれは生かされている
どんな命にも敬意と尊厳を感じたい


こんなことをライブの中にこめました


前半の選曲は

  大きな古時計
  手のひらを太陽に
  蚊の歌
  ハエ・ハエ・ハエ
  おばけの歌
  森の熊さん
  Belive
  私の子供たちへ(父さんの子守唄)
  ダニーボーイ



手のひらに太陽をは虫たちをテーマにした歌
オープニングの「大きな古時計」とともに子供たちにはおなじみの歌
歌に合わせて一緒に歌ってくれる

虫つながりで「蚊の歌
カズーを使って蚊の羽音を表現したのがものめずらしいのか、口をあんぐりさせている

勢いに乗って「ハエ・ハエ・ハエ
初めて聴く歌なのにリフレインのところは一緒に声を張り上げて
ハエ・ハエ・ハエ♪

本当にノリがいい子供たちだ

森の熊さん」はただ歌うだけじゃ面白くないんで、次々と転調をくりかえした(A→C→G→A)
目を白黒させながらついてくる

Believe」をはじめると、嬉々として得意げに歌う
それまでのおっかなびっくり、やや遠慮しがちな歌声がここで一気にヒートアップ
これには驚いた
子供らがここまで自信に満ちた歌声を披露してくれるとは思わなかった

でもこれで完全に下地ができあがった


  虫や花や魚や動物たちに命があるように
  僕たち一人ひとりにも命があるよね

  次に歌う歌はダニーボーイ」といいます
  これは戦争に行った子供をずっといつまでも待ち続けるお母さんの歌

  今でも世界のあちこちで戦争が続いています
  人が人の命を奪い続けています
  僕らの住んでいるこの日本でも、戦争の歴史がくりかえされました
  君たちのおじいさんもそんな戦争の時代を生き抜いてきたんです
  だから今、ここに僕がいて君たちがいる
  
  帰らない子供を待って、季節がいくつも通り過ぎていく

  「ダニーボーイ」はそんな歌です



今まで、はしゃぎながら音楽に身をゆだね、歌い続けていた子供たち
ダニーボーイ」を歌い始めると広い会場がシーンと静まりかえる
僕を見つめる瞳…瞳…瞳…

英語詩だから意味はわからない
でもメロディの中に何かを感じととろうとするような目

歌い終わりしばしの沈黙
何も語らない僕
何も語らない子供たち




静寂を打ち破るように「「崖の上のポニョ」

世界が一気に変わり
はじけまくる子供たち
大声で歌いだす子供たち
まさにこの日の山場でした


気を良くした僕はを「カントリードード」をアップテンポで

ところが思わぬ誤算が

明らかに戸惑いの表情を見せる子供たち

よく知ってるメロディなのに…
やはり彼らには「耳をすまして」の日本語詩が焼きついているみたいです

そこで急遽方針転換
1コーラス歌い終えたところで、そのままのキー、テンポ、リズムパターンで「あわてんぼうのサンタクロース」に

とたんにはじける子供たち
踊りだす子がいたり、手拍子、足拍子
そして一緒に歌いだす


その勢いのままに「ジングルベル」~「赤鼻のトナカイ
赤鼻のトナカイ」は習ったばかりの手話も飛び出して

きよしこの夜」~「おしょうがつ」~「おせちの歌」(オリジナル)と季節の歌を重ねエンディングに


エンディングは「線路は続くよ
リクエストの「思い出のアルバム
そしてアンコール「翼をください


最初から最後まで子供たちと一緒にライブを作れたように思います

知っている歌は一緒に歌う
知らない歌は手拍子、足拍子や身体を振って応えてくれる
じっくり聴いてほしい歌も目を見開いて聴き入ってくれました


なんてノリのいい子供たちなんだろう

いや、子供はみんなそうなのかもしれない

年齢を重ねるにしたがって、いろんな壁を作って感情をストレートに表すことをしなくなるのかもしれない

そんなことを考えながら会場を後にしました

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.14

年内最後の「ハマフォーク」に参加して

午前中は越谷市場で「朝市コンサート」でした
ちんどん屋さんとの「セッション」があったりで時間が遅くなりました

車を走らせ根岸の「ベアカフェ」に到着した時、すでに3時半をまわっていました

今回も参加者が多かったので僕は演奏を辞退していました
かわりに(?)にハマフォーク歌会の最後に全員で歌う「シングアウト」で
クリスマスソングメドレーをやることになっていました
(お気遣いありがとうございます)

ラストバッターとしてシングアウトを始めようとしたら、なんと自分の演奏をしてもいいとのことで
ありがたくやらせていただきました


僕の前にアキラさんが「私に人生と言うものがあるなら」を歌っていました
ナターシャセブン絡み、クリスマス絡みを意識して
「十字架に帰ろう」を歌いました

スリーコードのシンプルな歌なのでリフレインは全員で歌えるかなって気がしましたし

それとハマフォークにはナターシャファンの方もいらっしゃるのでハーモニーをつけてもらえるかなって思ったんです

アンノジョウ!
クチャンさんがゲットしたてのマーチンでサポートしてくれました
きっちりハーモニーもつけてくれて!

気持ちよく歌わせていただきました

そのままシングアウトに突入

ママがサンタにキスをした~ジングルベル~きよしこの夜~赤鼻のトナカイ~ホワイトクリスマス

1コーラスずつメドレーでつないでいきました

無事大役を終えることができ、一安心
みなさんに感謝!


今回「放課後」が面白かった!

特に意識したわけではないんだろうけど、3つのグループができていました

 30代のゆず世代(ザッキー君、あおだい君)
 40代の70~80年代フォーク派(?)
 50代のオールドフォーク派(?)

もちろんざくっと色分けしただけですが


この3グループで歌合戦が始まり
これが面白かった

ゆず世代の解釈で歌うフォークもういういしくてよかった

テクニシャン揃いのフォーク第3世代(松山千春式にいうと)の完成度が高い演奏も素敵だった

そしてフォーク第1世代、第2世代のわれわれオヤジグループはナターシャセブンを


それぞれの世代の雰囲気をぶつけ合っての歌合戦は実に面白かった


ハマフォークというサークルの面白さは、
フォークというキーワードでいろんな世代が集まっていること
それぞれの世代が共存していること
ってとこかもしれませんね


「へた親」(へたくそ親父のギター弾き語り)というコミュの良さはジャンルを超えていろんな世代が自由に集まっているところ
広い意味で音楽を楽しみつくそうという集まりです

ハマフォークとは性格が似ていて違っている、かつ違っていて似ている


不特定多数の聴衆に向かってソロライブをしている僕にとって、どちらも大切なサークルです

耳の肥えたミュージシャンの中でもまれるってことは、自分の演奏をふりかえる上で大切なことだと思うからです
いろんなヒントももらえます
そして何より無条件で音楽を楽しめる!

ソロ活動だけでは味わえない楽しみがそこにはあります
独りよがりに陥りがちなソロ活動を客観視させてもらえる道場

自分にとってはハマフォークや「へた親」はそんな存在なんだなってことを感じます

今年のハマフォークも終了


年内は27日に「へた親」の朝霞デスペラードでのオフ会があります

ハマフォークで受けた刺激を「へた親」にも還元できればいいな


| | | コメント (0) | トラックバック (0)

師走の朝市コンサート  ちんどん屋さんとミニセッション

年末も近づき人出も多い越谷市場

活気もあるが、その分演奏がかき消されそうにもなる
反応もいいが、足を止めて聴いていただくという感じでもない

市場がもっとも市場らしい雰囲気での演奏になった「朝市コンサート」

つまり、
一瞬の勝負、1曲1曲での表現が問われるライブ

普段から朝市コンサートの位置づけは

 市場の風物詩たること

言葉を変えると、存在感あるBGMでたること


年末の活気の中で「存在感」の部分をいつも以上に意識した
1曲ごとに気合を入れて表現することを心がけた


人の心に何かを届けるのにはナマが一番だと思っている
スピーカーなどを通すとそこにフィルターが1枚かかってしまう
だからアンプを使うときでも、音量は必要最低限に絞ることにしている

年末の活気=騒音の渦の中でも同じ
歌っている自分の姿が浮き彫りになるようなポイント
スピーカーの存在を意識させないポイント
それはいたずらに音量を上げることではない
まわりが騒音であればあるほどボリュームをぎりぎりまで絞り込むべきだと思っている


反応はよかった
通り過ぎる人の波を立ち止まらせることは難しい
でも波から寄せられる視線は温かだった

小さく拍手をしてくれる人
口ずさみながら通り過ぎていく人
差し入れをしてくれる人
笑みを浮かべながら会釈をしてくれる人
もちろん、足を止めて聴いてくれる人もいる

市場ではこういう小さな反応が演奏のできに大きくかかわってくる

気分よく演奏させてもらった



R0012559

コンサートも終盤になり、遠くからアルトサックスの音が近づいてきた

ちんどん屋さんだ

毎年年末になるとやって来るアルトサックス、鳴り物、太鼓、呼び出しの4人編成のちんどん屋さん

こちらの演奏を一時中断
サックスに合わせてギターでバッキングをする
うまい具合に音がからみあう

ちんどん屋さんも足を止めてギターとの「セッション」を楽しんでくれる

近寄ってきて

 にいちゃん
 なんか一緒にやろう

というわけで、「青い山脈」だの「影を慕いて」だの「悲しい酒」だの4~5曲一緒に演奏

サックスのじいさんも楽しそうに絡んでくれた
「影を慕いて」「湯の町エレジー」「悲しい酒」などをちんどん屋風に演奏すると不思議な哀感が出てくる

「悲しい酒」に鐘や太鼓が絡んでくるんだからにぎやかな演奏になる
でもそのにぎやかさが逆になんともいえぬ哀感になるんだな

これは新発見だった


ちんどん屋さんが去った後は嵐のような静けさだった
買い物客の波もひと段落
いつもの落ち着いた空気になっている

ライブの最後を締めるにはカントリーバラードをじっくり歌おうと思い
選んだのは

  クレージー
  I'll Hold You In My Heart
  テネシーワルツ


ちんどん屋さんの振りまいたにぎやかな空気を鎮めるように
静かに深く、じっくりと歌うことを心がけた

ちんどん屋モードからMartin古池モードに空気が変わったところで、
「朝市コンサート」を締めくくった

いつもより長い2時間半のライブになった



→ちんどん屋さんと初めて「セッション」した約2年前の記事

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.08

厚揚げのバルサ醤油からめ 【コッヘルクッキング】

厚揚げのバルサ醤油からめ 【コッヘルクッキング】
このところおなじみのバルサ醤油料理を

厚揚げと挽肉は相性がいい
和風と中華、フレンチ(どこが?)が一緒になったようなもどき料理です

・フライパンにゴマ油を適当にいれ弱火にかける

・生姜のみじん切り、鷹の爪を一つちぎったものを炒める

・挽肉をたっぷりいれ生姜とからませる

・厚揚げをちぎって入れ強火に

・火が軽く通ったら酒、みりんをふりかける

・バルサ醤油をやや多めに入れからめ火を止める

・片栗粉を水で溶き全体にからめる

・器に盛り、しらひげネギを散らして完成

適度に酸っぱ味が残り


旨し〓


★三つです

この間わずか十分

| | | コメント (8) | トラックバック (0)

2008.12.07

街角ライブ編 へた親スターダスツ

「ほたるの里」クリスマスライブを中座して
われわれ「へた親スターダスツ」は吉祥寺を目指しました

R0012212 今回の目的のもうひとつは
吉祥寺で若者の向こうを張っておっさんストリートライブを敢行することでした

特にさすらいさんにとっては初めてのストリート
(しかも地元沿線の繁華街)
気合が入ります
緊張も走ります

シャッターの閉まり始めたアーケード街
すでにあんちゃん、ねえちゃんたちがそこかしこで演奏を始めています

アンプ持込組みもちらほら

そして!
年末対策なのかどうか、おまわりさんもうろうろまわっています

あ、撤去を命じられたグループも

R0012203

われわれはアーケード街の中ほどに陣取り、
撤去指令が出る前にやっちゃおう!
さいわい機材はギターとカホンと譜面台のみ
さっさとセッティングして歌い始めました

さすらいさんの提案で、4人で絡めるキメの歌を先にやっちゃうことに

というわけで、前座として

 シルバーウィング
 テネシーワルツ
 サンフランシスコベイブルース


から矢継ぎ早に歌いました

反応は上々
立ち止まって聴いてくれるところまでは行かないけれど
歩きながら微笑んでくれる方がたくさんいました
(ほとんどが同年輩やご年配の方々でしたが)

さすらいさんのハープや、ニコさんのカホンもいいあんばいで絡んでくれました


R0012206 間髪をいれずにさすらいさんデビュー

恋  バスストップ
ためらいも何もなく歌うさすらいさんはさすが
調子が尻上がりに上向いていくのが手に取るようにわかります

アドレナリン(別名アホレナリンと呼ぶ)ぐつぐつと沸騰していくのがご自分でもわかったんではないかな


そして、たけちゃん登場
「ありのままに」の前にオリジナルを歌いました
やはり、この人の歌にはパワーがある
のっけから全開!


が!

ここでマッタが!

先ほどからアーケード街のとばくちでうろちょろしていた若いおまわりさん

  もしもし そこらで歌う4人サン
  近所で通報ありました
  野暮な説教はしたくはないけど
  ここらは演奏禁止だよ
  歌を歌いたい 気持ちはわかるが
  ここらでおやめよ 夜もふける


というワケで退散せざるを得なくなりました

せめて1時間はやりたかったけどね

でも、ストリートのメッカで街角ライブをやったということ
さすらいさんがストリートデビューを果たしたこと

この2点をもって今回はヨシとしましょうか
R0012208


で、当然このまま帰る気になれず
再び中央線に乗り込んで目指すは高円寺・ENTA巣
(ニコさんはここでご帰還)


今日の中央線沿線での中身の詰まった数時間を振り返りながら盃を酌み交わしました
(僕は車だったのでウーロン茶だったのが残念!)
R0012210

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

炸裂!「へた親スターダスツ」 ほたるの里・クリスマスライブ編

「ほたるの里」クリスマスライブに参戦!

「ほたるの里」は中央線武蔵境駅近くにあるフォーク居酒屋です
ほのぼのとした家族的なムードのフォーク居酒屋で、さすらいギタリストのさんのホームグランド

最近は「へた親」のメンバーも足を運んでいるようです

「ほたるの里」の常連さんが集まり、一人(一組)2曲のステージを展開したクリスマスライブ



R0012197

僕が到着したときはすでに始まっていて、ちょうどさすらいさんとニコさんのステージが始まったところでした
さすらいさんはあいかわらずの味のある歌を披露していました
ニコさんのたたくカホンが実にいい感じでさすらいさんの歌に絡んでいます
さすらいさんのギターもシンプルに徹しています
聴いていてホッとできる好演奏


僕の出番はほどなくやってきました
このところすっかりおなじみになった10分間2曲のステージ

テーマは「縁」

 
 青春の影


をノミネートしていました

当初男と女の縁についてMCを入れようと思ってました
でも、僕の前に演奏された方が九州田川のご出身
五木寛之の「青春の門」について語られて…

「青春の門」の主人公「しんすけしゃん」は後に早稲田の学生になり上京します
そして左翼活動の一環で演劇団員として函館に行きます
ここで労働運動にかかわっていくという展開です

ここに「縁」を感じたので、MCを急遽変更しました

九州と北海道をつなぐ「縁」見たいなトーク
「縁は異なもの 不思議なもの」

この流れから歌に入っていきました




R0012198

そして、本日特別出演のたけちゃん登場
歌うはもちろん

 ありのままに

ここで急遽結成!!

「へた親スターダスツ」

ギター+ボーカルのいつものたけちゃんスタイルに
ニコさんのカホン
さすらいさんのブルースハープ、
そして僕のリードギター

厚みのある、好演奏になりました



「ほたるの里」クリスマスライブ

素敵でした
うまい人たちもたくさんいます
でもそれだけじゃない
還暦過ぎたおっさんたちが嬉々として歌っている
そんな姿って本当にほほえましい

トークやパフォーマンスや笑顔でご自分を表現なさっている
それを通して、まわりのお客さんといい感じでコミュニケーションをはかっている

たとえば、校長先生がいらっしゃる
背広姿に背筋をピンと伸ばしていらっしゃる
ところがブルースブラザースばりのサングラスをしてひとたびステージに立つ
井上陽水になりきって歌う
でも声は伊勢正三みたいなのがあったり

還暦を当に過ぎたおっさんが三つ編みのズラをかぶってヘロヘロ歌う
まわりはみんなでヤジを飛ばしながら暖かく応援するとか


テクニックとか変な欲とか関係なしに歌うことを楽しんでいる
歌を通して、その場の空気を共有化している

まさに「へたくそ親父のギター弾き語り」が目指すべき姿だなって実感させられました

うまい人もへたな人もいる
でもそんな垣根は関係なしに音楽を通してあったかい気持ちになれる
互いに刺激を受けあいながら、1歩先を目指す

 うまい人はうまいなりに
 へたな人はへたなりに
 おっさん、おばさんはそれなりに
 若い人も若い人なりに

そうしながら共存しあっていくコミュニティでありたいなと心底思いました


それを感じさせてもらえた「ほたるの里」クリスマスライブでした

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.04

2008年12月のライブ・コンサート予定

12月6日(土)    都下某所にてライブに参加

            都内、某駅において街角ライブ 決行

12月13日(土)    朝市コンサート
            朝 8:30~11:00
            越谷市場 2号棟入り口 景品引換所そば

12月13日(土)   ハマフォーク 「歌会」参加
            午後1時~5時
            夜、「放課後」セッション
            根岸「ベアカフェ」
            根岸駅の改札を出たら、ロータリーを右に歩く
               スーパーの角を右に曲がり歩くこと3分
                                  右手の角にベアカフェがあります
         

12月19日(金)   三貴ライブ
            夜 9:00~11:30
            南越谷 ダイエーそば 
            【地図】お好み焼き「三貴」
              埼玉県 越谷市 南越谷1-13-7
                    048-988-3500

             ★チャージ無料(飲食代のみ)

12月20日(土)   お子ちゃま クリスマスライブ
            
蒲生公民館 3Fホール
            14:00~15:00
     

12月27日(土)    朝市コンサート
            朝 8:30~11:00
            越谷市場 2号棟入り口 景品引換所そば

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.01

朝の味噌雑煮 【コッヘルクッキング】

朝の味噌雑煮 【コッヘルクッキング】
朝の忙しい時間

簡単にできて、旨くて、腹持ちがいい味噌雑煮はいかが?

早立ちの朝の山の中でよく食べた一品です

なにしろ10分もあればできちゃうとこがいい〓


[作り方]

コッヘルに水をいれ、ダシ昆布を一枚加えて火にかける
(昆布には切り込みを入れとけば短時間でダシがでる)


生姜のみじん切りと
鷹の爪一個をちぎって入れる
(ちぎった手で目をこすらんこと)


沸騰したら火を弱めて、ちぎった油揚と餅を入れ4分程度煮る


火を止め味噌と少量の砂糖を入れて蒸らす


食べる直前にゴマ油と長ねぎの輪切りを散らして完成

適度にのげ餅になっていて
旨し!

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »