« 高校時代の仲間たち | トップページ | 恩師・福田隆三先生を訪ねる »

2008.10.26

S君のホームグランド「ありがとう」で歌う

すすきのの「またくるベア」を後にして、僕とS君は白石に向かった

めざすは「ありがとう」というフォーク酒場

オーナーはS君の仕事上の元同僚で脱サラをして店を始めたそうだ

僕らと同じ54歳

まさにフォークソングの洗礼を受けた世代だ

店内はけっこう広くゆったりとしていて落ち着ける雰囲気

さすがに北海道というかんじ

機材もそろっていて、音響もいい

斉藤哲夫さんなどフォークシンガーを招いてのライブもやっているそうだ

いっぱつで気に入ってしまった

S君は彼のホームであるこの店に僕を連れてきたかったんだろうな

彼の心配りがうれしかった

飲みながら、東京の音楽事情などを話しているうちに

古池さん
せっかくだから歌ってよ

とうながされる

ギター持参、これらの機材、素敵なお店の環境

もとより、歌いたくてうずうずしていたのでふたつ返事で演奏開始

R0011713_2

当初2~3曲のつもりだったがうながされ、ノセられるままに10曲以上も歌った

途中からはMCも含めてライブの体裁に早変わり

お客様の反応もよろしく、楽しく歌わせてもらった

その後、何人かの方が歌われ最後にS君のソロステージ

10月26日にここで開かれるミュージックジャンボリーの予行演習といって2曲披露してくれた

彼の歌を聴いてるうちに、胸に熱いものがこみ上げてきた

S君とは3年ぶりの再会だが、その前30年は(卒業後)まったく交流がなかった

お互いに姿をくらましていた時期もあった

今こうして再開し、それぞれの音楽を聴く

互いの人生の紆余曲折を感じていた

ステージで演奏する彼のそばにふらふらと歩み寄った

手にはギターを持っていた

彼の演奏の邪魔にならぬように、アドリブでリフを絡ませていった

S君の歌が胸にくる

河島英五の「てんびんばかり」という歌だ

家を出て行く息子がいる
引きとめようとする母親がいる
どちらも愛している
どちらもうらんでいる
どちらも泣いている

人生の裏と表を描いた名曲だと思う

S君の歌に彼の道のりを思い、自分の道のりを思う

自分たちのあの時代を思い、息子たちのことがかぶさっていく

ぐっとくる思いを必死でこらえながらリフを弾いた

35年の時間を越えて、今こうして音楽を通してふたたびあいまみえている

その不思議さ

そのうれしさ

そのありがたさを

思わざるをえなかった

R0011717 R0011718

|

« 高校時代の仲間たち | トップページ | 恩師・福田隆三先生を訪ねる »

札幌日記 2008 秋」カテゴリの記事

コメント

古池さん

先週は素敵な演奏ありがとうございました。

私も、Sさんもすごい刺激をもらいました。

これからもお互い唄いつづけていきましょう。

また札幌に来た時は、遊びに来て下さい。

投稿: ありがとうKEN | 2008.10.26 13:57

KENさん

埼玉と札幌
場所は遠く離れています
でも、それぞれの地で力の続く限り歌い続けましょうね

札幌に帰るときは必ずまた寄らせていただきます

これからもよろしくお願いいたします

投稿: Martin古池 | 2008.10.27 00:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: S君のホームグランド「ありがとう」で歌う:

« 高校時代の仲間たち | トップページ | 恩師・福田隆三先生を訪ねる »