« 新緑の清津峡 響くブルーリッジギター | トップページ | 1年目の命日 ババ猫ミーちゃん  »

2008.05.07

井の頭公園 プチ演奏会

Img_1252 さすらいのギタリストさんの日記で話しが始まったプチオフ会

吉祥寺は井の頭公園の雑木林の中で行われました

曇りで今にも泣き出しそうな空模様でしたが
公園はとんでもない人出

昨日の今ごろは清津峡に静寂の中にいただけに
この人出と喧騒には…
息がつまりそうでした

おなじ木樹に囲まれていながらこの違いは何だ!

なんて思いながらさすらいさんたちを探すと…

いたいた
雑木林の中であるあすさんの巨体が!

今回始めてきてくれたティアさん、さすらいさん、あるあすさんがギターを弾いていました

僕もさっそく混じり、持参したカホンをたたました
このカホンなかなか素敵な音でなってくれる

ティアさんは泉谷しげるを何曲か歌いました Img_1259
ポップなギターアレンジとは対照的な個性的ボーカルが不思議な魅力をかもし出していました

あるあすさんはいつもながらの手堅くもかっこいいリフを聞かせてくれました
特にトミさんの歌をやる時はあるあすさんのリフが入るとぐっと音楽性が高まります
一緒にやると心地よさを感じるところまで来ました

さすらいさんはスケベソングにますます磨きがかかってきた感じでした
僕は彼のスケベソングが大好きなんです
でも!
今日最大のハイライトはなんといっても大作「印刷屋のブルース」でしょう
Eのブルースなんですが、この休みに書き上げたという「印刷屋のブルース」はまさにさすらいさんの自叙伝、ブルースそのもののやるせなくも、笑える歌でした
まさに名曲!
ジミー矢島の「蕎麦打ちブギ」にも匹敵する出来だと思います Img_1254

僕は、トミさんの歌を何曲か3人で合わせました

とうとう雨が降り出したので撤収
吉祥寺でティアさんは帰り、かわりにすめちゃんと合流し
高円寺のスタジオにいきました

ここではエレキにもちかえて爆音遊び

僕は狭いスタジオ、とてつもない爆音に気が遠くなりました
こんな環境で音楽やることってほとんどないので…
いまだに清津峡モードから抜けきっていなかったってこともあるんでしょう

でも!

実際にエレキを持ち「カントリー・ポルカ」を弾き始めるとあまりの心地よさにすっかりはまってしまいました

ドラムやベース、バッキングギターに支えられて必死に弾いたわけですが…

気持ちいい!
うわ!!!
なんだこの快感は!

すっかりエレキにはまってしまいました


2時間の爆音遊びを終え、次に向かうは「エンタ巣」
僕のイトコが高円寺でやってる居酒屋です
スタジオから歩いて5分のところ

Take-zさんこと、たけちゃんもここから参加してくれました
磯子での仕事を終えて駆けつけてくれたのです
聞くと高円寺は、たけちゃんの青春の思いが染み込んだ街だそうで
詳しくはたけちゃんの日記をご覧ください

音楽談義に花が咲き、気がつくともう10時

こんな時間って本当に幸せだなって思います

音楽を肴に気の合う仲間と酒を酌み交わす

僕は残念ながらドクターストップの身なのであまり飲めないのですが、そんなの関係ねえ!
1杯のお酒で十二分に酔えます

かくして、今日も濃ーい一日が終わりました

|

« 新緑の清津峡 響くブルーリッジギター | トップページ | 1年目の命日 ババ猫ミーちゃん  »

『街角ライヴ』」カテゴリの記事

へたくそ親父のギター弾き語り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 井の頭公園 プチ演奏会:

« 新緑の清津峡 響くブルーリッジギター | トップページ | 1年目の命日 ババ猫ミーちゃん  »