« 音に戯れる ~ 「ヘタ親」八ヶ岳合宿 1 | トップページ | 深夜のオフィスで 一人聴くトミ藤山さん »

2008.05.25

大きな森の小さな音楽会 「へた親」 八ヶ岳 音楽合宿2

Img_1355 ひとつだけ、ぜひ実現したいことがありました

ライブ形式を取り入れた音楽会をやることです

全員が15分~20分の持ち時間を演出する

ただ演奏するだけでない
トークやパフォーマンスも含めて聴衆に向かい自分を表現してほしい

それが願いでした

弾きたいから弾く
歌いたいから歌う
ただただ音楽に身をゆだねる

こういう音楽のあり方とは違う、表現としての音楽を味わってほしい

自分だけではなく、他の人に向かって発信する

その楽しさと難しさを感じてほしかったんです

自分のための音楽と、表現としての音楽が共存し、連動することで「へた親」はさらに活発になるんじゃないかと思います


かくして…
その願いは「大きな森の小さな音楽会」という形になりました Img_1316

2日目の午前中、野外ステージでアコースティックライブとなりました

全員が15分の枠の中で、それぞれの演奏を順番に展開したのです

聴衆は「へた親」メンバーと小屋の管理人・大杉父娘
それに駆けつけてくれた山の大先輩村田さん

わずか十数人の小さな音楽会です
でもみな真剣に演奏し、真剣に聴き入りました

なごやかな雰囲気の中にもピーンと張りつめた緊張感を感じたのは僕だけでしょうか



Img_1312 トップバッターは名古屋から初参加のsaiりんさん
少し照れながらも堅実なスリーフィンガーを聴かせてくれました
松山千春のレコードデビュー前のマイナーな歌などをsaiりんさん風にこなしての好演奏
がっちりしたYAMAHAのボディにはふきのとうの山木さんのサインが


2番手はすめあごる。さん Img_1329
すめちゃんは1年前には考えられないほど、前を向いた演奏を披露してくれました。以前は照れと謙遜のためか、斜めに構えて歌っていました
それが、最近は正面を見てキッチリと歌うように
自信がついてきたんでしょうね
それと独特のちょっとブラックがかったトークが楽しい
低音の魅力(歌うと高音が美しいのに!)


Img_1343 3番 「アコースティック」ギタローさん
下丸子オフ会ではエレキでビートルズ
今回はカナダのシーガルというギターを担いでの参戦
アコギと声のバランスがうまく取れていました
ギタローさんの歌うビートルズにあわせて会場のあちこちからハーモニーをかぶせる声が聞こえていたのが印象的でした


4番 PA-LA-LA隊長 Img_1347
オリジナルを中心のステージ
あらためていい味を出してるなって思いました
隊長独自の世界がありますね
清津峡で何度か聴いた歌もあり、思わずカホンで参加してしまいました


Img_1352 5番 ぺぐさん
新しいのは車だけではありません
歌うぺぐさん登場です
前はインストに力を発揮していたのに、最近は学生時代書き溜めたオリジナルを歌ってくれました
「ヘタ親」の仲間を念頭に最近書いたオリジナルは、会場の注目を浴びました
不覚にも、僕はぐっと来てしまったのです


Img_1358 6番 take-zさんことたけちゃん登場
相変わらずのパワフルなオリジナルを聴かせてくれました
なんといっても「ヘタ親」に入ってから書いたオリジナル
「あるがままに」では完全に聴衆を巻き込んでしまいました
「ヘタ親」のテーマソングになりそうな予感が

実は…
時間を同じくして八ヶ岳のミュージシャンが「俺たちのウッドストック」というコンサートをやっていました
中心人物の一人、ジミー矢島さんの「八ヶ岳へ行こう」はテーマソングのようになっていて、いつも羨ましく思っていました
この歌で仲間がひとつになれるんですから

「あるがままに」は「ヘタ親」のテーマソングにしたいもんです

  もう、いいだろう!
  あるがままに!!

このリフレインの繰り返し、しびれます


7番 さすらいのギタリストさん Img_1371
ヒートアップした会場をさすらい節がやさしく、ゆったりと鎮めていきます
個性的という点ではさすらいさんもご自分の世界を歌で表しているように思います
ギターテクニックも上達し、影で練習してるな
かっこいいな
それにしても、スケベっぽい歌い方だな
はっきりいいます
酔えました

Img_1385 8番 あるあすさん
いつものように安定した演奏です
あるさんのギターは本当にうまいなあって思います
ご本人はソロでやるより誰かのバックでギターを弾きたい願望が強いようですが…
ソロもカッコいいです


そしてラストバッター Martin古池 Img_1391
1年ぶりに歌う歌を並べました
テーマは「戦争を考える」
なぜこのテーマにしたかは本人も分かっていません
思い付きです

 「死んだ男の残したものは」
 「まぼろしの翼」
 「教訓」

後で音源を聞くとかなり音が荒れているのが気になりました
この手の歌をやるとどうしても力が入ってしまう
もっと力を抜いてさらりと歌いたいと反省してます



かくして、「大きな森の小さな音楽会」は無事終了

この形式にしてよかったなと思っていますが、皆さんはどのように感じられたか…

ご意見をお聞かせください Img_1395

Img_1313 Img_1374 Img_1319 Img_1373 Img_1378 Img_1333 Img_1323 Img_1354 Img_1363 Img_1375 Img_1301 Img_1274 Img_1271 Img_1396

| |

« 音に戯れる ~ 「ヘタ親」八ヶ岳合宿 1 | トップページ | 深夜のオフィスで 一人聴くトミ藤山さん »

へたくそ親父のギター弾き語り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大きな森の小さな音楽会 「へた親」 八ヶ岳 音楽合宿2:

« 音に戯れる ~ 「ヘタ親」八ヶ岳合宿 1 | トップページ | 深夜のオフィスで 一人聴くトミ藤山さん »