« いいじゃないの幸せならば… | トップページ | 今夜は…三貴ライブ »

2008.02.13

11年目の冬… オカリナコンサート「風のおくりもの」

「風のおくりもの」

今年で2回目のオカリナコンサート

出演は2グループ

  オカリナ・アンサンブル・かざぐるま

  そしてその師匠・山田恭弘と仲間たち


一年前のこのコンサートを最後に僕は「かざぐるま」から脱退しました
結成から10年目のことでした

自分のやりたい音楽に方向性を絞り込みたかったからです



11年目のかざぐるま
初めて観客の目線で、客観的に観ることができました

自分でも意外なほど純粋に、音に身をゆだねることができました
そして楽しませてもらいました

出演者サイドの視点で見ると、なかなかこうはいかない
ミスやアラが気になってしょうがないんですがね(笑)


逆にいうと
この一年でそれぞれの距離が離れてしまったってことだろうと思います

かざぐるまも僕も、それぞれの方向性を純化してきたってことです

それぞれに精進を重ねた一年だったってことなんでしょう


純化したかざぐるまの音に、僕の音が入るスペースは、もはやないな


そう実感できたことはよかったことかもしれません


一抹の寂しさとともに、かざぐるまにエールを送ろうと思います


そして、僕は自分のめざす音楽に邁進しよう
そう思った一日でした

|

« いいじゃないの幸せならば… | トップページ | 今夜は…三貴ライブ »

オカリナ・アンサンブル かざぐるま」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11年目の冬… オカリナコンサート「風のおくりもの」:

« いいじゃないの幸せならば… | トップページ | 今夜は…三貴ライブ »