« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007.09.30

ゲット!! Blueridgeギター

土曜の昼下がり

横浜のブルーリッジ・ジャパンまで車を走らせました
先日弾いたギターの音色を確かめるために

それほどあの音色はショッキングでした

腹にズシンとくる低音
まろやかな中音
やかましくない高音
そしてストレートにノビていく余韻

欲しかった音でした

笹部益生さんが何本かみつくろってくれました
交互に納得いくまで延々と弾かせてもらいました
僕が弾いた後笹部さんが同じ楽器を弾き、その音色を聴く側の立場から確かめる作業をくりかえします

驚いたことが二つあります

ひとつはどのギターも鳴ること
高いギターだけではなく、比較的安いものも鳴る
やたら鳴るexclamation ×2

もうひとつは
木の材質によって音質がガラリと変わることです
あそこまで音が変わるとは思いませんでした

どれも素晴らしい音色でした


試奏に試奏を重ねること四時間
最後に笹部さんは工房から1本のギターを出してきました

Gを一発ならした瞬間

これだexclamation ×2exclamation ×2

反射的に決めていました

コイツを買うexclamation ×2

一応比較のためそれまで気に入っていたヤツと比較してみました
そいつも相変わらず魅力的な音でした
でも迷いはありませんでした

笹部さんはそのギターを手にし、名残惜しそうに(?)弾いてくれました

古池さん
これはいいよ
僕はブルーグラスが好きだからこの音が好きだけど、
フォークの人は倍音の効いたゴージャスなのがいいかもしれないけど
古池さんはブルーグラス風のをやるからいいかもしれないですね

笹部益生御大のお墨付きまでいただいて、意気揚々と引き上げたのです

今日、ずっと弾き続けていました
手持ちのマーチンやタカミネ、エピフォンなんかと弾き比べながら

性格のにているマーチンと比べてもグッドでした
いや、遙かに凌駕しています

このマーチン
結構鳴ってるんですよ
それでもブルーリッジの方が格段に鳴っている

このブルーリッジ
御披露目は、今週末のLive In 清津峽になりそう

楽しみです

Blueridge JAPAN

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.23

今夜は! すみれコンサート

50日もの間、歌える状態ではありませんでした

ようやく喉も回復し、一昨日三貴ライブを再開しました

そして、今夜は

第3回 すみれコンサート

お近くの方はぜひ遊びに来てくださいね

場所  すみれ美容室 (蒲生駅東口 駅前通)

時間  午後6時半~8時半

出演  谷古宇ジョージ (ギターインスト)
     渡辺則子   (ハモンドオルガン)
     Martin古池  (ギター弾き語り)

 

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.19

今週からライブ活動を再開します

8月にひいた夏風邪をこじらせ、気管支と喉をすっかりやられていました

気管支がイガイガして、激しく咳き込む

咳き込んだ結果声帯を痛める

この悪循環に陥っていました

最後に歌ったのは8月はじめの森の音楽祭

以来1ヵ月半以上も歌えない日が続きました

まだまだ、本調子ではないのですが 

 低音にのびがない
 高音がかすれる
 ファルセットが出ない

こんな按配ですが、少しずつ歌いだしてもいいかなって気がしています

選曲や、歌い方に当然制限はあるけどね

ライブ再開、第一歩は

今週金曜夜の「三貴ライブ」

どこまでできて、どこからできないか

どこからやってはいけないか

それを見極められればいいかなと思います

同時に、制限のある中でどんなライブが展開できるのか

試してみたいと思います

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.09.09

日暮里散歩

日暮里散歩

久しぶりにカミさんと休みがぶつかった
どこか出かけようということになりケンケンガクガクの末、選んだのは日暮里

古い町並みと情緒探索の小さな旅とあいなった

下調べも何もなく日暮里の駅を降りたったのはいいが、右も左も分からない
エイままよ〓
と、歩き出すと待ってましたとばかりに現れたのが商店会のお兄ちゃん

日暮里お散歩地図を配っていた
お兄ちゃんのアドバイスにしたがって、谷中の墓地から歩きはじめた

それにしても墓地の中を散歩ってのも…Dscn3429
思わず口ずさんだのは

げっ げっ げげげのげ〓

とはいえ「有名人」の墓を横目に歩くのも不思議な気分

長谷川一夫
横山大観
徳川慶喜
    etc.etc.Dscn3435

時代を超えて「大物たち」の魂が谷中に集結する様を想像するのは楽しい

時間をたっぷりかけて谷中の墓地を抜け出した
ふりむくと、谷中墓地の向こうにビルが見えた
空に突き上げたビルはまるで歴史の上に築かれた現代の墓標のようだった

Dscn3440 さんさき坂〜夜店通りを歩き、小さな店をひやかした
カミさんは下駄風のサンダルがお気に召したようで買い求めた
僕は豆絞りを探したが気に入ったのがなかった

Dscn3444

谷中銀座をひやかし、腹が減ったのでうどん屋に飛び込んだ
これが大正解
讃岐風の手打ちうどんはコシが強く旨かった
Dscn3460 揚げたてのかき揚げもえらいボリューム

満腹になりこれ以上歩く気力もなくなり一路日暮里駅へ

三時間の小さな旅だった

続きを読む "日暮里散歩"

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.09.06

夏の終わり

台風が近づいている
八丈島あたりで足踏みをしているようだ

嵐を前にして季節は秋の匂いをふりまいている
この嵐が通り過ぎると一気に秋になるんだろう


この夏…
猛暑が喧伝された
連夜の熱帯夜
最高気温の40度超え

たしかに暑かった

でも…
僕に夏はなかった
夏の始まりとともにひいた風邪が思いのほか長引いている

断続的に続く激しい咳
だらだら続く微熱
喉を痛め声を出せない日々


あらゆる気力と体力は奪い去られ、ひたすら家でじっとしていた
まるでものかげに身をひそめ、回復を待つ手負いの獣のように

そして…
回復を待ち続けるうちに、季節は秋を迎えた

秋の朝の匂いをかぎ、
ぽっかりと心に穴があいた気分になっている


今年はぎらぎらの太陽のシャワーを浴びることができなかった
しょっぱい汗をなめながら歩き回ることもできなかった

蝉時雨の中に身をおくこともできなかった

つくつく法師やヒグラシを聞きながら行く夏を送ることができなかった

夏定番の歌たちを歌ってあげることもできなかった

一抹の寂しさと心残りを胸に、秋を迎えようとしている

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.05

9月のライブ・コンサート予定

9月21日(金)   三貴ライブ
            夜 9:00~11:30
            南越谷 ダイエーそば お好み焼き「三貴」

9月21日(土)    朝市コンサート
            朝 8:30~11:30
            越谷市場 2号棟入り口 景品引換所そば

9月22日(日)  第2回 すみれコンサート
            18:30~
            蒲生駅 東口 すみれ美容室
                          ⇒ 詳細はこちらへ

★喉の調子がなかなか良くなりません

9月8日(土) の朝市コンサートはお休みさせてください

あとは様子を見ながら再開していきたいと思っています

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »