« 今夜は! すみれコンサート | トップページ | 第4回 Live in 清津峡 »

2007.09.30

ゲット!! Blueridgeギター

土曜の昼下がり

横浜のブルーリッジ・ジャパンまで車を走らせました
先日弾いたギターの音色を確かめるために

それほどあの音色はショッキングでした

腹にズシンとくる低音
まろやかな中音
やかましくない高音
そしてストレートにノビていく余韻

欲しかった音でした

笹部益生さんが何本かみつくろってくれました
交互に納得いくまで延々と弾かせてもらいました
僕が弾いた後笹部さんが同じ楽器を弾き、その音色を聴く側の立場から確かめる作業をくりかえします

驚いたことが二つあります

ひとつはどのギターも鳴ること
高いギターだけではなく、比較的安いものも鳴る
やたら鳴るexclamation ×2

もうひとつは
木の材質によって音質がガラリと変わることです
あそこまで音が変わるとは思いませんでした

どれも素晴らしい音色でした


試奏に試奏を重ねること四時間
最後に笹部さんは工房から1本のギターを出してきました

Gを一発ならした瞬間

これだexclamation ×2exclamation ×2

反射的に決めていました

コイツを買うexclamation ×2

一応比較のためそれまで気に入っていたヤツと比較してみました
そいつも相変わらず魅力的な音でした
でも迷いはありませんでした

笹部さんはそのギターを手にし、名残惜しそうに(?)弾いてくれました

古池さん
これはいいよ
僕はブルーグラスが好きだからこの音が好きだけど、
フォークの人は倍音の効いたゴージャスなのがいいかもしれないけど
古池さんはブルーグラス風のをやるからいいかもしれないですね

笹部益生御大のお墨付きまでいただいて、意気揚々と引き上げたのです

今日、ずっと弾き続けていました
手持ちのマーチンやタカミネ、エピフォンなんかと弾き比べながら

性格のにているマーチンと比べてもグッドでした
いや、遙かに凌駕しています

このマーチン
結構鳴ってるんですよ
それでもブルーリッジの方が格段に鳴っている

このブルーリッジ
御披露目は、今週末のLive In 清津峽になりそう

楽しみです

Blueridge JAPAN

|

« 今夜は! すみれコンサート | トップページ | 第4回 Live in 清津峡 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゲット!! Blueridgeギター:

« 今夜は! すみれコンサート | トップページ | 第4回 Live in 清津峡 »