« アジサイは雨上がりが似合う | トップページ | トミ藤山ライブ in 2BEAT »

2007.06.11

Good-bye モスライブ

Dscn3197_edited モスライブの総決算として企画した

  Good-bye モスライブ

大盛況のうちに幕をおろすことができました

励ましてくださった、たくさんの友人、音楽仲間の皆さんありがとう
皆さんの励ましがなければ今日のライブは開くことができませんでした

集まってくださったお客様
ありがとうございます
まさかこんなにたくさんの方が集まってくださるとは・・・
思ってもいませんでした

モスバーガーのオーナーやオカアチャン
ありがとう
急なライブにさっそく駆けつけ、店の灯りをつけてくださって

おかげさまで

モスライブをやってきたことに

ひとつのケジメをつけ、意味を持たせることができました

皆さんに感謝!

///////////////////////////////////////////////////////////

Good-bye モスライブは偶然の産物でした

急な閉店は晴天のヘキレキでした
6月のライブ告知をした直後のできごと
自分の中でも気持ちが整理できず
ずーっともやもやしていたんです

  このまま終われないな
  なんかの形でケジメをつけなきゃ
  モスの前で路上ライブをやってみようか……

そんな思いを、ミクシー日記にチョロッと書いたところ、各方面の音楽仲間から反響が多数!

まるで、さよならライブをやることが既定方針のようになってきて…

こうなるともう後には引けなくなり

  よし!
  やろう!!

ということにあいなったわけです

土砂降りの雨も上がり、モスバーガーに向かって歩きながらモスオーナーのカアチャンに電話をしました

  これから、Good-byeモスライブをやることにしたよ
  シャッターの前で
  結構人も集まってくれるみたい
  
  
  えー!
  ホントに?????
  灯り必要でしょ
  シャッター開けるよ
  すぐ向かうからね
  
  
  そうしてもらえるとありがたいな
  電気が使えると、谷古宇丈治もアンプが使えるから演奏できるし!

  
こんなやりとりがあり、モスバーガーに最後の灯りをともしてライブ開始

お客さんも、三々五々集まってくれました
ステージはモスの窓の外
客席は駐車場

夕闇に向かってオープニングは「明日になればね」

  この世は広いよ、この世は愉快だよ
  チャンスなんていつでもあるさ
  明日になればね

こんな内容のブルーグラス風ナンバー

続いて「青春の歌」

  さよなら僕の懐かしい人 僕を育ててくれた人
  今は僕も大人になって古い上着を捨てる
  巡る季節 流れる時 人生のそれぞれに
  終わりがあり 始めがあり
  そして 別れがある

しっとりとしたカントリー風の歌です

こんなあんばいで1部を終え、ギターインストの谷古宇丈治にバトンタッチ

今日の丈治はいつもとは違ったオーラのようなものを発しています
テクニック以上の何かをかもし出している彼の演奏を初めて聴きました

初めての屋外ライブ
今日が最後のモスライブ

いつも以上に彼の身体の中でアドレナリンが沸騰しているんでしょうね

お客さんも彼の超絶ギターテクニックにうっとりと聞きほれています

あっという間の30分が過ぎ、ふたたび僕の登場

第2部のオープニングは星空も見えてきたので「彗星」を急きょ選びました

 雨上がりに水たまりから見上げる星空
 小さな星の広場にいつかまたみんな戻ってくるだろう
 精一杯の歌を歌おう、今夜君の窓辺で

こんな内容の高橋ゲタ夫さんのラテン風ナンバー

Good-byeモスライブにあのシチュエーションにぴったりと思えたんですが、久しぶりに歌ったものだからちっともラテンにならなかった…

あとはお客さんからのリクエストも入ったりしながら
いつもの行き当たりばったりのステージを延々と繰りひろげました

谷古宇丈治の2度目のステージの後、
三度登場してライブのまとめにかかりました

最後は短く3曲

「時代」
「千の風になって」

この2曲はお客さんと一緒に歌った

そして最後に今回のテーマ

「今日までそして明日から」

モスバーガー27年間の来し方
積み重ねてきたモスライブの歩み

これらが念頭にありました

Good-byeモスライブをひとつのけじめとして、明日からもまた歩いていきたい

そんな意思表明でもありました

  私は今日まで生きてみました
  私は今日まで生きてみました
  そして今 私は思っています
  明日からもこうして生きていくだろうと

このリフレーンを何度も何度もくり返しフィナーレへ

アンコールも兼ねたフィナーレの歌は

  「大空と大地の中で」

あらん限りの思いを込め
あらん限りの声を出し
夜空に向かって歌い上げました

久しぶりにすべてを出しつくした
Good-byeモスライブでした

|

« アジサイは雨上がりが似合う | トップページ | トミ藤山ライブ in 2BEAT »

『街角ライヴ』」カテゴリの記事

モスライブ」カテゴリの記事

コメント

拝啓、初めておたより致します。
じつは先日
グッバイモスライブを聞かせて頂いた
男の子2人のママです。則子ままです。
モスライブファンでした。

モスさんからすぐ近くの
すみれ美容室というところにおりまーす。

夕べのモスライブの話を母にしました・・・・

『蒲生から小池さんの歌声がきけなくなるの・・・
 さびしいなあって言ったのです』
 
 そんなこんな事を話しましたら・・・・
 
 ライブの時なら・・・ 
 
場所貸してもいいよって・・・言われました。
 
 飲食店でなくても良かったら・・・
 場所おかしします。
 
 大石みえこさんがよく知ってマース。  
           のりこ

投稿: のん | 2007.06.11 11:51

のりこママさん

ありがとうございます
願ってもいない申し出で、感謝の念に耐えません

近々うかがって具体的な話をさせていただきたいと思います

よろしくお願いいたします

投稿: Martin古池 | 2007.06.12 18:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Good-bye モスライブ:

« アジサイは雨上がりが似合う | トップページ | トミ藤山ライブ in 2BEAT »