« 籠原くるまやラーメン | トップページ | のんびり、日がな丹沢大倉で »

2007.04.21

【三貴ライブ】 ひたすらBGM の巻

【モスライブ】ひたすらBGM<br />
 の巻
超満員でした!
それも若い女の子が圧倒的多数!!

え?なに?
鼻の下のばしてんじゃネェヨ!だって?

ところがどっこい
こういうパターンが一番難しいんですよ

ライブがお客とのキャッチボールだとすると、まず十中八九はキャッチボールができない
つまりはライブは成立しないんです

こういう時最初の歌をやる前はプレッシャーはハンパじゃないのです
キンチョウしまくりってもんです

若い娘っこのハートをわしづかみにできる歌があればいいのですがね
残念ながらむさ苦しい親父に、そんな気のきいた芸当ができるはずもなく…

案の定オープニングの「春夏秋冬」は女子軍団の嬌声の中に吸い込まれていったのでありました

この段階で割り切りましたよ
今日はBGMに徹すると

なに?
あきらめが早すぎるって?

なにごともあきらめがカンジン!
見極めはすばやく!

バックグランドミュージックにはまた違った魅力と難しさがあるのです

一曲一曲をひたすらていねいに歌うことが大切なのです
よぶんな感情移入は避けて、淡々とていねいにネ

そうすると面白いもんで、ちっちゃな反応が返ってくるんです
でもBGMの日はそこで深追いしちゃイカンのです
深追いすると嬌声の渦に飲み込まれてしまう

ひとたびこいつに飲み込まれると立ち直るのは容易じゃないんでありまして…

もう、今回はむちゃくちゃ疲れました

ていねいに歌うってのは気力体力ともに大いに消費するものです
小さな反応を深追いしたくなる欲望を抑えるのもけっこう大変…

でも…
自分をうまくコントロールできたようには思います

満足感はかなり残ったモスライブでした

|

« 籠原くるまやラーメン | トップページ | のんびり、日がな丹沢大倉で »

『街角ライヴ』」カテゴリの記事

三貴ライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【三貴ライブ】 ひたすらBGM の巻:

« 籠原くるまやラーメン | トップページ | のんびり、日がな丹沢大倉で »