« ババ猫ミーちゃん 瀕死からの生還 | トップページ | こじんまりと歌いたい »

2007.02.20

疲れたなぁ… コンサート「風のおくりもの」を終えて

オカリナコンサート「風のおくりもの」を終えてもう3日になるってのに

いまだに脱力感、倦怠感…

回復までしばらくかかりそう

こんなことって初めてです

コンサートは300人以上もの方が来てくださり、無事終えることができました。

オカリナ・アンサンブル かざぐるまにとっては活動歴10年目の節目のコンサートでもありました

僕自身内心期するものがあり、かなり集中して準備をすすめてきました

10年の集大成のつもりでした

コンサートの成否はお客さんが決めるもんですが、

演奏する側からの視点からは、

かざぐるまの今の実力は充分発揮できただろうと思っています

オカリナ部隊も師匠・山田恭弘先生とのジョイント・コンサートということもあり気合が入っていました

リズム隊(ギター・パーカッション・ベース)もオカリナの音をうまくサポートすることに気を配った演奏でした

その意味で、やれることはやったという満足感は残りました

それが10年間の積み重ねの集大成ということだと思います

そして、同時に思い知らされもしました
プロとアマチュアの決定的な差を!

後半登場した山田恭弘グループは全員がプロ集団です

修練を積んだ彼らの演奏は何から何までかざぐるまとは違っていました

オカリナの音色はもちろん、
オカリナどうしのアンサンブル
リズム隊(ピアノ・パーカッション)とのアンサンブル
マイクワーク

何もかも、質がまるで違っていました

なによりも演奏全体から発せられるオーラがまるで違う

確かな技術に立脚してるからこそ、
エモーショナルなものを感じさせてもらえるんでしょうね

プロなんだから当然のことといえばそれまでですがね

すっかり魅せられ…
そして打ちのめされました

かくして、オカリナ・アンサンブル かざぐるまでの10年の集大成は
大きな満足と、それよりさらに大きな課題を残して幕を閉じました

ああ…
疲れた…

|

« ババ猫ミーちゃん 瀕死からの生還 | トップページ | こじんまりと歌いたい »

オカリナ・アンサンブル かざぐるま」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 疲れたなぁ… コンサート「風のおくりもの」を終えて:

« ババ猫ミーちゃん 瀕死からの生還 | トップページ | こじんまりと歌いたい »