« 【通勤電車で音楽鑑賞】 レスター・ヤング | トップページ | 2007年1月のライブ・コンサート予定 »

2007.01.12

【通勤電車で音楽鑑賞】 エリック・クラプトン 「アンプラグド」

初めて聴いたのは自転車・チームJB'zの合宿で軽井沢に向かう車中でした315
運転していたShimizu君が持ち込んだCD

面白いCDをゲットしたんだけど
なにも言わず、まず聴いてみてよ

ミシシッピ―・ジョン・ハートやロバート・ジョンソン好きの僕に聴かせたかったんでしょう

軽い感じのブルースって印象でした
心地よく聴き流してたんです

ところが「レイラ」を聴いて…
やっと気がついた

え!?
クラプトン?
こんな演奏するの?

ちょっとした驚きでした

さっそくCDを買って以来、耳にタコができるほど聴きました
ビデオも買っちゃいました
自分にも弾けそうな気がしてね
(これがなかなかの難物なんだけどね)

少々飽きがきて、ここ数年聴いてなかったんだけど、
今朝久しぶりに引っ張り出しました

あいかわらずいい気持ちにさせてもらいました

1992年のスタジオライブ
あまりにも有名なアルバム
いまさら付け加えることなんかないけど…
ロック・ギタリストのクラプトンが自分の現風景に立ち返り
ブルースを、それもアコギで、フィンガーピッキングでやった
その点で意味ある1枚なんだろうなと思います

個人的にはクリーム時代のクラプトンが一番好きです
ほとばしる才気をまわりに触発されながら爆発させたプレーは
やっぱりスゴイ!!

でもアンプラグドのゆったりしたアコースティックライブも
ほっとできて好きです

| |

« 【通勤電車で音楽鑑賞】 レスター・ヤング | トップページ | 2007年1月のライブ・コンサート予定 »

僕を通り過ぎた歌たち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【通勤電車で音楽鑑賞】 エリック・クラプトン 「アンプラグド」:

« 【通勤電車で音楽鑑賞】 レスター・ヤング | トップページ | 2007年1月のライブ・コンサート予定 »