« 【通勤音楽鑑賞】 ナット・キング・コール | トップページ | 【通勤音楽鑑賞】 レイ・チャールズ »

2007.01.17

【通勤音楽鑑賞】 「スターダスト」 ライオネル・ハンプトン

320338864_44s 今朝の通勤音楽鑑賞はライオネル・ハンプトンの「スターダスト」
何度も、何度もリピートして聴いていました

ボーカルものではナット・キング・コールの歌う「スターダスト」が最高峰と言われています

でも、インストものではライオネル・ハンプトン・オールスターズの名演を超えるものはないんじゃないかな

とにかく艶っぽい!

トランペット、アルトサックス、テナーサックスの情緒たっぷりのアンサンブルとそれぞれのソロが全体のムードを決め、それにピアノ、ベースのアルコソロ、ギターがからむ。
そして、ハンプトンのバイブラホンのソロ
ソロの終わりに、ふたたびアンサンブルが忍び込んできて…
エンディングになだれ込んでいく


とにかく、みごと!
色っぽい!

これは何万言ついやしても語りつくせないですね

   ライオネル・ハンプトン(vib)
   チャーリー・シェイヴァース(tp)
   ウィリー・スミス(as)
   コーキー・コーコラン(ts)
   バーニー・ケッセル(g)
   トミー・トッド(p)
   スラム・スチュアート(b)
   リー・ヤング、ジャッキー・ミルズ(ds)

   ★1947年8月4日パサディナ、シヴィック・オーディトリアムで実況録音


ちなみに、ライオネル・ハンプトンのスターダストはほかにも録音がありますが、このときの演奏にはかなわない
秀逸の名演です

         (mixi に投稿した記事の再録)

| |

« 【通勤音楽鑑賞】 ナット・キング・コール | トップページ | 【通勤音楽鑑賞】 レイ・チャールズ »

僕を通り過ぎた歌たち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【通勤音楽鑑賞】 「スターダスト」 ライオネル・ハンプトン:

« 【通勤音楽鑑賞】 ナット・キング・コール | トップページ | 【通勤音楽鑑賞】 レイ・チャールズ »